2018.03.19 Mon UPDATE FASHION

春のデニム選び、7つのキーワード〈第3回・カットオフ〉

デニムの最新トレンドをお届けする連載も今回で第3回。今回は、昨年から続く「カットオフ」仕様にクローズアップする。新シーズンのスタートとともにチェックしておきたい一本を、この記事の中から探してみよう。

Photo:OSAMI WATANABE, TAKEHIRO HAYAKAWA
Styling:TAKAHIRO TAKASHIO
Hair&Make:RYOHEI KATSUMA[MASCULIN] Models:PATRICIO, SEN
Text:MASAHIKO TAIRA[pop*]

 

春のデニム選び、7つのキーワード 〈第1回・ウオッシュドブルー〉

春のデニム選び、7つのキーワード 〈第2回・ゆるデニム〉

 

KEYWORD 03
トレンド続行!
「裾カットオフ」

昨シーズンから盛り上がりを見せていた“切りっぱなし”デザインは今季、さらに勢力を伸ばすことに! 見慣れたジーンズスタイルも、この裾の仕様ひとつで一転、旬な表情をのぞかせる。

 


部分的に長い糸を残した裾のフリンジ感が特徴的なジーンズは、ライトグレーになるまで洗いをかけた軽快な色みが美しい。そのラフなニュアンスで、ライダースの武骨さも見事に中和。

ジーンズ2万8000円/アッパーハイツ(ゲストリスト)、レザーブルゾン24万円/サイ(マスターピースショールーム)、シャツ1万6000円/ギルドプライム(同・渋谷)、スニーカー8800円/トレトン(ハンクスPR)

 

 

【右】〈wjk〉らしい細身のシルエットがシャープ。シンプルなブラックジーンズと思いきや、クラッシュした両ひざと切りっ放しの裾がグランジテイストだ。3万3000円/wjk(同・base)

 

【中】古い生地を裂いて再び織り上げる“裂き織”生地をリメイクで使用。カットオフした裾とともにヴィンテージ調のムードを盛り上げる。3万9000円/ハリウッド ランチ マーケット(同)

 

【左】ウオッシュで表現したアタリ感が絶妙。裾に加えて腰周りにもヴィンテージライクな個性を加味している。センタープレスに見えるのは切り替え。2万3000円/ブフト(HEMT PR)

 

SHOP LIST
ギルドプライム渋谷☎03-6419-3091

ゲストリスト☎03-6869-6670

wjk base☎03-6418-6314

ハリウッド ランチ マーケット☎03-3463-5668

ハンクスPR☎03-6677-7741

HEMT PR☎03-6721-0882

マスターピースショールーム☎03-5414-3385

« 一覧