2019.06.07 Fri UPDATE FASHION

職人の丁寧な手仕事が生み出したアンティークな風合いの<土屋鞄>の新作に注目

1965年創業、上質な革で仕立てる日本製の鞄を提案する<土屋鞄>の定番。シンプルで使いやすい「トーンオイルヌメ」シリーズより、4つの新作発売

ショルダーバッグやポーチなど全4型 2019年6月7日(金)発売

1965年創業、職人の丁寧な手仕事によるランドセルや革鞄を手掛ける<土屋鞄製造所>は、柔らかい革とアンティークな風合いが特長の「トーンオイルヌメ」シリーズより、全4型の新製品を2019年6月7日(金)から土屋鞄製造所の直営店舗とオンラインストアにて販売。

しっとりとした革の質感と、シンプルなデザインが人気の「トーンオイルヌメ」シリーズは、“土屋鞄の定番”とも言えるロングセラー。2019年春夏の新作として、「ミディアムショルダー」「2wayトート」「ハンディポーチ」「クッションラインペンケース」が登場。

 https :://www tsuchiya kaban jp/contents/detail php?product_id= 4174

「トーンオイルヌメ」シリーズについて

植物の渋だけで鞣(なめ)したナチュラルで丈夫な革に、オイルをたっぷり染み込ませた「オイルヌメ革」を贅沢に使ったシリーズ。使い始めからしっとり柔らかく、吸い付くような手触りと芳醇な革の香りが魅力。内装には、豚革を起毛させた、優しい手触りのピッグスウェードを採用している。使い込むにつれて柔らかさを増し、色艶を深めた風合いに。自分だけの革になっていく変化を楽しめる。

 

トーンオイルヌメ ミディアムショルダー
~ 定番モデルが小型化!気軽に革を楽しむ ~

15年以上ベストセラーを続ける土屋鞄の代表作「トーンオイルヌメ ショルダー」が、ひと回り小さくなり、新たに「トーンオイルヌメ ミディアムショルダー」として誕生。
贅沢な革使いはそのまま。小ぶりになったことで、より軽快にお使いいただけるショルダーバッグに仕上がっている。用途で使い分けたり、ご夫婦でおそろいにしたり、楽しみ方も広がりがある。

左:トーンオイルヌメ ショルダー (定番製品) 右:トーンオイルヌメ ミディアムショルダー (新作)

贅沢な革使いと飽きのこないシンプルな形。お財布やスマートフォンのほか、水筒や手帳、文庫本など、おでかけに必要なものを持ち運ぶのに十分な収納力で、ご近所や街へのお出かけに、日々の生活の中で気軽に使える。

53,000円(税込) Color:ブラウン、こげ茶

外出の手荷物をコンパクトに収納。ノートはB5サイズまで収納可。

幅広ショルダーベルトで、肩への負担を軽減。肩に食い込みにくく、斜め掛けでも快適。

 

トーンオイルヌメ 2wayトート
~ 革をたっぷり味わう万能型 ~

仕事にも普段使いにも活用できる、機能的な「2wayトート」。大きな一枚革を使い、革の魅力を存分に味わっていただけるよう仕立てた。一泊の旅行がこなせるほどの収納力。ポケットも豊富で、書類や小物をすっきりと整理できる。付属のショルダーベルトで肩掛けも可能です。シーンやスタイルに合わせて幅広く使える万能型トートになっている。7万8000円(税込)

トーンオイルヌメ ハンディポーチ 
~ 手触りと使い心地が魅力 ~

丸みを帯びた袋状の形が愛らしい「ハンディポーチ」。内側に2つのポケットがついているので、絡まりやすいイヤホンや充電器など、細々としたものをすっきりとまとめられる。いつもの鞄の中に、旅行のお供に。毎日持ち歩きたくなるポーチ。2万円(税込)

トーンオイルヌメ クッションラインペンケース  
~ ふっくら、柔らか、自立 ~


手にしっくりとなじむ、柔らかな感触の「クッションラインペンケース」。ファスナーを大きく開いた状態でも自立し、スムーズに中身の出し入れができる。クッションのような、ふっくらとした形に愛着がわくペンケース。1万3000円(税込)

※価格は消費税率8%込みで記載しています。

 

2019年6月7日(金)
■土屋鞄製造所 直営店
■土屋鞄製造所 オンラインストア(12時~順次)

[取扱直営店]
西新井本店、鎌倉店、白金店、自由が丘店、丸の内店、横浜店、軽井澤工房店、名古屋店、京都店、梅田店、神戸店、福岡店

[オンラインストア]
https://www.tsuchiya-kaban.jp

 

土屋鞄製造所(つちやかばんせいぞうしょ)について

1965年、東京都足立区花畑に創業。オリジナルのランドセル、革鞄や革小物の企画・製作、及び販売を行う。工房を併設した西新井本店と軽井澤工房店、大人向け革鞄専門店10店舗、ランドセル専門店10店舗、全国に22店舗を構える。また、2018年10月には台北店をオープンした。

【URL】 https://www.tsuchiya-kaban.jp

▼ スタッフが感じた日々の素敵な一瞬をシェアしています。
Facebook https://www.facebook.com/tsuchiyakaban
Instagram https://www.instagram.com/tsuchiya_kaban

« 一覧