2018.06.10 Sun UPDATE FASHION

大人っぽく履けるサンダルを教えて下さい?etc…。夏のサンダル&スニーカーQ&A

今季気になるサンダル&スニーカーの選び方や合わせ方について解説していこう。

 

Q.旬のワイドパンツに合うスニーカーとサンダルは?
A.スニーカーは注目のスケート調、サンダルはグルカ型がオススメです


Right
ポイントはパンツのボリュームとのバランス。肌の露出が多いサンダルでは、どうしてもボリューム負けしてしまう。そこで選びたいのが足全体をカバーしつつ、肌がのぞくグルカ型。シューズ感覚で履けるのもうれしい。

サンダル3万2000円/ジャラン スリウァヤ(バーニッシュ)、スイングトップ3万5000円/カイコー(スタジオ ファブワーク)、ポロシャツ7000円/チャリアンドコー×ビームスT(ビームスT 原宿)、パンツ2万8000円/ロンハーマン(同)

 

Left
今季は’90年代を意識した、スケートシューズとのコンビがマッチ。より今年らしく見せるなら、ワイドパンツはテーパードがかかったデザインを、シューズはボリュームを抑えたフラットなタイプを選ぶと効果的だ。

スニーカー7500円/ヴァンズ(同・ジャパン)、スウェット1万9000円/アー・ペー・セー(同・カスタマーサービス)、ジーンズ1万8000円/テクスチャーウィーメイド(14 ショールーム)

 

 

Q.蛍光色を使った’90 年代調スニーカーの合わせ方が知りたいです
A.他をモノトーンでまとめると好バランスです


部分的に蛍光色をセットしたスニーカーは、この春多く見かけるアイテム。着こなすポイントは、あくまでアクセントとして捉えること。他をブラックやホワイトのモノトーンカラーでまとめれば、自然と足元が引き立ってくる。

スニーカー1万5000円/ディアドラ(ディーエムアール)、ブルゾン5万5000円/ジョン エリオット(同・サザビーリーグ)、Tシャツ1万1000円/サヴィー(スリー)、パンツ3万2000円/ポートヴェル(スタジオ ファブワーク)、ソックスはスタイリスト私物

 

 

Q.サンダル×ソックスの組み合わせ方が分かりません
A.色を合わせて統一感を持たせましょう


白ソックスは足元が浮きがちでコーデが難しいため、サンダルとの同系色で統一感を持たせたい。サンダル1万3000円/テバ(デッカーズジャパン)、ソックス2500円/MHL(アングローバル)、パンツ1万7000円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント)

 

 

Q.大人っぽく履けるサンダルを教えて下さい
A.オープントゥのレザーサンダルが最適です


ツマ先の先端部分が開いたオープントゥタイプなら、サンダルのウィークポイントであるラフさをほど良く緩和してくれるので、大人っぽい着こなしでもカジュアルすぎない。スリッポン感覚で履けて、さらに肌の見え方も理想的だ。

サンダル1万3800円/ドン ペペ(スタジオ ファブワーク)、シャツ1万8000円/イエスタデイズ トゥモロー(ベンダー)、パンツ4万2000円/08サーカス(08ブック)、ベルト2700円/エンハーモニック タヴァーン(スタジオ ファブワーク)

 

 

Q.長時間履いても疲れないサンダルは?
A.リカバリーサンダルが快適です


運動後に履くことで、足への負荷を抑えたリラックス状態を作り出して疲労回復を促すのが、リカバリーサンダルの特長。衝撃吸収性も非常に高く、長時間履いていても疲れず快適そのもの。(右)足型にフィットするPRFRMテクノロジーをフットベッドに採用。7500円/コロンビア モントレイル(コロンビアスポーツウェアジャパン)、(中)解剖学に基づいた流線型のフォルムが特徴。4800円/テリック(ドウシシャ お客様相談室)、(左)独自のオーバーサイズミッドソールが抜群のクッション性を生む。8000円/ホカ オネオネ™(デッカーズジャパン)

 

 

Q.ショーツのタイプ別に合うサンダルを教えて下さい
A.上品タイプならワイドストラップ型、カジュアルタイプならスポーツ型が好相性です


コットンはもちろん、コーデュロイやベロアなどのカジュアルタイプのショーツは、その軽快な素材感を活かしたい。となれば足元は同じく軽さを演出できるスポーツサンダルが最適。柄入りのモデルなら、アクセント効果も見込める。

サンダル7800円/シャカ(ブルームーン カンパニー)、ショーツ1万円/パターソン、パーカ2万3000円/デス・トゥー・テニス(ともにアメリカンラグ シー 新宿フラッグス店)、Tシャツ1万2000円/ラッド バイ デミリー(同・サザビーリーグ)

 


今シーズン多くリリースされているスラックス調の上品ショーツは、大人の夏コーデにうってつけ。そこで合わせたいサンダルは、上質なレザーを用いたワイドストラップタイプ。品の良さを残しながら、こなれた雰囲気にまとまる。

サンダル7000円/ビカーシ(ラヤン)、ショーツ1万5000円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント)、ブルゾン3万8000円/ユナイタス(スタディショールーム)、カットソー2万2000円/メスラドサイジー(シック)

 

« 一覧