2018.10.27 Sat UPDATE FASHION

エコ、初モデル、ハンドメイド… 他にはない要素を盛り込んだ「NEWSなスニーカー」

他にはない要素を盛り込んだ「NEWSなスニーカー」

日本初上陸のブランドから、名作スケシューの個性あふれるリメイクモデルに定番モデルの新型など、最旬のスニーカートピックをお届け。

業界の話題をさらった「NEWSなスニーカー」3選

 

海のゴミや廃材を再利用した
エコ型ブーストスリッポン

海や海岸で回収されたプラスチック廃棄物をアップサイクルして生まれた、パーレイオーシャンプラスチック素材を部分的に使用。自然環境へと配慮しつつも、スリッポンだからこそのリラックスした履き心地が楽しめる。2万2000円/アディダス(同・グループお客様相談窓口)

あのヴェイパーマックスに
初のブーツ型が登場

全面エアユニットソールで話題となった革新的モデル「エア ヴェイパーマックス」が、今秋さらに進化。フィッティングを調節するマグネット式ストラップとのコンビが与えるインパクトは絶大だ。2万3000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキ カスタマーサービス)

 

意外性にあふれる素材を用いた
〈スピングルムーブ〉の最新作

広島発のハンドメイドスニーカーを展開する同ブランドの新作は、布地に糸で模様を刺しゅうすることで耐久性を高めた日本古来の素材“刺し子”をフィーチャー。その質感はどこか懐かしく味わい深い。各1万3000円/スピングルムーブ(スピングル カンパニー)

« 一覧