2018.12.07 Fri UPDATE FASHION

ダウンジャケットはワイルドに着こなすか?クリーンに着こなすか、冬の二択

今季的なダウンの選び方や着こなし方を指南。特にMJらしく、シンプルで男らしく装うなら、“クリーン”or“ワイルド”の2択で攻めるのが正解!
ここではダウンパックやフード付きのダウンの着こなしをひも解いて解説する。

クリーンorワイルド? ダウンの選び方、着こなし方を解説

ダウンパック


クリーン(パックなし)
フラットなダウンなら、クリーンですっきり!

ダウンパックによる表生地のステッチがないモデルがコチラ。いい意味でダウンらしくない、すっきりとしたフラットなデザインはクリーンなスタイルに打って付け。装いではジーンズでシンプルに。
ダウン4万9500円/ナンガ(同)、シャツ1万8000円/トラディショナル ウェザーウェア(同・青山メンズ店)、ジーンズ1万9000円/リディアル(カイタックインターナショナル)

ワイルド(パックあり)
存在感のある凹凸を活かし、ワイルドに雄々しく!

ダウン特有の凹凸感を醸し出すパックありがコレ。その存在感に合わせて、コーディネイトではワイルドに。男らしくボトムスにミリタリーパンツを合わせながら、インナーはニット一枚でさらりと。
ダウン14万8000円/アズテック マウンテン(スプレンダーズ ギンザ シックス)、ニット3万5000円/マックリッチー(ティンク)、パンツ3万2000円/ホワイトマウンテニアリング(同)

フード


クリーン(フードあり)
ボリュミィな首周りで主張するシンプルクリーン

フード付きダウンが持つ首周りのボリューム。一見、野暮ったさも感じさせるデザインだが、ノルディック柄のニットを挿し、より首元を主張することで、シンプルでクリーンな装いにアクセントを加味。
ダウン8万8000円/ウールリッチ(同・カスタマーサービス)、ニット7900円/ティーケータケオキクチ(同)、パンツ2万9000円/ベルヴィッチ(ビームス ハウス 丸の内)

ワイルド(フードなし)
グラデーションで魅せるワイルドスタイル

ライトブラウンのダウンからベージュのシャツ、白のTシャツとグラデーションを効かせた重ね着で、上級者のアメカジスタイルを構築。フードがないダウンで首周りをすっきりとさせたこなれ感も秀逸。
ダウン9万円/ノンネイティブ(ベンダー名古屋)、シャツ2万9000円/マイシンクス(RHC ロンハーマン)、Tシャツ1万2800円[2枚パック価格]/ヒステリックグラマー(同)、ジーンズ2万円/ファクトタム(同・プレスルーム)

« 一覧