2018.11.28 Wed UPDATE FASHION

ビジネスアウターにダウンを使うなら断然、スマートダウンが狙い目

スーツやタイなどのBIZアイテムに比べると、アウターは更新頻度が低いかもしれない。だが、何年も同じアウターだと、せっかく旬度の高い着こなしが古臭く見えてしまうことも。そうならないために今季っぽく、かつコーディネイトがスマートに決まるBIZアウターを伝授する。

BIZアウターとしても浸透しているダウン。カジュアルと差をつけるなら、狙うはボリューム控えめのスマートダウンだ。

BIZアウター人気No.1はステンカラーのコートに決まり!

今冬、ビジネスアウターは「ウール地」のキルティングジャケットがトレンド

ジャケパンコーデと相性抜群!注目の英国柄ビジネスアウター

豊富なデザインから選ぶ「スマートダウン」

フード付きタイプ

スタイリッシュに格上げする程よいスポーツ感

スポーティなイメージが強いフード付きタイプも、すっきりとしたフォルムならビズスタイルと好マッチ。スーツと相性がいいオーソドックスなグレーカラーなら、なおおしゃれな印象を与えることができる。
フード付きコート9万9000円/サンヨーコート(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)、スーツ10万円/ポール・スミス(同・リミテッド)、シャツ8000円/ライフスタイルテーラー(アーバンリサーチ ドアーズ ららぽーと豊洲店)、タイ1万6000円/ステファノビジ(バインド ピーアール)、メガネ3万7000円/ルノア(グローブスペックス エージェント)、クラッチバッグ1万6000円/アバハウス(同・原宿)

ステンカラータイプ

ダウン初心者はステンカラータイプがおすすめ

ダウンが内蔵されていても、なじみのあるステンカラータイプなら取り入れやすい。しかもダウンメーカーとして知られる〈ナンガ〉が手がけるだけに、品質・機能も申し分のない仕上がりだ。
ステンカラーコート3万8800円/ナンガ(同)、ジャケット2万9900円/ランズエンド(日本ランズエンド)、シャツ1万2000円/ダーバン(レナウン プレスポート)、タイ1万4000円/フマガッリ(ビームス ハウス 丸の内)、スラックス2万1000円/マルティナ バルレッタ(フレッド シーガル マン)、メガネ5万9000円/ミスターライト(グローブスペックス ストア)

スタンドカラータイプ

都会的な雰囲気を演出するスタンドカラータイプ

スマート感をより高めるスタンドカラータイプなら、定番のジャケパンスタイルもスタイリッシュな印象に仕上がる。パッと見はダウンには見えないので、着こなしにも組み込みやすいはず。
スタンドカラーコート3万4800円/ジムフレックス(ビショップ)、ジャケット3万6000円/マッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)、シャツ2万3000円/ギローバー(シップス 渋谷店)、タイ 9000円/リーセンシィ オブ マイン アバハウス(アバハウス 原宿)、スラックス2万9000円/ベルウィッチ(アスティーレ ハウス)、リュック5万2000円/エンゲージメント(キヨモトNC事業部)

マウンテンパーカタイプ

カジュアルと一線を画す色使いが決め手

シックなオールブラック仕様のマウンテンパーカ。ジャケットが見えないぐらいのショート丈もポイントで、軽快なBIZスタイルを演出する。着こなしもモノトーンでまとめるのがベター。
マウンテンパーカ4万3000円/シエラデザインズ(アリガインターナショナル)、スーツ5万7000円/アーバンリサーチ テーラー(アーバンリサーチ TOKYO)、シャツ1万8000円/ポール・スミス(同・リミテッド)、タイ1万3000円/フィオリオ(ユナイテッドアローズ 原宿本店)、ブリーフバッグ2万8000円/アバハウス(同・原宿)

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事