2018.04.10 Tue UPDATE FASHION

「街で着るアウトドア」をお洒落に見せる、たった1つのコツ。

この春も、街で着るアウトドアの人気はますます高まりそう。だからこそ、スタイリッシュかつ大人っぽく着こなして周囲とは差をつけたいものだ。そのための着こなしポイントをここで紹介しよう。
 

POINT!
モノトーン&ネイビートーンでコーディネイトする

アウトドアを街仕様で着こなす重要かつ簡単なテクニックは色使い。白・黒・グレーで構築したモノトーンと、ネイビー/ブルー系を基調して着こなせばクールに決まる。

 

ブラックを軸にして引き締めた好例

アウトドアやトラベルの要素も感じさせるコーチジャケットにクライミングパンツを合わせた着こなし。アウトドアをベースにしている〈ホワイトマウンテニアリング〉のTシャツものぞかせているが、黒が軸なのでクールだ。

ジャケット4万4000円/エフ シーイー(ルート)、Tシャツ8000円、ソックス2500円/ともにホワイトマウンテニアリング、チャッカブーツ4万9000円/ホワイトマウンテニアリング×ダナー(すべてホワイトマウンテニアリング)、クライミングパンツ1万800円/グラミチ(インス)

 

クール最上級のオールブラックスタイル

アウトドアフィールドで役立つアイテムを展開する〈アンドワンダー〉の「ライトレインジャケット」がメイン。ウエア類はブラックに統一することでクールに演出し、タウンユースの着こなしに導いている。キャップの白や靴ヒモの赤がさり気ないアクセントになっている。

レインジャケット3万7000円/アンドワンダー(同)、スウェットシャツ1万7000円/MHL(アングローバル)、パンツ1万2000円/ムッシュニコル(ニコル(プレスルーム))、スニーカー1万2000円/リーボック クラシック×ハブ ア グッド タイム(リーボック アディダスグループ お客様窓口)、キャップ6800円/マイティーシャイン×ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)

 

爽やかさが欲しい時はネイビー×ホワイト

サイトス素材を用いたマウンテンパーカは防水透湿性を確保。4つのフラップポケットがデザイン的にもアクセントになっている。そんなアウターのブルーにインナーでホワイトを挿せば爽快な印象が醸出。グレーの下半身で落ち着かせたのもポイントだ。

マウンテンパーカ6万9000円/ホワイトマウンテニアリング(同)、カットソー1万2000円/サヴィー(スリー)、ジョガーパンツ2万3000円/バーニーズニューヨーク(同・カスタマーセンター)、スニーカー2万4000円/ニューバランス(同・ジャパンお客様相談室)

 

配色のシンクロで新鮮なイメージに

アシンメトリーなデザインが目を引く「アスガード ジャケット」は、3層のゴアテックスを起用した高機能モデル。マウンテニアリングからスノーボードまで幅広く対応する。そのグレー×ブラックで他のアイテムも揃えて新鮮なスポーツ感を創出した。

ジャケット7万6000円/ティラック(バーリオ)、ニット1万2500円/アバハウス(同・原宿)、サイドラインパンツ1万2000円/スリック(ブライト)、スニーカー1万3000円/プーマ(同・お客様サービス)

 

« 一覧