2018.07.19 Thu UPDATE FASHION

2018年サングラス・ミシュラン【ボストン編】五つ星獲得はこのブランド!

好評企画、ファッション業界人が投票するサングラス・ミシュランの第2回はボストンタイプでベスト5をご紹介。丸みを帯びた逆三角形のボストン型は知的なイメージを醸し出せるサングラスとして人気が高い。それでは5位から順にランキングのスタート!

おしゃれ業界人が投票!サングラス・ミシュラン2018【ウェリントン編】

今年の夏のサングラスは「メタルフレーム」で決まり!

 

 

第5位(40POINT)

Mr.Gentleman EYEWEAR(ミスタージェントルマン アイウエア)の「NEIL」

随所にロックフレーバーを漂わせるヴィンテージテイスト

同ブランド定番の3Dテンプルを採用することで、掛け心地抜群。’70~’80年代のロックの雰囲気が表現されており、ロック好きにも刺さること必至。4万5000円/ミスタージェントルマン アイウェア(ジョイ エブリ タイム)

選者の声
落ち着いた雰囲気のフレームに対して、メタル製のブリッジなどがクールなアクセントとして効いています。(ライター/エディター平 格彦さん)

 

第4位(47POINT)

CUTLER AND GROSS(カトラー アンド グラス)の「0734」

太めフレームのべっ甲柄、レトロムードの重厚感がアクセントに

ボリューミィかつ丸みを帯びたシルエットを推す声に支えられて4位に。べっ甲柄のセルフレームとの取り合わせが、シンプルな夏の着こなしにポイントを作ってくれる。4万6000円/カトラー アンド グロス(サンライズ)

選者の声
フレームが厚めなので存在感が強く、自分のように夏はTシャツばっかりの人には、ポイント作りにも最適。(MJ編集部 増子剛史)

 

第3位(50POINT)

tomas maier(トーマス・マイヤー)の「TM-0027S」

インナーセルを採用した技巧派

シートメタル素材のフレームに、レンズのリムを隠すようにインナーセルをはめ込むことで、すっきりしたルックスに。クラシカルで無機質な雰囲気が知的な印象も与える。4万3000円/トーマス・マイヤー(コンティニュエ)

選者の声
自分はボストンが似合わないので選ばないけど、インナーリムタイプなら細めで万人にマッチするのでアリ。(ライター 廣田俊介さん)

 

第2位(54POINT)

ROBERT MARC(ロバート・マーク)の「692」

かけやすい小さめのサイズ感が◎

さり気ないホーン柄&グラデーション配色が大人っぽさを際立たせ、さらにテンプル部分のワンポイントでクラシック感あふれるデザインにアクセントを添える。4万7000円/ロバート・マーク(グローブスペックス エージェント)

選者の声
「ボストンのレトロな雰囲気は好きですが、こういったミクスチャー感のあるデザインだと、なお良しですね」(スタイリスト 深澤勇太さん)

 

第1位(60POINT)

MOSCOT(モスコット)の「 MILTZEN FOLD」

 

実はイケてるレトロなコラボ作

海外セレブらにも愛される同ブランドと〈ウィングス&ホーンズ〉のコラボ作という話題性も手伝ってか1位を獲得! 折り畳めるギミックが男心をくすぐるという意見も多かった、4万3000円/モスコット(同・トウキョウ)

選者の声
「ボストンタイプは形状がレトロなので、配色は逆にクールなオールブラックで。畳める仕様も便利です」(ライター/エディター 平 格彦さん)
「シャツの胸ポケからサッと取り出すと格好よくないですか? ブラックで取り入れやすいのもナイス」(ライター TOMMYさん)

1位のボストンタイプはかけるとこんな感じ

折り畳み式独特のツルのデザインが特徴的。クラシックでレトロな雰囲気は意外とキャラクターを選ばず似合う。

« 一覧