2018.11.04 Sun UPDATE FASHION

メンズファッション業界ではドロップショルダージャケットが最旬

2018の冬のジャケットは
[ドロップショルダー] が今っぽい

ゆるっと肩のラインが落ちたドロップショルダージャケットは、佇まいに今っぽいリラックス感を出せるのがメリット。カットソーレイヤードとの相性も抜群だ。

 

2018年冬 テーラードジャケット新調するなら”暗めのチェック柄”がオススメ

 

 

salvy;
サヴィー

[写真左]低密度で織った後に縮絨を掛けたフランネル地は風合い豊かなうえに保温性・弾力性に富む。さらに、後ろ身頃のラグラン線のみで剥ぎ目を作ったここ独自の変則パターンで心地良い着用感を生み出した。4万円/サヴィー(スリー)

 

SOPHNET.
ソフネット

[写真中央]ドロップショルダーを始め、幅広の身幅、長めの着丈などリラクシングな仕立てが光る。斬新なバンダナ柄の裏地はシンサレート素材で保温性良好だ。袖裏も同じくバンダナ柄ゆえロールアップも良手。6万円/ソフネット(ソフ)

 

URU
ウル

[写真右]ブランドの定番となっている一枚仕立てジャケット。伸縮性に長けたジャージィボディなので、コンフォートな着心地だ。ネップ混生地ならではの奥深いニュアンスも大きなポイントに。4万円/ウル(スタジオ ファブワーク)

« 一覧