2018.03.13 Tue UPDATE FASHION

春のデニム選び、7つのキーワード 〈第1回・ウオッシュドブルー〉

ワードローブの主軸であるジーンズは、新シーズンのスタートとともにまずチェックしておきたいアイテム。色、シルエット、デザイン…さまざまな角度からトレンドの傾向を押さえつつ、この春に狙うべき一本を見定めよう!

Photo:OSAMI WATANABE, TAKEHIRO HAYAKAWA
Styling:TAKAHIRO TAKASHIO
Hair&Make:RYOHEI KATSUMA[MASCULIN] Models:PATRICIO, SEN
Text:MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

KEYWORD 01
脱リジッドな「ウオッシュドブルー」

安定感のあるリジッドカラーもいいが、今の気分は断然、軽快な色みをまとったライトブルーのジーンズだ。春らしい洒脱感に加え、’90年代テイスト漂う旬な表情が、コーデのスパイスとして機能する。

ヒゲの濃淡を控えめにした自然なウオッシュ感が好印象な一本は〈リディアル〉の新型「ピープル」。ベージュのトレンチコートを合わせ、上下とも淡色で春っぽくまとめ上げた。インナー・帽子・シューズと随所に濃色を挿すことでピリリと引き締めて。

ジーンズ2万2000円/リディアル(カイタックインターナショナル)、コート11万9000円/マッキントッシュ(同・青山店)、ニット2万7000円/サイ(同・マーカンタイル)、シャツ2万円/サイ ベーシックス(マスターピースショールーム)、キャップ3900円/ニューエラ×ナノ・ユニバース(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、シューズ9万50
00円/ジェイエムウエストン(同・青山店)

 


1
ライトブルー&ライトオンスの一本は、見た目もはき心地もソフト。爽やかなムードだが、クラッシュやペンキの加工感が男っぽさも放つ。2万6000円/ガス(同・ジャパン)

2
ストーンウオッシュで淡く仕上げた「スタンダードジーンズ」。キャラメル色のステッチや明るいシルバーパーツも新鮮だ。2万3000円/アー・ペー・セー(同・カスタマーサービス)

3
色落ちしたストレッチデニムがメインのリメイクイージーパンツ。脇ポケットから垂れる革ヒモや、背面側のみ折り返された裾が独創的。2万5800円/レミレリーフ(ユナイト ナイン)

4
’80年代後半〜’90年代のグランジデニムを象徴するバギースタイルの流行に先んじて発表された「シルバータブ」を再構築。1万円/リーバイス?(リーバイ・ストラウス ジャパン)

5
リアルなヒゲやアタリで、2年間はき込んだ色落ちを表現。定番モデル「105」のスタンダードフィットもヴィンテージ感を強調する。2万1800円/オアスロウ(ビームス 原宿)

6
明るく色落ちした加工感が新鮮。太ももがガッシリしたアスリート体型でも美しくはけるモデル「ジョカトーレ」のテーパードシルエットも今っぽい。3万円/クロ(同・ギンザ)

 

〈SHOP LIST〉

アー・ペー・セー カスタマーサービス☎03-3710-7033

カイタックインターナショナル☎03-5722-3684

ガス ジャパン☎03-5772-0124

クロ ギンザ☎03-6274-6257

サイ マーカンタイル☎03-5414-3531

ジェイエムウェストン 青山店☎03-6805-1691

ナノ・ユニバースカスタマーサービス☎0800-800-9921

ビームス 原宿☎03-3470-3947

マスターピースショールーム☎03-5414-3385

マッキントッシュ青山店☎03-6418-5711

ユナイトナイン☎03-5464-9976

リーバイストラウス ジャパン☎0120-099-501

« 一覧