2019.03.26 Tue UPDATE FASHION

新生活前に学ぶ!“好印象ビズ”着まわし術-後編-

昨日に続いて、好印象なビズスタイルの着まわしサンプルをお届け。かっちりしたスーツスタイルと、少しカジュアルなジャケパンスタイルをミックスした1週間コーデをお届けする。4月からの社会人生活に役立つコーディネイトテクニックを、ここでチェックしておこう。

 

新生活前に学ぶ!“好印象ビズ”着まわし術-前編-

ビズスタイルを今っぽくできる! シャツ&ネクタイ アップデート術

20・30・40代「世代別」で比べる、デキる男のオンオフスタイリング

 

 

着まわしのベースはこの10アイテム

A ネイビースリーピーススーツ

ジャケットを脱いでも様になるスリーピースをセレクト。伸縮性に優れたジャージィ素材を用いており着心地も抜群。5万7000円/リーセンシィ オブマイン アバハウス(アバハウス 原宿)

 

B グレーセットアップ

防シワや撥水などを備えたレダ社のATTO素材を用い、単品使いしやすい上下。ジャケット2万9000円、セットアップパンツ1万3800円/ともにユニバーサル ランゲージ(同・渋谷店)

 

C ネイビージャケット

ロロ・ピアーナ社の「シルクエアー」製。同色であしらったオーバーペーンが、洒脱な着こなしへと導いてくれる。6万8000円/マルティナ・バルレッタ(フレッドシーガル カスタマー)

 

D ベージュチノ

ビズスタイルで選ぶべきチノパンは、きちんと感のあるクリース入りが鉄則。こちらは伸縮性も備えているのではき心地も抜群だ。1万1000円/エトネ(ザ・スーツカンパニー 新宿本店)

 

E 白シャツ

どんなビズスタイルにもマッチする白シャツは、ワードローブには欠かせないアイテム。ブリティッシュ流行りの今季は、ワイドカラーが気分だ。2万3000円/ドレイクス(同・銀座店)

 

F サックスブルーシャツ

白シャツに並ぶ着まわし力を誇るサックスブルーシャツ。清潔感や爽やかさ、誠実さをアピールするのに打ってつけだ。同時にこなれ感も演出できる。3万9000円/フィナモレ(アマン)

 

G ストライプシャツ

ビズスタイルを洒脱な印象へと導けるロンドンストライプのシャツ。なかでもオススメは、主張控えめで合わせやすいサックスブルーだ。1万1000円/クロス クローゼット(スタイレム)

 

H ソリッドタイ

ソリッドタイのなかでも特に使えるのがネイビーだ。織りに表情があるものだと無地シャツとの合わせも寂しく見えず、印象的なVゾーンに仕上がる。2万円/ドレイクス(同・銀座店)

 

I レジメンタルタイ

レジメンタルタイというとブルー系をセレクトしがちだが、大人っぽさや季節感を演出するならトレンドカラーのブラウン系がイチ押し。4800円/ザ・スーツカンパニー(同・新宿本店)

 

J 小紋タイ

誠実で落ち着いた印象を与えるボルドーの小紋タイは、白やブルー系シャツと好相性。汎用性も重視するなら、赤みが控えめ
なものがいい。7000円/フェアファクス(同・コレクティブ)

 

DAY1 月曜日

 

B+G+I

誠実さとやる気を醸す強印象Vゾーンでいざプレゼンへ

シャツもタイもストライプを選んでいるが、ピッチ幅を変えるとうるさく見えることなく、Vゾーンにメリハリが生まれる。また、グレー×サックスブルーに落ち着いたブラウンを挿し、頼もしい印象を与えられるのも特筆すべき点。

シューズ6万9000円/ジョセフ チーニー(ブリティッシュメイド 銀座店)、時計2万5000円/ウィリアムエル1985(エイチエムエスウォッチストア 表参道)、チーフ4000円/フェアファクス(同・コレクティブ)、その他スタイリスト私物

 

DAY2 火曜日

B+G+H

グレー×ブルーの定番配色で好印象を狙う

品のあるグレーのセットアップをブルー系Vゾーンで誠実かつ爽やかに。ロンドンストライプシャツをセレクトすることで、適度な洒落感を漂わせることにも成功している。ブローフレームのメガネで知的な印象もプラス。

メガネ3万5000円/フォーナインズ(同)、時計14万5000円/ユンハンス(ユーロパッション)、バッグ5万2000円/エンゲージメント(キヨモト NC事業部)、チーフはday1と同じ

 

DAY3 水曜日

A+F+J

ベストがあれば、ジャケットを脱いでも大人の貫禄は健在

デスクワーク中心の水曜日は、ジャケットを脱いでも様になり仕事もはかどるスリーピーススーツが活躍する。ブルー系の合わせにボルドーの小紋タイを効かせれば、きちんと感がありながらも洒脱な雰囲気を醸し出す。

時計はDay1と同じ、その他スタイリスト私物

 

DAY4 木曜日

B+D+E+I

旬のブラウンを効かせたジャケパンコーデで日帰り出張へ

セットアップのジャケットのみを使用してジャケパンスタイルを構成。グレー×ベージュのカラーリングも新鮮だ。レジメンタルタイを挿すことで、ともすると寂しく見える無地合わせに存在感とメリハリを持たせている。

コート4万9000円/ラベンハム(ともにブリティッシュメイド 銀座店)、バッグ5万4000円/エルゴポック(キヨモト NC事業部)、シューズはDay1と同じ

 

DAY5 金曜日

B+C+G+H

仕事後のデートには柄合わせとチーフで遊びを加味した装いで

爽やかで清潔感あるブルー系をメインカラーに、女子ウケも意識したジャケパンコーデ。オーバーペーンとロンドンストライプの異なる柄のスタイリングを、ネイビーのソリッドタイが絶妙に引き締める。あえてラフに挿したチーフで、着こなしに華やかさもプラス。

チーフはDay1、時計はDay2と同じ、その他スタイリスト私物

 

 

SHOP LIST

アバハウス原宿☎03-5466-5700

アマン☎03-6805-0527

エイチエムエスウォッチストア表参道☎03-6438-9321

キヨモト NC事業部☎03-5843-9011

グローブスペックス エージェント☎03-5459-8326

ザ・スーツカンパニー 新宿本店☎03-3226-3319

スタイレム☎03-5770-5274

ドレイクス銀座店☎03-6263-9955

フェアファクス コレクティブ☎03-3497-1281

フォーナインズ☎03-5797-2249

ブリティッシュメイド銀座店☎03-6263-9955

フレッドシーガル カスタマー☎03-5573-4747

ユーロパッション☎03-5295-0411

ユニバーサル ランゲージ渋谷店☎03-3406-1515

 

Photo: MASAYUKI SHIMIZU[mili](Model), TAKEHIRO HAYAKAWA(Item)

Styling: TATSUHITO YONAMINE

Hair&Make: MASAYUKI[THE VOICE]

Model: RICARDO

Text: KYOKO CHIKAMA

« 一覧