2017.09.27 Wed UPDATE CULTURE

「このグループに似合う曲」だと語るアリーナツアーのキックオフシングル『Route66』【EXILE THE SECOND 最新シングル】

次のツアーを考えたときこの音が頭で鳴っていた

約半年に及ぶアリーナツアーを大成功させ、グループのカラーを確立したEXILE THE SECOND。そのニューシングル『Route 66』について、今回は6人にインタビューを敢行。なお同曲は、発表されたばかりの次回のツアー「ROUTE 6・6」の幕開けを告げる1曲だ。

AKIRA「この先のツアーや等身大のSECO NDを表現した曲になりました。SH OKICHIたちが作った楽曲は、ロックン・ロールな雰囲気がありつつ、そこに染まりきらない、新ジャンルの攻めた内容です。振付師のショーン・エバリストと作ったパフォーマンスも新ジャンルです」

NESMITH「ギターが前面に出てくるロックン・ロールにプラスして、ジャンルレスな音楽がミックスされている曲ですし、パフォーマンスもジャンルレス。それがSECONDらしさだし、自分たちのスタイルを表現できた楽曲になったと思います」

今回の楽曲は、キャッチィでセクシーなギターリフに、SHOKICHI の裏声のシャウトなど、大人な遊びも随所に詰まった一曲になっている。

SHOKICHI「次のツアーに向けて、どんなテーマの曲を作ろうか……と考えたときに、この曲の音が自分の頭で鳴っていたんです」

そこまで確信を持って楽曲を作れたのは、「SECONDでしか表現できないものが前回のツアーで見えてきた」という経験が大きかったという。

SHOKICHI「洋服でも、その人の体型や顔立ちに似合うものがあるように、音楽にも『そのグループに似合う曲』があるんですよね。SECONDに似合うものが見つかってからは、音も作りやすくなり、アイデアも次々と出てくるようになりました。今回は歌詞でも、ナット・キング・コールの同名曲から『G et Your Kicks』という言葉を引いたりと、いろんな遊びをしています。大人だからできる遊びをするのがSECONDだし、それが自分たちのオシャレなのかなと思います」

L.A.撮影のMVには 世界的クリエイターが集う

そして今回はミュージックビデオもL.A.で撮影。制作チームにはワールドクラスの面々が集った。

黒木啓司「監督のデイヴ・メイヤーズはケンドリック・ラマーのミュージックビデオを撮っている人ですし、映画『ワイルド・スピード』のアクションチームにも参加しています」

ミュージックビデオは撮影方法も日本とはまた違うものだったという。

黒木啓司「常にアーティストを映して、顔をアップにして……という撮り方ではなく、その場のグルーヴを大事にしていました。いい絵が撮れそうなら新しいアイデアも次々と採用するし、日が落ちてきても、『夕日をバックに歩いてみよう』と新しい絵を作っていくのが面白かったです」

完成した映像を見ると、「一人ひとりのオーラを感じ取って撮影してくれたのが分かり、『自分をこう見てくれていたんだ』と感じられた」という。

黒木啓司「撮られる側としても勉強になりました。僕らは役者もしていますが、向こうの映画に出られるようになりたいと素直に思いました」

その映像は、パフォーマンスもロケーションも新しさが満載だ。

TETSUYA「ショーンがたたき台に作ってきた振付が本当にジャンルレスで、『どう踊ればいいのかな?』と面食らうくらい新しくて、かっこよかった。ドライ・レイクという砂漠のような場所で、暑さと砂埃に耐えながら撮影をしましたが、映像を見ると『なるほど』と納得できる仕上がりで。監督さんの素晴らしさが際立ったミュージックビデオになりました」

AKIRAも「今回は、海外の作り手が映し出したEXILE THE S ECONDがたっぷりと入った映像になりました」と話す。

AKIRA「一人ひとりの持つエナジーやスピード感を、デイヴに上手く引き出してもらいました。ライブ感のある撮影の中で、SECONDメンバーはいろいろな味が出ることも発見できましたし、新しいSECONDの一面を表現できたと思います」

なおシングルの曲名は『Route 66』で、ツアータイトルは『ROU TE 6・6』。ここにも遊びがある。

SHOKICHI「ツアータイトルは、『自分たち6人それぞれが進む道には、6人それぞれ
の物語がある』という意味なんです。6人は今、それぞれがプロデュースするプロジェクトを持っていて、自分がネクストレベルへ進むためのライフワークにしています。それを道に例え、その道もツアーで表現できたらと思い、このようなツアータイトルを付けまし
た」

橘ケンチ「前回のツアーを経て、さらに進化を遂げるには、個人個人がもっと大きな存在になり、それぞれの夢を具現化していかなければいけません。それをソロのコーナーで発表する……というわけではなく、エンターテインメントの形に仕上げて、ツアーに絡み合わせたいと思っています。それが僕らの理想とする『Love Dream Happi ness』 の表現方法だと思いますから」

 

明日からはメンバーひとりひとりのコメントを公開!!

 

new single 『Route66』

ツアー「ROUTE 6・6」のキックオフシングル。DVD盤には前ツアーの幕張メッセ公演の映像や、アルバム収録の最新楽曲パフォーマンス映像などを収録。
4104円(CD+DVD)、1080円(CD)ほか
rhythm zone
9月27日発売

 

EX ILE THE SECOND
2007年に二代目 J Soul Brothersとして活動開始し、2009年に全員がEXILEに加入。その後THE SECOND from EXILE名義で活動し、昨年EXILE THE SECONDに改名。同年9月にEXILE AKIRAが加入した。10月からEX ILE THE SECOND LIVE TOUR 2017- 2018 “ROUTE 6・6” を行う。

公式HP

Photo:DAISHI SAITO
Styling:jumbo (speedwheels)
Hair&Make:CHIE(H.M.C) [for KEIJI,EXILE TETSUYA] AKEMI MIZUNO(H.M.C) [for KENCH,EXILE AKIRA] TOSHIYASU OKI [for EXILE NESMITH / EXILE SHOKICHI] Intereview&Text:SEIICHIRO FURUSAWA

 

 

« 一覧