2018.12.26 Wed UPDATE FASHION

アラウンド10万円で探す本格時計、セイコー、ティソ、シチズンetc.

アラウンド10万円で探す「初めての本格時計」

颯爽とスマートに、日々を楽しんで生きる大人に“本格時計”は必要不可欠だ。その目安として提案したいのが、“アラウンド10万円”。なにも本格=高級銘柄とは限らない。コストパフォーマンス抜群の傑作&名作を、注目カテゴリー別に紹介しよう。

SEIKO PROSPEX
セイコー プロスペックス
90,000円

1968年に発表され、植村直己のエベレスト登頂で使用された名作ダイバーズをリファイン。200m防水の本格機械式モデル。[SBDC063](セイコーウオッチ お客様相談室)


上品さとスポーティさを兼備した「ブラックダイバーズ」

防水性や堅牢性など、実用的ハイスペックと汎用性に優れる配色が融合した、究極のデイリーウオッチだ。

“アラウンド10万円”は本格時計選びの新基準
“30代”は仕事でも私生活でも躍進や転機の可能性が広がり、人生のなかでとりわけ重要なタームだ。その真っ只中、多くのチャンスを目の前にして、“装備”に抜かりがあってはならない。この場合の装備とは、普段身につけるモノのこと。上質かつ堅実な本物を使いこなしてこそ、人生の夏は輝き、豊かになる。そんな、大人の男に欠かせない必需品の筆頭が腕時計だ。どんなに洗練されたファッションでも腕元が冴えなければ台無し。逆に、多少ラフな格好でも時計さえよければ品格が保てる。だから1本でいい、長く付き合える自分だけの本格時計を手に入れるのが賢明だ。というと、なんとなく無理して高額な機種を狙わなければと思いがちだが、それは早計。10万円前後の現実的な価格帯でも機能やデザインの優れた時計が数多く揃い、ライフスタイルや用途に沿って選べば、いわゆる“高級時計”に勝るとも劣らない満足が得られるのだ。時計を“本格”たらしめるものは価格ではなく、あくまで実力。身の丈に合った本格時計は周囲の好感度も高く、精彩を放つ。

TISSOT
ティソ
80,000円

’50年代から続く名作が最新技術で進化。連続駆動時間最長80時間の自動巻きムーブを搭載し、防水性能は300m。[T120.407.17.051.00](ティソ/スウォッチ グループ ジャパン)

 


ブラックダイバーズの魅力は衒いのない、精悍な機能美
ところで今、“アラウンド10万円”で勢いがあるのがダイバーズ。近年ウオッチシーンを席巻したミニマルテイストのシンプル3針ブームが落ち着きを見せつつあるなか、コストパフォーマンスに長けたダイバーズウオッチが矢継ぎ早にデビューし、活況だ。その理由は、ダイバーズならではの構造や機能性にある。一般にダイバーズは夏向きの特殊なスポーツモデルと思われがちだが、潜水という過酷な状況に対応するための防水性や視認性、操作性など、時計本来の基本的なクオリティが高いため普段使いにも好適なのだ。さらに、潜水装備という役割に徹した機能性重視のデザインは無駄や隙がなく、“ベーシックの極み”。カジュアルからスーツスタイルまでそつなくなじむ。とりわけ、ブラック基調のモデルはダイバーズ本来のストイックな指向がより明快かつスタイリッシュに高められ、汎用性も抜群だ。〈ティソ〉〈シチズン〉〈リップ〉など、長きに渡り時計専門ブランドとして実績を重ねた強豪の新作は、いずれも本格の名にふさわしい、普遍的な魅力にあふれている。

LIP
リップ
74,000円

[写真上]フランスの国民的時計ブランドによるダイバーズは、回転式のインナーベゼルを用いたシンプル顔。デイト機能も搭載。自動巻き。20気圧防水。[LP671505](DKSHジャパン)

 

CITIZEN
シチズン
68,000円

[写真下]ケース側面の9時位置に水圧センサーを搭載し、最大70mまでの潜水深度が計測可能な「プロマスター」。200m潜水用防水。[BN2036-14E](シチズンお客様時計相談室)

« 一覧