2017.09.26 Tue UPDATE FASHION

気分はゆったりオーバーサイズ!ゆるりとはおる残暑のシャツ ~第4回~

シャツの人気は高まるばかり。残暑の今でも、涼しくなっても使えるので、揃えておかないと損だ。主流はビッグなシルエットで、リラックス感があり、品位もある。ここで、着こなし術とオススメ品を一気に紹介しよう。

Photo:TERUO HORIKOSHI[TRON](Model), TAKEHIRO HAYAKAWA (Item)
Styling:YOSHIKI ARAKI[The VOICE]/Hair:KAZUKI FUJIWARA[Perle management] Model:PATRICIO, SHOGO/Text:MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

ゆったりシャツの今っぽい着こなしテク。

抜き襟

ルーズなシャツの開放感が強調できる技
女性の間で浸透している “抜き襟”は、シャツを着用する際に襟を背中側にズラしてヌケ感を演出するテクニック。男性が実践するとかなり新鮮で、今季らしいリラックス感も強調できる。

シャツ3万4000円/ロンハーマン(同)、パンツ2万1000円/ジースター ロゥ(ジースター インターナショナル)

 

ロンT合わせ

袖のレイヤードで大人なストリート調に
ストリートテイストの人気が再燃している今、そんなムードを意識した袖のレイヤードで個性を醸すのもオススメだ。袖プリント入りのロンTはラフ過ぎるので、ボーダー柄などがイチ押し。

シャツ7000円/マルセルフ アバハウス(アットシェルタ)、ロングTシャツ1万3000円/MHL.(アングローバル)、パンツ1万5000円/アンルート(同・二子玉川)

 

 

ゆるタックイン

気品と開放感を備えるシャツの魅力を拡大
上品なのにリラックスもある、ゆったりシャツの魅力をもっとも引き出せるのが“ゆるタックイン”。タックインは堅いムードになりがちだが、裾をフワッとさせることでヌケ感を創出。

シャツ1万6000円/キャリー(スチュワーズ レーン トーキョー)、パンツ2万4000円/サヴィー(スリー)

 

ベルト垂らし

さり気ない着くずしで無難なイメージを払拭
ここ最近、一気にブレイクしているテクニックが “ベルト垂らし”。ソフトな素材のベルトを垂らすことで無造作なカジュアルダウンが達成できるので、シャツスタイルとも相性が抜群だ。

シャツ1万5000円/ジースター ロゥ(ジースター インターナショナル)、ショートパンツ8000円ディッキーズ×アーバンリサーチ iD/(アーバンリサーチiD ルミネマン 渋谷店)、ベルト2000円/サスペンダーファクトリー(アメリカンラグ シー 新宿フラッグス店)

 

開襟色挿し

上下のペールカラーで旬度と個性をアップ!!
夏のトレンドとなったオープンカラーシャツは、ルーズなシルエットを選べば重ね着にも最適。裾のボタンを開けることでインナーがバランス良くのぞくので、挿し色で個性を演出したい。

シャツ1万6800円/ミスターオリーブ(ウォークインクローゼット)、Tシャツ6000円/ユーエム×ビューティ&ユース(ビューティ&ユース ユナイテッドアローズ 渋谷公園通り店)、パンツ2万円/イエスタディズ トゥモロウ(ベンダー)

 

 


第3回はコチラ>>>

 


第2回はコチラ>>>

 


第1回はコチラ>>>

 

« 一覧