2017.03.31 Fri UPDATE FASHION

ガチ採点! かばんミシュラン 2017 ブリーフケース部門

かばんはファッションアイテムであると同時に道具でもあるため、選ぶ人によってさまざまな最適解があるもの。だからこそMJ読者に自信を持って勧められるかばんを探すべく、5人のファッション業界人が激論を交わした。

 

ファッション業界人がガチで採点!

選出方法
数多く集めたよりすぐりのバッグの中から5人の審査員で協議し、ベスト4を選出。さらに「デザイン性」「機能性」「素材感」の3項目をひとりにつき各10点満点で採点した。

スタイリスト
川崎英治さん
さまざまなメンズファッション誌で活躍する人気スタイリスト。もちろんかばんに対する目利きは超一流! 現在はシンプルめなデイパックを物色中。

ジャーナルスタンダード・プレス
青木志門さん
“バッグ愛”を語り出したら止まらない、バッグフリークとして業界でも一目置かれる敏腕プレス。〈ブリーフィング〉のヘルメットバッグも全色持っているツワモノ!

メンズジョーカー編集長
篠宮祐介
本誌編集長はできるだけ荷物を持たずにフットワーク軽く動くのが信条。そのためペンとメモ用紙を入れたクラッチバッグだけで取材に出ることも。

エディター/ライター
廣田俊介さん
頑丈で使い続けられるかばんが好みの人気ファッションライター。荷物の入れ替えが面倒という理由で同じレザーバッグを約8年ほど使用している。

エディター
牟田神佑介さん
ファッション誌の凄腕編集者。プレスの青木さんとかばん談義に花を咲かせつつ飲み会をすることも多いかばんマニアでガジェット系バックパックが好み。

 

3WAYブリーフケース部門
1位
BRIEFING


定番モデルにミリタリーな新色が登場

定番モデルに新色登場で注目を浴びた〈ブリーフィング〉。電車内でも邪魔にならないようにシルエットをコンパクトに仕立てた3WAYバッグ。斜めスリット採用のインナーポケットは縦横のどちらで持っても取り出しやすいように配慮されている。5万6000円/ブリーフィング(セルツリミテッド)W28×H41×D12㎝

129点/150

comments
「サイズ感もちょうど良いし、オンオフどちらも使える。新色のレンジャーグリーンはコーディネイトのアクセントにも良さそうです」(川崎)

「毎回、抜群の安定感がある仕上がりで、大好きなブランドのひとつです。手で持っても背負っても、オンでもオフでも使えるのが魅力です」(青木)

「カジュアルなコーディネイトにもマッチしそう。ミルスペック準拠のメイド・イン・USAアイテムという謳い文句にも惹かれます」(篠宮)

「人気ブランドの定番アイテムだけあって他の人とカブりやすいのが難点ですが、新色であればしばらくその心配も無さそうですね」(廣田)

「バリスティックナイロンのタフな質感はここならでは。ポケット配置も機能的ですが、もう少しだけ遊びがあるとうれしいですね」(牟田神)

 


デザインだけでなく補強を兼ねたウェビングテープや、フルオープンにできるコンパートメントの構成など、定番モデルならではの使い勝手の良さを誇る。一泊の出張旅行ならこなせる容量も魅力。

 

BEST4に入ったモデル


アッソブ

特殊ポリエステル糸をドビー織機で織り上げたコーデュラ305d素材や通常の2倍厚で施したPU加工、分厚い背面クッションなど武骨な作りがポイント。3万円/アッソブ(アンバイPR)W49×H31×D12㎝

 


トゥミ

ブリーフ、メッセンジャー、バックパックとして使えるネイビートリムの日本限定品。スキミング防止機能搭載のカード収納用ポケットなども付いている。6万円/トゥミ(同・カスタマーセンター)W40.5×H29×D12㎝

 


グレゴリー

〈グレゴリー〉のミリタリーラインから登場した3WAYブリーフ。米国特殊部隊用バッグと同じ設計思想で製造されている。2万4000円/グレゴリー(グレゴリー/サムソナイト・ジャパン)W41×H30×D15㎝

 

Photo:HIROAKI KAWATA/Styling:EIJI KAWASAKI /Text:SHUNSUKE HIROTA
 
 
 

レザートート編はコチラ>>>
 
 

リュック編はコチラ>>>

« 一覧