2017.10.14 Sat UPDATE FASHION

今年の秋ジャケは「セットアップ」か「ジーンズ合わせ」か?~第2回~

大人のカジュアルスタイルに欠かせないテーラードジャケット。
デザインも機能も進化しているが、この秋は人気のセットアップで
着こなすか、定番的にジーンズを合わせるかの2択がオススメだ。
今回はジーンズに合わせるお手本スタイルを披露しよう。

Photo: JUN OKADA[bNm](Model), TAKEHIRO HAYAKAWA(Item)
Styling: YOHEI SHIBAYAMA/Hair&Make: KEN YOSHIMURA[AVGVST] Models: SEN, PATRICIO/Text: MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

◎ジーンズ合わせで着るジャケット  3 STYLE

 

01 変形デザインジャケット+ウオッシュドジーンズ

個性的なタイプを着こなして周囲と差を付ける

秋に向けて増えているのが個性派デザインのジャケット。例えば上の一着は、テーラード
にコーチジャケットの要素をブレンドしている。さらにオリーブのナイロンがミリタリー
感を演出。パッカブル機能まで備えている。ラフな面持ちで色落ちジーンズと相性抜群だ。

ジャケット4万円/PS バイ ポール・スミス(ポール・スミス リミテッド)
ジーンズ1万3000円/リーバイス®(リーバイ・ストラウス ジャパン)、
パーカ2万8000円/(八木通商)、Tシャツ9000円/アー・ペー・セー
(同・カスタマーサービス)、スニーカー5500円/ヴァンズ(同・ジャパン)、
サングラス4万7000円/アイヴァン7285(同・トウキョウ)

 

 

 02 ニットジャケット+リジッドジーンズ

秋らしさと品の良さを兼備する、一着を大人っぽく着こなす

リラックスできる素材のジャケットが主流となっているが、この秋に注目したいのはニッ
ト地のジャケット。温かみ、品格、ストレッチ性を併せ持ち、着まわしやすくて重宝する。
スリムなシルエットのリジッドジーンズを合わせるだけで大人なスタイリングが完成!

ジャケット5万6000円/エストネーション(同)、ジーンズ1万9000円/リディアル
(カイタックインターナショナル)、シャツ8000円/ビューティ & ユース(同・ユナイテッド
アローズ 渋谷公園通り店)、ベルト1万8000円/ユナイテッドアローズ(同・六本木ヒルズ店)、
シューズ6万5000円/パラブーツ(同・青山店)、バングル7万9000円/ノンネイティブ×エンド(ベンダー)

 

 

03 コーデュロイジャケット+ブラックジーンズ

こなれ感のある注目素材は、黒いジーンズで締めるのが気分

今年の秋はコーデュロイ素材がトレンドとして注目を集めている。テーラードジャケット
に用いれば、こなれたムードとウォーム感、大人な品格を兼ね備えた理想的な一着に。ラ
フに着こなしても良いが、細身のブラックジーンズでクールに引き締めるのがイチ押し。

ジャケット4万9000円/ティーエスエス(同・代官山ストア)、ジーンズ1万8000円/
ジースター ロゥ(ジースター インターナショナル)、カットソー7000円/アイディー
デイリーウエア(デイリーショップ)、ブーツ7万円/ノンネイティブ(ベンダー)

 

★〈押さえておきたいジャケット選びの3ヵ条〉

定番アイテムだがジャケットにもトレンドはある。当然、そのポイントを押さえることが必要だ。
今は芯地などを省いたアンコン仕立てが主流。さらに細かいチェック箇所は下記を参照してほしい。

ジャケット3万9000円/ディーゼル(同・ジャパン)

 

1.ラペル幅はスタンダードな7.5㎝程度を基本と考える

印象を大きく左右するラペル=下襟。その幅が狭いナローラペルが人気の時期もあった
が、今は標準的な幅で上品な雰囲気を演出したい。ゴージ(=切り込み)の位置も標準で。

2.Vゾーンが広めの2ボタン仕様を選ぶのが原則

テーラードジャケットはVゾーンが特徴的。その魅力がわかりやすい2ボタン仕様を選ぶ
のが基本だ。3ボタンでも、いちばん上のボタンを開けるのが前提の“段返り”ならOK。

3.身頃のレングスを選ぶ目安は袖丈よりも少し長いくらい

ビジネススーツのジャケットならヒップが隠れる程度の長さがほしいが、カジュアルなら
もう少し短めで。袖より少し長い程度を基準にしよう。短過ぎは品格を損なうので要注意。

 

 


第1回はコチラ>>>

 

« 一覧