2018.12.19 Wed UPDATE FASHION

ダウンジャケットは着丈とシルエットが”カギ” 上品にも新鮮にも魅せれる

今季的なダウンの選び方や着こなし方を指南。特にMJらしく、シンプルで男らしく装うなら、“クリーン”or“ワイルド”の2択で攻めるのが正解!
ここでは着丈別、シルエット別で着こなしを解説しよう。

クリーンorワイルド? カラーと素材でセレクトするダウンの選び方

ダウンジャケットはワイルドに着こなすか?クリーンに着こなすか、冬の二択

2018年冬 ダウンジャケットの着こなしの2択!クリーンか?ワイルドか?

着丈


クリーン(ショート)
アーバンアウトドアの代名詞であるショートで上品に!

数年前より人気のアーバンアウトドアスタイル。主役はもちろんショート丈ダウンで、その流れを汲みながら、よりクリーンに仕上げるのが今季的。インナーはニット&シャツの組み合わせでキマリ。
ダウン2万8000円/ティーケータケオキクチ(同)、ニット7万4000円/ジョンストンズ(リーミルズ エージェンシー)、シャツ1万3000円/バイオレット バッファロー ワロウズ(ドレステリア 銀座店)、ジーンズ1万8000円/サンディニスタ(トゥー・ステップ)

ワイルド(ロング)
ミリタリーアウターを彷彿とするロングで精悍に!

N-3Bなどに代表されるロング丈ダウンといえば、このモデルのようなミリタリーテイストが多数。であれば、ワイルドに着こなすのが好都合。やり過ぎはNGなので、インナーはシャツで中和したい。
ダウン6万200円/A|X アルマーニ エクスチェンジ(ジョルジオ アルマーニ ジャパン)、インナーブルゾン2万6000円、シャツ1万7000円/ともにスティル バイ ハンド(スタイルデパートメント)、ジーンズ1万6000円/ファクトタム(同・プレスルーム)

シルエット


クリーン(ボリューム)
ダウンの野暮ったさをクリーンな装いで払拭する

逆に、ワイルドになりがちなボリュームのあるダウンはクリーンにメイクするのが上級テクニック。爽やかなボーダー柄のニットや品位のあるスラックスを合わせて、ダウンの野暮ったさを軽減したい。
ダウン11万円/OSC(ハリウッド ランチ マーケット)、ニット3万6000円/ジョン スメドレー(リーミルズ エージェンシー)、パンツ1万3500円/アバハウス(同・原宿)

ワイルド(フィット)
スマートなダウンこそワイルドに着こなすのが新鮮

パターンメイキングやダウン量などによってシルエットのバリエーションも豊富な今季のダウン。キレイめにまとめがちなフィット感のあるモデルこそ、あえてワイルドなアメカジに落とし込むのが吉。
ダウン4万1000円/ザ・ノース・フェイス パープルレーベル(ナナミカ マウンテン)、シャツ2万2000円/ホワイトライン(グランデッド)、カットソー8800円/ヘルスニット(ハリウッド ランチ マーケット)、ジーンズ4万2000円/リサウンド クロージング(同)

« 一覧