2018.10.30 Tue UPDATE FASHION

「ジーンズ×スニーカー」今年の模範解答は?

いつものデニムをスニーカーで旬な表情に

普段のワードローブに欠かせないデニムの印象を変えるには、スニーカー選びが肝要だ。今日は定番と呼べる4タイプのジーンズと、スニーカーとの相性をチェックしていこう。

 

ボトムスを格上げするスニーカーの「定番→流行」チェンジ術

履き心地が違う…! “高機能”素材スニーカーはコレが買い!

 

●ユーズド加工入りジーンズ×ネイビースニーカー

<着用スニーカー>

色褪せて味のあるジーンズと親和性が高いのは、都会的な風貌のネイビースニーカー。褪色デニム特有のワイルドさを和らげてくれるのがその理由だ。トップスの色を足元で拾って統一感を高めるテクニックも有効。

スニーカー3万9000円/ボイル ブランシェ(WAKO&CO)、ジーンズ3万5000円/ディーゼル(同・ジャパン)、Tシャツ3900円/オーシャン パシフィック(ハンドイントゥリー ショールーム)、サングラス3万9000円/グローブスペックス(同・エージェント)

 

●カットオフジーンズ×スリッポンスニーカー

<着用スニーカー>

気負わないカットオフタイプのジーンズには、ゆるいムードをアシストするスリッポンを合わせたい。明るいカラーリング同士なら、夏らしさも十分。トップスはアメカジ顔なチェックシャツが相性抜群だ。

スリッポン7900円/ムーンスター(同・カスタマーセンター)、カットオフジーンズ2万4000円/アッパーハイツ(ゲストリスト)、チェックシャツ2万4000円/サイ ベーシックス(マスターピースショールーム)

 

●ブラックジーンズ×モノトーンスニーカー

<着用スニーカー>

ブラックデニム特有のクールさを引き立てるのであれば、スニーカーはモノトーン一択。スタイリングのまとまり感もグッと高まり一石二鳥だ。Tシャツも同じく黒に徹すれば、洗練されたスタイルが完成する。

スニーカー7500円/ヴァンズ(ジャーナル スタンダード レリューム 表参道店)、ジーンズ2万8000円/ネイバーフッド(同・原宿)、Tシャツ7000円/ジャクソンマティス(ハンドイントゥリー ショールーム)

 

デニムスラックス×スウェードスニーカー

<着用スニーカー>

品行方正さを備えるスラックス型をはくなら、やはり足元にも適度な上質さを求めたい。そこで採用したいのが素材感の良いスウェードスニーカー。カジュアル感とシックさが折り重なった洒脱な装いに仕上がる。

スニーカー3万2500円/エイティーズ(エドストローム オフィス)、デニムスラックス2万5000円/ジャブス アルキビオ(ビームス
ハウス 丸の内)、Tシャツ6000円/サタデーズ ニューヨークシティ(同)、手に持ったパーカ2万7000円/ロンハーマン(同)

 

 

Photo:TAKUJI ONDA

Styling:MITSUHIKO HOSHI

Hair&Make:MASAYUKI[The VOICE]

Model:RICARDO,YUUKI BYRNES

Text:SATOSHI YAMASAKI[04]

« 一覧