2018.08.02 Thu UPDATE CULTURE

降り注ぐ太陽な歌声をもつシンガーソングライターLeolaの夏のテーマ・ソングで埋め尽したミニアルバムがリリース

夏のテーマ・ソングで埋め尽したシンガーソングライターLeolaのミニアルバム

―今回のミニ・アルバム『LOVE, LIFE & LAUGHTER』は、どのような想いで制作をスタートさせたのでしょうか?

 

Leola「この夏のテーマ・ソングで埋め尽くしたいという気持ちで制作したミニ・アルバムです。夏になると、いろいろな場所へお出かけしたくなりますし、お休みの時間もたくさん取れますよね。だから、音楽に触れたいと思う人もたくさんいるんじゃないかなと思ったんです。そんなみなさんの生活に寄り添えて、どこかへ一緒に連れて行ってもらえるような1枚にしたいと思って作りました」

 

―タイトルの『LOVE, LIFE & LAUGHTER』に込めた想いも教えてください。

 

Leola「タイトルの『LOVE, LIFE & LAUGHTER』は、私が大切にしている“L”の言葉たち。このミニ・アルバムに収録した楽曲には、私が笑顔になるために必要な〈LOVE〉、〈LIFE〉、 〈LAUGHTER〉が、それぞれの曲に散りばめられています」

 

―リード曲「Sunshine & Happiness」はどのような想いで制作していったのでしょうか?

 

Leola「2ndシングル「Let it fly」のネクス・トソングとして作り始めた曲です。永遠という一見いつまでも続きそうな言葉にも、時間の限りはあることを最近凄く感じていています。家族と過ごす時間や、学生時代に過ごしてきた時間を振り返ってみた時に、時間は有限であることを痛感したんです。だからこそ、幸せな時間は悔いなく過ごしていきたいですよね、というメッセージを歌詞に落とし込みました。幸せな2人を描いているんですけど、決して当たり前ではない幸せを逃さないように、私はあなたのことがずっと大好きだと想いを伝えます。そんなキュンとする歌詞を、さわやかで疾走感あるサウンドで聴いていただきたいと思って制作しました」

 

―Leolaさんにとって、ここはポイントだと思う歌詞はどこですか?

 

Leola「〈限りある時間を 限りの無い愛で〉という歌詞がサビの最後に出てくるんですね。この2つの言葉がキーワードになっていて、アルバムのタイトルでいうと〈LOVE〉と〈LAUGHTER〉がテーマになっている曲です」

 

―先ほど「さわやかで疾走感あるサウンドで聴いていただきたい」というコメントをいただきましたが、そこにはどんな想いがあったのでしょうか?

 

Leola「この「Sunshine & Happiness」は、空の下で聴いて欲しい、ドライブしながら風を感じながら聴いて欲しいと思ったんです。だから、疾走感のある曲にして一緒に走っているような音作りを意識しました。この曲では声と演奏が上手にぶつかり合って、ひとつのサウンドを生み出していると思います」

 

―MVについてもお話を聴かせてください。

 

Leola「今回は手作り感のあるMVに挑戦しました。撮影の仕方に関しても、すべてスマホで撮って、アングルも自撮りしながら決めたりしました。リップシーンを自撮りしながらやったのも楽しかったです。映像が早送りになったりスローモーションになったり、時間の流れが1曲の中で変化があるので、まるで時空が歪んでいるかのような仕上がりも面白いところだと思います。あとは、最後まで見てもらうとひとつ仕かけに気づくと思うので、そこも大きな見どころだと思います」

 

―他にも、Happiness のMIYUUさんによる振りつけで踊るLeolaさんも見どころのひとつですよね?

 

Leola「はい!(笑) 普段はギター片手に歌うことが多く、なかなか振りをつけながら歌う機会が少ないので、この「Sunshine & Happiness」で挑戦してみたいと思ったんです。そこで、女の子の一途な気持ちを表現する振りをMIYUUちゃんにお願いしました。歌詞をじっくり読み込んで、女の子が踊ってかわいく見える仕草を考えてくれていて私も気に入っていますし、みなさんにも気に入っていただけると思います。ライヴでもギターを置いて、みなさんと一緒に踊れたらいいなと思います」

―今作には山下達郎さんの名曲カバー「RIDE ON TIME」が収録されていますね。どのような経緯で実現したのでしょうか?

