2018.11.30 Fri UPDATE FASHION

ハイテク新世代繊維〈ソロテックス®〉はビズコートの強い味方

スーツやタイなどのBIZアイテムに比べると、アウターは更新頻度が低いかもしれない。だが、何年も同じアウターだと、せっかく旬度の高い着こなしが古臭く見えてしまうことも。そうならないために今季っぽく、かつコーディネイトがスマートに決まるBIZアウターを伝授する。

ここではフード付きのデザインを選ぶ時の注意点と、注目の「ソロテックス®」繊維を採用したアウターを紹介しよう。

今冬、ビジネスアウターは「ウール地」のキルティングジャケットがトレンド

今年は英国風チェックに注目!小粋なビジネスアウター6選

ビジネスアウターにダウンを使うなら断然、スマートダウンが狙い目

 

注目繊維「ソロテックス®」採用のアウターが急増中


あらゆるアイテムの着心地を快適にする新世代繊維「ソロテックス®」とは?

帝人フロンティア社製の新世代繊維。最大の特徴は、しなやかなバネのような螺旋状の分子構造だ。それによってソフトな風合いや形態回復、ストレッチなどの機能を実現。他の繊維とも複合しやすく、相手繊維の特性を生かしながらも新たな機能を加えられる。

お洒落と快適性を両立できるのが魅力

取りはずし可能なライニングの中綿に「ソロテックス®」を採用。表地は上品なウールのようでいて、撥水・ストレッチといった機能も装備している。裏面は透湿防水・防風フィルムをラミネート。装飾を削ぎ落としたすっ きりとしたデザインも魅力だ。
コート6万2000円、ジャケット4万円、シャツ1万3000円、タイ9000円、セットアップパンツ2万円、ブリーフバッグ3万4000円/すべてマッキントッシュ フィロソフィー(SANYO SHOKAI カスタマーサポート)


「ソロテックス®」とコットンの混紡素材ゆえ、一年を通して使い勝手の良い1着。グレンチェックの裏地がさり気ないアクセントに。1万7500円/ナノ・ユニバース(同・カスタマーサービス)


「ソロテックス®」に吸湿発熱素材「サンバーナー」を組み合わせた多機能快適素材を中綿に使用。独特な光沢があり、風合いが滑らかな表地も特徴だ。3万6000円/メンズビギ(同)

 


もう一つの旬はスポーティな「フード付き」デザイン

BIZスタイルでフード付きアウターを取り入れるなら、シンプルなデザインであるのが条件。洗練された都会的な印象を与えられる。

フード付きなら装いのファッション性も高まる

シームレステープ加工により、クリーンなルックスに仕上げた1着。素材は耐水圧20,000㎜のウール混紡糸を使用した「ルミレット®ウール2.5L」。ウールの上品な素材感をキープしながら、耐水・透湿・防風などの高機能も実現している。
フード付きコート4万6000円/デサント ポーズ(デサント ブラン 代官山)、スーツ10万8000円/サンタニエッロ(バインド ピーアール)、シャツ2万3000円/ドレイクス(同・銀座店)、タイ1万5700円/ブリューワー(シップス 渋谷店)、メガネ6万4000円/10 アイヴァン(アイヴァンPR)、その他スタイリスト私物


表地に強度の高いナイロン、裏地に軽くしなやかなリップストップナイロンというゴアテックスの2層構造。シワ が出にくいのも◎。4万2000円/ザ・ノース・フェイス(同・スタンダード)


イギリス軍のショート丈メルトンパーカをロング丈にアレンジ。軽量ながらも重厚感あるリッチな風合いも特徴だ。クリーンなルックスもMHLらしい。4万7000円/MHL(アングローバル)

 

« 一覧