2018.08.19 Sun UPDATE FASHION

オールシーズン履いていて「気持ちのいい」超軽量スニーカーに注目

新作・復刻・コラボなどのリリースラッシュにより、選択肢にあふれる現在のスニーカーシーン。中でもこの時期に注目したいのは、履き心地や歩き心地に優れた「気持ちのいい」一足。12のキーワードとともに、チェックすべきサンダルとスニーカーを選び抜いた。今回はオールシーズン、便利で機能的な履き心地になる「超軽量」スニーカーに注目!!

2018夏のサンダルを最新キーワードで知ろう!! クッション性に優れた 「ボリュームソール」サンダルに注目

この夏のキーワードで知る「気持ちのいい」靴を紹介! 素足で履けるニットスニーカー

 

ノンストレスな「超軽量」スニーカー

重量と疲労度は密接な関係があり、要は軽ければ疲れづらいという話。そこで片足250g以下のモデルをピック!

コール ハーン

[写真右]“グランドOS”テクノロジーにより軽量かつ優れたクッション性、屈曲性を実現。そのミニマルなルックスに相応しく片足221gの驚くべきライトウエイトモデルだ。2万6000円/コール ハーン(同・ジャパン)

コンバース

[写真中]永遠の定番機「オールスター OX」の見た目はそのままに、インジェクションE.V.A.のミッドソール&アウトソールにより同ブランド史上最軽量を達成。6500円/コンバース(同・インフォメーションセンター)

ウォルシュ

[写真左]1983年に開催されたロンドンマラソンで、上位入賞者の足元を支えた超軽量ランニングモデル「トルネード」が復刻。最新モデルに負けない軽量性を誇る一足だ。1万8000円/ウォルシュ(カメイ・プロアクト)

●重量はすべて片足の計測値です(編集部調べ)

« 一覧