 

Leola「山下達郎さんの楽曲は、この「RIDE ON TIME」以外にも大好きな曲がたくさんあります。日本のアーバンなシティ・ミュージックを牽引してきた方なので、私にとってはとても大きな存在です。山下達郎さんの楽曲は、声とメロディとアレンジが絶妙に合わさって、パーフェクト以上の曲になっていると思うんです。声が変わるだけでもまったく違う曲になってしまうと思ったので、カバーさせていただくに当たり、原曲が好きな方にも親しんでもらるアレンジにしたいと思いました」

 

―数ある名曲の中でも、この「RIDE ON TIME」をカバーした意図も教えてください。

 

Leola「夏のテーマ・ソングを収録するミニ・アルバムには、やっぱり「RIDE ON TIME」だなと思ったんです。どこかへ連れて行って欲しいという夏の想いを、この曲に託しました。もし若い世代の方で原曲を知らない方がいたら、ぜひドライブや海で聴いていただきたいです」

 

―山下達郎さんの歌詞の世界観については、どのような感想を持ちましたか?

 

Leola「正直、この言葉の組み合わせでこの雰囲気を出せるのは、山下達郎さんしかいないと思いました。ひとつひとつの言葉にパンチがありながら、全体をふわっと包み込む空気感が凄く不思議なんです。なぜそういう表現ができるのか、今の私にはまだわからないです。なので、これからもっともっとたくさん山下達郎さんの曲を歌わせていただいて、歌詞作りのヒントを見つけたいと思います」

 

―初回限定盤の特典として「Sunshine & Happiness」のMVとメイキング映像が収録されるそうですね?

 

Leola「MVの中では、歌は一定のテンポで流れていて、映像だけ早くなったり遅くなったりするんですね。その撮影の裏側をメイキング映像で観られます。どうやって映像を組み立てていったのか、現場の監督の様子なども収録しています。あと、MIYUUちゃんも撮影現場に来てくれたので、今回のMVや振りについてのコメントもいただきました」

 

―通常版のボーナス・トラックとして、「Let it fly」のリミックスが収録されるそうですね。どのようなリミックスになりましたか?

 

Leola「ひとつの楽曲で、いろんな楽しみ方をしてもらいたいという気持ちがあったので、今回は「Let it fly」のリミックスを収録しました。原曲とはまったく違うアレンジなので、リミックスは夜に楽しめるブラック・ミュージック感のある「Let it fly」になっています。リミックスをお願いしたのは、Kai Takahashi(LUCKY TAPES)さん。やりたいようにアレンジして欲しいとオファーしたら、本当に最高のリミックスに仕上げてくださいました。コード感も原曲と違うので、まったく新しい「Let it fly」をぜひオリジナルと聴き比べて欲しいです」

 

―最後に、今作で夏のテーマ・ソングを届けることになりますが、2018年はどのような夏にしていきたいですか?

 

Leola「悔いのない夏にしたいと思います。たくさん歌って、いっぱい笑える夏にしたいですね。この1枚をきっかけにこういうことにも挑戦してみたいとか、新たな広がりを作っていきたいです。ミニ・アルバムですが、それぞれの曲に個性があるので、表現の幅の広さも感じていただけると思います。ひとつひとつの線をつなげて、いろいろな場所に行って私の夏のテーマ・ソングを披露したいですね」

 

miniアルバム
『LOVE, LIFE & LAUGHTER』
ソニー・ミュージックアソシエイテッドレコーズ
2018年8月1日(水)発売

初回生産限定盤[CD+DVD]AICL-3531~3532 \2,800(TAX IN)

通常盤[CD]AICL-3533 \1,800(TAX IN)

 

【公式HP】 www.leolalala.com/

<Profile>
ハワイ語でLeoは声、laは太陽。「いつも優しく、ときに力強く、降り注ぐ太陽のように聴く人の心を晴天にしたい、あなたの心の太陽でいたい」という思いを込めて本人自ら命名。2016年シングル『Rainbow』でデビュー。

 

取材・文/馬渕信彦

« 一覧