”秋カラー”のおしゃれな着こなし。

夏も終わりを迎え、本格的にクローゼットの中身も入れ替わるこの時期。そんな季節の移ろいを、感度の高いあの人たちは色彩の変化とともに楽しんでいる。今秋らしさを象徴する3つのキーカラーとともに、その最旬スタイルをお届け。
  • 加藤悠太さん (25歳)

    【ブラウン】 芸人・カフェスタッフ
    加藤悠太さん (25歳)

    ワントーンで統一感を出して、カラーリングで秋を表現
    まだ暑さが残る時期にも色使いで秋感を演出。トレンドのテラコッタカラーを取り入れて感度の高い着こなしに。
    シャツ/アンルート、パンツ/ディストリクト、スニーカー/アディダス、キャップ/シュプリーム、サングラス/モスコット
  • 高村 潤さん (28歳)

    【ボルドー】シップス ジェットブルー プレス
    高村 潤さん (28歳)

    やさしげなトーンにしっかり漂うトレンド感
    アースカラーのチャイナジャケットにはネップ感のあるボルドーのパンツを合わせて、ルーズに見せずにリラックス感を強調。インナーは白Tのタックインでメリハリを。
    ジャケット/ブルー ドゥ パナム、Tシャツ/ソフィー、パンツ/ピガール、シューズ/ワナ マリア フィオーリ
  • 五戸雄祐さん (23歳)

    【ブラウン】アパレル
    五戸雄祐さん (23歳)

    ゆるいシルエット感を小物使いでメリハリ付け
    ブラックとブラウンで秋冬カラーを先取り。ただし、全体のスタイリングが野暮ったくならないように小物やアクセを投入した。
    Tシャツ、ボトムス/ともにスティーブンアラン、シューズ/ナイキ、キャップ/ラカル、バッグ/フィルザビル、時計/タイメックス、サングラス/金子眼鏡店
  • 庄司智朗さん (35歳)

    【カーキ】マーカウェア/マーカ プレス
    庄司智朗さん (35歳)

    ストリートとモードの両極の折衷がハイセンス
    ミリタリーライクなカーキのパンツは、端正なワイドシルエットが今季流。グランジロックを彷彿とさせるペーパーブルゾンを軽やかにはおって、品良くカジュアルダウン。
    ブルゾン、パンツ/ともにマーカ、Tシャツ/ユーティリティガーメンツ
  • 林田 潤 さん (34歳)

    【ブラウン】アバハウスインターナショナル PRマネージャー
    林田 潤 さん (34歳)

    全体のボリューム感が計算されたグッドバランス
    旬なワイドパンツをはじめ、シルエットに遊びの効いたアイテムでまとめつつ、茶系の色合わせで自然体の着こなしに。テラコッタカラーのカーディガンも上品さを強めている。
    カーディガン、Tシャツ、パンツ、シューズ/すべてアバハウス、時計/ティッドウォッチズ、ブレスレット/エルメス
  • 大桃祥弘 さん (29歳)

    【ボルドー】ユナイト ナイン プレス
    大桃祥弘 さん (29歳)

    全体の色数を抑えた大人のリラックススタイル
    機能的なマウンパは、今年スタートした〈ニューバランス〉のクロージングラインから。ストリートライクなアイテムで大人な色を楽しみつつ、他はグレーでまとめてスッキリと。
    ジャケット、スニーカー/ともにニューバランス、Tシャツ、パンツ/サンディニスタ、ハット/ニューエラ
  • 手嶋祐生 さん (26歳)

    【カーキ】ミスターオリーブ プレス
    手嶋祐生 さん (26歳)

    センスにアイデアにひと手間トレンドがさらに板につく
    MA-1とデニムというアメカジの王道的スタイルを、ワッフル素材やスリムなシルエットでモダナイズ。今っぽいデニムのダメージと裾の切りっ放しは、自らカスタムしたもの。
    ジャケット、Tシャツ、パンツ/すべてミスターオリーブ、キャップ/ラカル×ミスターオリーブ、シューズ/ヴィンテージ
  • 白井教政 さん (32歳)

    【ブラウン】フリーランスPR プランナー
    白井教政 さん (32歳)

