2017.09.18 Mon UPDATE FASHION

秋口にはおるシャツとパンツの相性学 シャツ特集 ~第2回~

シャツの人気は高まるばかり。残暑の今でも、涼しくなっても使えるので、揃えておかないと損だ。主流はビッグなシルエットで、リラックス感があり、品位もある。ここで、着こなし術とオススメ品を一気に紹介しよう。

Photo:TERUO HORIKOSHI[TRON](Model), TAKEHIRO HAYAKAWA (Item)
Styling:YOSHIKI ARAKI[The VOICE]/Hair:KAZUKI FUJIWARA[Perle management] Model:PATRICIO, SHOGO/Text:MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

シャツとパンツのマッチング、その効果。

スラックス
=ゆるっと品あり

スラックスを合わせて大人カジュアルに
シャツにスラックスを合わせるコーディネイトはオンの定番。上品な印象が築けるからだ。だからこそ、シャツのデザインや着こなし、スニーカーや小物で着くずすのが正解だ。

シャツ2万4000円/レイニープラネット、パンツ2万9000円/マンド(ともにスタジオ ファブワーク)、ロングTシャツ7500円/アンルート(同・二子玉川)、キャップ3500円/デトアーライフ(ツノカワファーム)、スニーカー9500円/ヴァンズ ヴォルト(ブルーウッド バイ ハンドイントゥリーPR)

 

黒スキニー
=シックで男っぽく

ブラック中心の装いでクールな魅力を拡大!
クールで男っぽい印象の黒いスキニージーンズ。Tシャツやラフなトップスだとカジュアル過ぎるが、シャツなら大人っぽくまとまる。白などを挿せば軽快感も加味できる。

シャツ3万7000円/ラグ & ボーン(同・表参道)、ジーンズ2万4000円、スニーカー2万2000円/ともにヒステリック グラマー(同)、Tシャツ7500円/トゥーラブ フォー ユナイテッドアローズ(ユナイテッドアローズ 原宿本店 メンズ館)、ブレス4万1000円/ハックニー キャリアーズ(ジェットン ショールーム)

 

太デニム
=今っぽい空気感

最旬のシルエットをシャツで落ち着かせて
ワイドなパンツは今のトレンド。太めのジーンズを合わせればシャツスタイルの旬度が一気にアップする。ラギッドな生地のシャツを選べば、こなれたニュアンスも充満。

シャツ2万4000円/ファクトタム ジーンズ(ファクトタム アパルトメント)、Tシャツ5000円/チャンピオン(同・原宿店)、ジーンズ1万8000円/エフィレボル(ビン)、シューズ2万4000円/サルヴァトーレ ピサノ(アイ ファウンド)

 

シャカパン
=適度にスポーティ

スポーツテイストをシャツでエレガントに
ナイロン素材などのスポーティなパンツは、運動着に見えないように着こなすのが大原則。その点、シャツなら即、大人顔に昇華できる。旬な開襟シャツを合わせれば新鮮!!

シャツ1万6000円/ステュディオス(同・原宿本店)、パンツ2万8000円/オー(オーバーリバー)、サングラス4万5000円/ミスタージェントルマン アイウェア(ジョイ エブリ タイム)、スニーカー2万0000円/ウォルシュ(カメイ・プロアクト)

 

ショーツ
=大人リラックス

印象も着心地も涼しく
しかも大人な雰囲気に

残暑が厳しい時期はまだショートパンツが不可欠。トップスに品のあるシャツを選んで大人なムードにまとめよう。ゆったりシルエットならリラックス感も損なわない。

シャツ2万1000円/ブルーナボイン(同・東京)、ショートパンツ1万8000円/RHC&MAS(ロンハーマン) 、スリッポン4990円/アー・ヴェ・ヴェ(イトキン カスタマーサービス)

 

 


第1回ゆったりめシャツの合わせ方編はコチラ>>>

« 一覧