2018.08.29 Wed UPDATE FASHION

優れた機能性とトレンド感を両立するアクション系ブランドのショーツ4選

2018年注目のアクション系ブランドのショーツをピックアップ

暑くなったら頼るべきはショーツ。とくに今季は、アクションスポーツ系ブランドのショーツでスポーティな要素を加味するのがイチ押しだ。優れた機能性に加え、着こなしのアクセントになるデザインも魅力!

暑いときに頼るべきはショーツ!! とくに今季はアクション系ブランドのショーツが◎

 

BANKS JOURNAL/バンクス ジャーナル

日本、オーストラリア、アメリカの共同プロジェクトとして誕生。職人技と創造性を融合して展開している。代表作はボードショーツで、多彩なポケットを備えるワーク調のショーツも水陸両用だ。

ショートパンツ9000円/バンクス ジャーナル(ポートオブコール 表参道)、ニットTシャツ1万円/クレプスキュール(オーバーリバー)、腕時計37万5000円/ユンハンス(ユーロパッション)、サングラス3万円/グローブスペックス(同・エージェント)、サンダル3万4000円/パラブーツ(同・青山店)

 

VANS/ヴァンズ

スケート系のメジャーブランド。これはハイブリッドパンツで、街からビーチまで対応。ロゴは左裾だけでなく、背面の右縁にもタテ方向でプリントされている。8500円(カリフォルニア デプト原宿店)

 

 

COBRA CAPS/コブラ キャップス

1985年に創業した歴史あるスポーツウエアブランド。この水陸両用ショーツは定番のひとつで、軽量で通気性にも優れるマイクロファイバーナイロンを使用している。3800円(ユーソニアン グッズ ストア)

 

adidas Originals/アディダス オリジナルス

言わずと知ればスポーツ系のトップブランド。鮮やかなブルーのショーツは、両サイドのスリーストライプスと左もものトレフォイルがアイデンティティを主張! 6490円(アディダスグループ お客様窓口)

« 一覧