    足元は小ぎれいにまとめて男らしさと清潔感をプラス
    落ち着いた色みのシャツを軸にした、季節の変わり目に合わせた装い。茶系のトップスと好相性のボトムスは、〈レッドキャップ〉のシェフパンツを現代的な形でカスタマイズした一本。
    シャツ/ナイトクラブ、Tシャツ/ゼロスリーバイニットゼロスリー、パンツ、バングル、リング/すべてメタファー、シューズ/キッズラブゲイト
  • 平山洋次 さん (38歳)

    【ボルドー】HEMT PR ディレクター
    平山洋次 さん (38歳)

    普遍的なスタイルも色合わせでここまで洒脱に
    裾の切りっ放し処理が旬なGジャンは清潔感のあるワンウオッシュ。ボルドーはそんなトーンに自然にマッチして、落ち着いた印象を強めるグッドカラー。他は極力、シンプルに。
    ブルゾン/ブフト、Tシャツ/ハバノス、パンツ/バーンストーマー、シューズ/リーガルユナイト ナイン
  • 桑野宏一郎 さん (32歳)

    【カーキ】ディーゼル プレス
    桑野宏一郎 さん (32歳)

    配色でラフさを払拭した大人顔のミリタリー
    ヴィンテージのベトジャンを思わせるタイガーカモのジャケットは、モノトーンのアイテムを合わせてシャープさもキープ。その分映える柄や刺しゅうが抜群にクールだ。
    ジャケット、パンツ/ともにディーゼル、Tシャツ、キャップ/ともにノーブランド
  • 日高正幸 さん (37歳)

    【BROWN】ビームス プレス
    日高正幸 さん (37歳)

    ライトウェイトのコートは大きめサイズをざっくりと
    武骨なイメージの強いモッズコートも、別注カラーのコヨーテブラウンならばより上品で落ち着いた印象に。今年らしい大きめのシルエットも力の抜けた表情がデニム&スニーカーのデイリーな着こなしによく似合う。ラフにはおった気負いのなさも都会的だ。
    コート/テアトラ×ビームス、カットソー/コモリ、パンツ/古着、スニーカー/コンバース
  • 児玉孝志 さん (31歳)

    【ボルドー】ビューティ&ユース ユナイテッドアローズPR
    児玉孝志 さん (31歳)

    男のスタンダードを色、柄、素材で新鮮に
    名作ライダース、ワンスターはボルドーのスウェードを使った別注モデルを選び、定番のスタイルをモダンに昇華。インナーに効かせたボーダー柄で、クリーンさを強めているのも◎。
    ジャケット/ショット×ビューティ& ユース、Tシャツ、パンツ、スニーカー/すべてビューティ&ユース
  • 鰐渕 航 さん (29歳)

    【カーキ】ジャーナル スタンダード プレス
    鰐渕 航 さん (29歳)

    2トーンコーデはアイテム選びでひとヒネリ
    ブラック基調のアイテムでトラウザーズの色みを引き立てつつ、ファーをあしらったサンダルやミニマルなスカジャンなど、遊び心も十分。カジュアルでもあくまでスマートだ。
    ジャケット/シュタンバウム、カットソー/J.S.ホームステッド、パンツ/オーガスト フィフティーンス、サンダル/スイコック、ニットキャップ/ロバート マッキー
  • 板花洋平 さん (35歳)

    【ブラウン】聖林公司プレス
    板花洋平 さん (35歳)

    1点モノの存在感を引き立てるブラウンカラーのデニムが洒脱
    インパクト抜群のシャツは古着をベースに、一点ずつ手作業でブリーチが施されている。珍しいブラウンデニムのこなれ感で、主張の強いアイテムをさらりと着こなした好例だ。
    シャツ/スタッシュ、Tシャツ/ヘルスニット・ブルーブルー、パンツ/ハリウッド ランチ マーケット、スニーカー/ブルーブルー、キャップ/サンフランシスコ×キジマタカユキ
  • 桝谷洋平 さん (32歳)

    【ブラウン】レイズストア ショップマネージャー
    桝谷洋平 さん (32歳)

    旬なガウンは長めの丈で 大人っぽいスタイルに
    リネンコットン仕立ての軽やかなガウン以外はブラック基調でまとめたことで、シックさを強調。それでもキマって見え過ぎないのは、ストリート感のあるアイテム選びだからこそ。
    ガウン/マービー ジャモーク、Tシャツ/タコマフジレコード、パンツ/ブフト、スニーカー/コンバース、キャップ/ラカル、時計/ハミルトン
« 一覧