2018.02.27 Tue UPDATE FASHION

今買うなら絶対このブランド!【前編】 俺に似合う「メガネ」の選び方 ~第4回~

自分に似合うアイウエアの選び方を指南する連載第4回。今回は、購入する上で気になるブランドにフィーチャー。よく耳にする人気ブランドから、ハイブランドのデザイナーが手掛ける本格派まで、幅広く紹介する。

Photo : MITSUO KIJIMA(model),MASAHIKO YOSHIDA(item)[M-focus]/Styling : YOSHIKI ARAKI[THE Voice]/Text : SATOSHI YAMASAKI[04]

 

カラーレンズは何色が正解?俺に似合う「メガネ」の選び方 第2回

顔型の悩みを5タイプに分類! 俺に似合う「メガネ」の選び方 第3回

 

今狙うべき
Brand 5
とその特長

 

EYEVAN 7285
アイヴァン 7285

かつての名ブランドの血脈を受け継ぐ

1972年に誕生した〈アイヴァン〉のクラフツマンシップを引き継ぎ、2013年に始動。40年前のデザインソースや新たなモチーフがプロダクトの着想源に。

工具からヒントを得た1本。細身ながら立体感のある風貌が◎。4万8000円(アイヴァン 7285トウキョウ)

 

 

ayame
アヤメ

時代に流されない良質な作品を発信

今泉 悠氏が指揮を執る2010年創設のジャパンブランド。温故知新を揺るぎないキーワードに据え、いつの時代も色褪せない質の高いアイウエアを展開。

フレンチヴィンテージがモチーフとなるウエリントン。8mmの肉厚な生地を使用している。3万3000円(アヤメ)

 

 

OLIVER PEOPLES
オリバーピープルズ

米国を代表する超人気ブランド

ハリウッドで1987年に創業。ヴィンテージテイストを十八番としており、1920年代~1940年代のアイウエアをベースに、現代の要素を巧妙に汲み入れる。

1988年発表の「MP-3」を今日的に昇華してリバイバル。3万6000円(オリバーピープルズ 東京ギャラリー)

 

 

tomas maier
トーマス・マイヤー

イーストコーストの雰囲気を宿す

〈ボッテガ・ヴェネタ〉でも手腕を振るうドイツ出身のデザイナー、トーマス・マイヤーが手掛けるブランド。東海岸のムードをまとったデザインが印象的。

シートメタルをアセテートで挟んだ異素材コンビ。差別化を狙える1本だ。4万3000円(コンティニュエ)

 

 

HAKUSAN MEGANE
ハクサン メガネ

アイウエアシーンを牽引する老舗

1883年創業の白山眼鏡店。デザインしすぎないことを基本コンセプトに、掛ける人に自然と馴染むアイウエアを生み出す。アイウェア業界の雄。

レトロ感漂うオクタゴン型。天地幅を広く取っているのも印象的だ。2万9000円(白山眼鏡店WALLS)

 

« 一覧