2017.11.23 Thu UPDATE FASHION

素材、編み、デザイン、ブランドすべてを徹底分析!俺に似合う「ニット」を探せ!

肌寒さが増しゆく今の時期、ついコーデに投入したくなるアイテム「ニット」。そこで本企画では今季のトレンドからイチ推しブランドまで、俺に似合うニットを様々な視点から導き出していきます。

 

POINT01
今年の流行色とデザイン

「デザイン」「カラー」「シルエット」、今季のニットトレンドを把握するのがまずは先決!

 


[ Silhouetle ]

ビッグシルエット

ビッグ&ドロップショルダーでこなれムードを創出
他トップスと同様に身幅が広く、肩を落として着用するビッグシルエットに注目。レイヤードでバランスを取るのが着こなすコツ。

ニット1万5000円/ロバートマッキー×ビームス(ビームス 原宿)、シャツ8000円/ビューティ&ユース(同・渋谷公園通り店)、パンツ3万5000円/ユナイタス(スタディ ショールーム)

 

[ Color ]

オリーブ

リラックス感と男らしいニュアンスを兼ね備える
昨今のモノトーン人気も落ち着き、今季は温かみがカギ。そこで浮上してきたのがアーシーで男らしいニュアンスもあるオリーブ。

ニット2万円/フォーク(ベンダー)、Tシャツ5500円/ドゥニーム(同・ザ ストア アーバンドックららぽーと豊洲店)、パンツ1万3000円/スイートパンツ(ハリウッド ランチ マーケット)、キャップ6000円/シープラス ヘッド ウェアーズ(同)

 

[ Design ]

シャギー

ソフトなタッチがもたらす“温かみ”が今季の気分
表面を起毛させて、毛先に向かい毛量を減らすことで、フンワリしたタッチを生むシャギー。ウォーミィな質感に今季らしさが。

ニット1万8000円/ハーレー×アーバンリサーチ(アーバンリサーチ 神南店)、シャツ2万4000円/パイン(フォレストパイン・デザインラボ)、ジーンズ3万6000円/リダン(タトラス&ストラダ エスト青山店)、ベルト2700円/ともにエンハーモニック タヴァーン(スタジオ ファブワーク)

 

今シーズンのニットは
“温かみ”がキーワード

「ニットを探している!」という声を数多く耳にするこの秋冬シーズン。各ブランドからも様々なリリースが相次ぎ、まさにニットの当たり年だ。
今季のトレンドとして浮かび上がっているものを挙げるとするならば、“シャギー”“オリーブ”“ビッグシルエット”の3つ。上記の説明をご覧いただければ、特徴が一目瞭然であると同時に、さらにある共通項が存在する。それが今季のシーン全体の潮流となっている“温かみ”というキーワード。そう考えれば「ウォーミィな素材感、アーシーな色合い、リラックスしたサイジング」は、まさに時代が求める空気感にマッチしており、前述の3つが注目を集めているのも自明の理。
これから寒さが増していくに従い、ニットは秋冬のレイヤリングに欠かせない存在としてニーズが高まること必至。以降のページも熟読し、いち早く「俺に似合う一着」を見つけ出してもらいたい。
 
 
 
 
Photo:HIROAKI KAWATA
Styling:YOSHIKI ARAKI
Hair&Make:YUMEKO OTA[earch] Text:TOMMY

« 一覧