2016.12.19 Mon UPDATE FASHION

業界人の結論!
冬のおしゃれの2択正解集
第2回〈カナダグース〉

アウターに始まりインナーから靴、小物まで、どちらを選ぶか悩ましい究極の2択を、ファッション業界人がずばりアンサー。今季の“正解買い”が即座に分かる!
 

‹カナダグース›は ショート丈or ロング丈?


 
右:レトロな外観で人気のジャスパーパーカ。表地にはお得意のアークティックテックを使用し、速乾撥水性に富む。フードファーは脱着式。9万円/カナダグース(同)
 
左:定番のチリワックボンバーはフライトジャケットが着想源。中綿に極上のホワイトダックダウンを封入しており、防寒性は高水準だ。7万8000円/カナダグース(同)
 
 
 
ロング派の意見
 
確かに短丈の〈カナダグース〉は旬ですが、30歳以上の世代には大人っぽいロング丈の方がハマりそうです。スタイリスト・髙塩崇宏さん
 
テーラードスタイルなど今季的なトラッド系の装いとも合わせられるので、ロング丈を選びたいですね。ライター/エディター・大内康行さん
 
 
 
ショート派の意見
 
アウトドアブランドの短丈ジャケットは言わずもがなの最旬! ロングインナーと重ねたいです。アーバンリサーチ プレス・柳堀佑太さん
 
個人的にはロング好きですが、流行のワイドパンツとのバランスも良いですし、今冬は短丈を推したいです。ダブワークス 代表・上田大輔さん
 
 
 
90’sやストリートミックスがトレンドなので、今季に関してはブルゾン感覚のショート丈がベスト。フリークスストア プレス・池島 渉さん

ダウンジャケット9万2000円/カナダグース、ニット6900円、パンツ8300円/ともにフリークスストア、シューズ7000円/フランセスコ
 
 
 

[結果] ロング派
11人
ショート派
19人
トレンド感の色濃いショート丈に支持が集まる

 
 
 
 

関連記事を見る 第1回〈バブアー〉編>>>

« 一覧