2018.11.19 Mon UPDATE FASHION

殿堂入り名品アウター!ロングコート、ジャパンメイド編

旬を意識してアウターを選ぶことは大事。けど、本物を知る大人なら流行り廃りとは無縁な完成された名作を1着は持っておきたいもの。ここで紹介するのは、時代を経ても変わらない魅力を放つマスターピース。年齢を重ねても最高の相棒であり続けるはずだ!

マッキントッシュかバブアーか、英国2大老舗の殿堂入り名品定番アウター

〈アルファ〉のMA-1と〈ショット〉のライダース!殿堂入り名作アウター

10年着られる!アメカジとミリタリーの殿堂入り名作アウター

ロングコートの名品アウター


タリアトーレ
TAGLIATORE


シェイプしたウエストや広めのVゾーンがエレガンスなチェスターコート。今作は〈エストネーション〉のエクスクルーシブで、裾周りやボタン位置に変更を加えて一段と洗練度を高めた。9万5000円(エストネーション)


グローバーオール×ジャーナル スタンダード
Gloverall×JOURNALSTANDARD


ダッフルコートで知られる名門に別注した逸品。定番「モンティ」をスリムに改良した新作「エリザダッフル」をベースに、トグルをナチュラルなウッドにチェンジ。さらに、表地には耐摩擦性に長けるボイルドウールをチョイスした。8万円(ジャーナル スタンダード表参道)


グレンフェル
GRENFELL


1922年に創業した英国のアウターブランド。シックな風貌のトレンチは過酷な環境を想定して開発した「グレンフェル・クロス」が使われており、撥水性、耐久性、防風性を備える。13万8000円(ヴァルカナイズ・ロンドン)

 

 

ジャパンメイドの名品アウター


ヴァイナル アーカイブ
VAINL ARCHIVE


2015年の秋冬より原型となるコートを展開。ゆったりとしたシルエット&毛羽感を残した生地がクラシックな雰囲気を醸す。一方、チェック柄で彩ることによりトレンド感にもアプローチを掛けている。9万円(エルエムエイチ)


サイ ベーシックス
SCYE BASICS


ブランド内でもとりわけ人気の高いウールピーコート。良質な双糸を使ったメルトン地は、適度なふくらみと滑らかなタッチを有する。クラシックなネイビーオフィサーコートを思わせる襟も特徴的だ。9万4000円(マスターピースショールーム)


ノンネイティブ
nonnative


十八番のアイテムであるライダース。こちらはゆったりしたシルエットに設定されており、ほのかにヌケ感がある。また、裏地にはフェルトを使っていて、肌触りも心地良い。表地はハイクラスなカウレザー。13万円(ベンダー)

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事