2018.03.10 Sat UPDATE LIFE

目利きが選ぶ日用品 第1回ー家でも使えるアウトドアグッズー

日々の暮らしの中ではできるだけ“お気に入り”の上質なものを使いたい。ただ、それを見つけるのはなかなか大変なこと。そこで各ジャンルの目利き17人にリサーチ。大人がぜひ手に取りたいこだわりの逸品がここにある。

Photo : YUICHI SUGITA[POLYVALENT]/Styling : TAKUYA RAITA、YOSHIKI ARAKI[The VOICE]、Text : TETSU TAKASUGA、SATOSHI YAMAZAKI[04]

 

 

CAMP on PARADE
水山裕文さんが選ぶ
家でも使えるアウトドアグッズ

 


Profile

CAMP on PARADE

水山裕文さん

東京・馬喰町にあるアウトドアショップ「CAMP on PARADE」のオーナー。オリジナルのキャンプグッズやヴィンテージのアウトドアギアなど、ここでしか手に入らないアイテムをラインナップしており熱い支持を受けている。

 

 

(テーブルと椅子)

OUTDOORBOX
made for CAMP on PARADE
テーブル&チェアー

高級感あふれるウォールナット素材のフォールディングチェアとロールトップテーブル。どちらも折りたたみ可能なのでコンパクトに持ち運べる。「チェアは、日本のキャンプ、日本人の体格に合うものを求めて工夫しました。焚き火のそばでも食事の時でも、自宅でも使いやすく、立ち上がりやすいように。テーブルも高さとデザインをぴったり調整しています」 チェア2万7000円、テーブル5万4000円/アウトドアボックス フォー キャンプ オン パレード(キャンプ オン パレード)

 

(テーブル上のタンク)

SANSONE
ウォータージャグ

メタリックな質感が雰囲気を盛り上げてくれるウォータージャグ。「キャンプで使うジャグは、ピクニックとは違って保冷能力は関係ないし、大きすぎても重いだけ。その点、このジャグは、ほど良い大きさ、綺麗なデザイン、仕上げの質感、全部が高い水準です。本当はイタリアではオリーブオイルのタンクとして使われています」 9000円/サンソネ(キャンプ オン パレード)

 

(テーブル上のボウル)

foot of the mountain
ウォールナットボウル

様々な用途に使えるボウル。シックで温かみのある風合いのウォールナットを使用している。「貴重な分厚い一枚のウォールナットからくりぬいたボウルです。やっぱり、ウォールナットの質感は美しい。なんの継ぎ目もない。意外と軽いのもウォールナットの特徴。家でもそのまま使えます」 大:8500円、小:7000円/フット オブ ザ マウンテン(キャンプ オン パレード)

 

(テーブル上の皿)

foot on the mountain

アウトドアに似合うだけでなく普段の食卓にも温かみを加えてくれるウッドのプレート。富山県で無垢の木材を使用。「ウォールナットのボウルに合うシンプルで美しい皿を作ってもらいました。収納もしやすく見た目もすっきりしたデザインが魅力です。ウォールナットの質感を存分に楽しめます」 大:6200円、小:4500円/フット オブ ザ マウンテン(キャンプ オン パレード)

 

(椅子の奥の小さなテーブル)

CAMP on PARADE
ミニテーブル

脚をペグのように地面に打ち込んで板を挟むだけで完成するアウトドアテーブルの名品、Fテーブルを室内でも使えるように台座付きにアレンジ。美しいフォルムをそのまま家で楽しめる。「ソファーの脇でコップとちょっとしたお菓子を置くのに最適。キャンプの時はそのまま外に持ち出して、焚き火のそばで使いたい」 5000円/キャンプ オン パレード(同)

 

(テーブル上のランプ)

PIGEON
ランプ

19世紀半ば過ぎにパリで生まれ、その後、50年以上も一世を風靡したピジョンランプ。蚤の市で探してきたヴィンテージで100年以上前のものだが、実際にキャンプでも使えるコンディションだ。「丸みを帯びた優美なデザイン、高い実用性、そして明るすぎないちょっとした灯。今でも使えるように芯が動く状態にしています」 1万2000円/ピジョン(キャンプ オン パレード)

 

キャンプ オン パレード☎03-5829-9375

« 一覧