2016.12.21 Wed UPDATE FASHION

業界人の結論!
冬のおしゃれの2択正解集
第4回〈インナーダウン〉

アウターに始まりインナーから靴、小物まで、どちらを選ぶか悩ましい究極の2択を、ファッション業界人がずばりアンサー。今季の“正解買い”が即座に分かる!
 

‹インナーダウン›は 袖ありor 袖なし?


 
右:品質に定評のあるハンガリーグースダウンを用いており、薄手ながら保温性は良好だ。生地は高密度ポリエステルで、ハリと光沢を兼備。1万8000円/シュタンバウム(オージー)
 
左:防水性&軽量性に秀でるナイロンタフタ製のダウンカーデは、グレー無地との両A面仕様。中綿には欧州産のホワイトダックダウンを駆使した。3万7000円/ザ∙ロフト∙ラボ(同)
 
 
 
袖あり派の意見
 
アウターを脱いだ際を考慮すると袖ありを推奨。メインとして着られるはやはり大きいですよね。ミスターオリーブ プレス・手嶋 祐生さん
 
ベスト型も持っているんですが、袖ありの方がデザイン性&防寒性ともに優秀な気がしますね。ビューティ&ユース プレス・児玉孝志さん
 
 
 
袖なし派の意見
 
すっきりとしている袖なし型はコーデのボリュームバランスが取りやすいので、重宝しています。ファクトタム プレス・久戸瀬崇裕さん
 
重ね着してもかさばらないので使いやすいです。ややモードな雰囲気で取り入れたいですね。シップス ジェット ブルー プレス・高村 潤さん
 
 
 
街着として取り入れるならダンゼン袖ありタイプ。インナーとしてはもちろん、トップス使いもできますしね。ビームスプレス・松下 圭さん

インナーダウン3万7000円/キャプテン サンシャイン×ビームス プラス、コート6万円、パンツ1万2000円/ともにビームス プラス、ニット1万6000円/クレプスキュール、そのほか本人私物
 
 

[結果] 袖あり派 16人
 
袖なし派 14人
 
人気を集めたのは主役としても映える袖あり仕様

 
 
 
 

関連記事を見る 第1回〈バブアー〉編>>>

 
 

関連記事を見る 第2回〈カナダグース〉編>>>

 
 

関連記事を見る 第3回〈ジーンズ〉編>>>

« 一覧