2018.06.21 Thu UPDATE FASHION

6月=シャツ、7月=Tシャツが正解!おしゃれ業界人の私物に習う着分け術

1年間の中で、最も気温設定に悩むのが6月〜7月の2ヶ月間。ここでは諸君のそんな悩みの解答例として、おしゃれ業界人が6月=シャツ、7月=Tシャツを主役とした着こなしに挑戦!

 

ユナイト ナイン

プレス/大桃祥弘さん

 

6月の私物シャツ


「上下ミリタリーベースのアイテムですが、リネンライクな素材感なので古着っぽくならないよう、クリーンさを押し出してみました」シャツ1万9000円、パンツ2万3000円/ともにニューズレス、Tシャツ6400円/キャル オー ライン(すべてユナイト ナイン)

 

 

7月の私物Tシャツ


「Tシャツ+デニムのシンプルコーデですが、Tシャツの切り替えや、裾に向けて巻き込むようなカットのペインターパンツなど、アイテムの特徴を活かすよう心掛けました!」Tシャツ8500円/レミ レリーフ、パンツ1万6000円/キャル オー ライン(ともにユナイト ナイン)

 

« 一覧