2017.10.04 Wed UPDATE FASHION

気分はゆったりオーバーサイズ!ゆるりとはおる残暑のシャツ ~第6回~

シャツの人気は高まるばかり。残暑の今でも、涼しくなっても使えるので、揃えておかないと損だ。主流はビッグなシルエットで、リラックス感があり、品位もある。ここで、着こなし術とオススメ品を一気に紹介しよう。

Photo:TERUO HORIKOSHI[TRON](Model), TAKEHIRO HAYAKAWA (Item)
Styling:YOSHIKI ARAKI[The VOICE]/Hair:KAZUKI FUJIWARA[Perle management] Model:PATRICIO, SHOGO/Text:MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

ゆるフィットで美シルエット! 8ブランドの名品シャツ

 

Engineered Garments Workaday
エンジニアド ガーメンツ ワーカデイ


定番のボタンダウンシャツ。ペン挿し付きのフラップポケットがワーク感を醸しているが、ブラックウォッチ柄がトラッドな品格を放っている。ソフトな生地感が快適な一着。2万2000円(ネペンテス)

 


リップストップ生地を使ったプルオーバータイプのアーミーシャツ。全体としてシンプルな面持ちだが、タテ長のポケットがアイキャッチになっていて個性も感じさせる。2万1000円(ネペンテス)

 

 

nonnative
ノンネイティブ


プルオーバー型のロングシャツ。リヨセル素材のチノクロスは滑らかで、ラグランスリーブが動きやすさも約束してくれる。こなれたムードの色みはオーバーダイによるもの。2万7000円(ベンダー)

 


前後の丈感に差があるプルオーバーシャツ。ノーカラー仕様に加えジップアップも新鮮だ。ダイヤステッチ柄のドビーダブルクロスや適度な色落ちが独特な表情を加えている。3万0000円(ベンダー)

 

 

EN ROUTE
アンルート


コットン素材のチェック地をベースにしつつ、コットン×ナイロンの黒地で切り替えたデザインが斬新。実際より身幅が細く映るため、着やせ効果も期待できる。1万5000円(アンルート 二子玉川)

 


コットンにナイロンを加えたシャンブレー生地がクールかつ上品なニュアンスを醸し出すシャツ。シンプルで着まわしやすく、装いを大人っぽく仕上げてくれる。1万4000円(アンルート 二子玉川)

 

 

MHL.
エムエイチエル


プルオーバー風の前立てや、裾のカーブがクラシカルなムードを放つシャツ。ノーカラー仕様はモダンで今季的だ。王道のホワイトカラーだからこそ、こんなヒネりが必要。1万9000円(アングローバル)

 


定番的なシャツと思いきや、斜めにセットされた左胸のポケットが何気なく独創的。ミリタリー調だが生地感はソフトだ。袖はロールアップして固定することが可能。1万9000円(アングローバル)

 

 


第5回はコチラ>>>

 


第4回はコチラ>>>

 


第3回はコチラ>>>

 


第2回はコチラ>>>

 


第1回はコチラ>>>

 

« 一覧