2017.12.20 Wed UPDATE CULTURE

秋元康プロデュースの新生アイドル「ラストアイドル」が、12月20日発売のデビューシングル『バンドワゴン』を語る!

秋元康が総合プロデュースを務めるオーディション番組「ラストアイドル」から誕生し、その番組タイトルをグループ名に冠した前代未聞のアイドルグループ「ラストアイドル」。メンズジョーカープレミアムでは、12月20日に正式デビューを飾る彼女らと、記念すべきデビューシングル『バンドワゴン』に注目!

 

そもそも『ラストアイドル』って何?

オーディションで選ばれた7人の暫定メンバーが挑戦者と毎回メンバー入れ替えバトルを行い、“最終的に勝ち残ったメンバーが秋元康プロデュースのもと、「ラストアイドル」としてメジャーデビューする”という、たった7つの椅子をめぐり、女たちが己の人生をかけて挑む前代未聞のアイドルオーディション番組(テレビ朝日系列、毎週土曜深夜0時05分~※一部地域を除く)だ。現役アイドルも続々と参戦して繰り広げられる、緊張感みなぎる直接対決と、そこから生まれる予想外のドラマが注目を集めている同番組だが、遂に12月17日放送のラストバトルにて7名の「ラストアイドル」メンバーが決定!

今回は12月20日に、そんな彼女らのデビューシングル『バンドワゴン』がリリースされることを記念し、この曲の聴きどころから各メンバーのキャラクターまで、まだ読者諸君は知らないであろう「ラストアイドル」の魅力に迫るインタビューを決行! 『バンドワゴン』の魅力を彼女ら自身に語ってもらった。

 

——まずはデビューが決まった今の心境を、メンバーを代表して、阿部さんにお訊きします。

阿部菜々実(以下:阿部) 「“ラストアイドルになりたい”という夢は叶いましたが、今でも実感がなくて……決まった瞬間も何が起こったか、あまり理解できなかったくらいで。でも、こうして夢に一歩近づけたっていうのは純粋に嬉しいです!」

 

——皆さんのデビュー曲となる『バンドワゴン』ですが、こちらはどんな曲ですか?

阿部 「誰にでも当てはまるような歌詞がたくさん散りばめられていて、夢を追いかけている人たちを応援する! そんな曲です。デビュー前は自分らに対しての応援ソングでしたが、デビューが決まった今は、誰かのために歌う応援ソングなんだって感じるようになりました。」

吉崎 綾(以下:吉崎) 「夢を持っているすべての人が共感できる歌詞とメロディで、すごく心に響くんですよ。

長月 翠(以下:長月) 「心の中というか核心をすごく突いてくるんだよね。」

安田愛里(以下:安田) 「ほんとに私たちが思っていることをそのまま表現しています!」

大石夏摘(以下:大石) 「まさに自分自身のことを歌っているような曲ですごく好き♡」

 

——作詞はもちろん秋元 康さんですよね、この曲の中からそれぞれの好きなフレーズを教えてください。

鈴木遥夏(以下:鈴木) 「私は1番の“僕がほしいものとは? 決して譲れないものだ”という部分。対決をしている時に、このフレーズはまさに今の自分だなって感じました。あとは2番の“手を伸ばして諦めて”も好きです。2番は私たちの心情が込められているかのような言葉ばっかりで、ファンの皆さんにもこの想いが伝わるとイイなって思います。」

古賀哉子(以下:古賀) 「2番の歌詞だと、“夢なんか見なければ 傷つかないのに… 夢を見なきゃ 生きられない”という部分はメンバーみんなが気に入っているフレーズですね。私自身もこのフレーズを歌う内に、夢を持つことの大事さに改めて気付いたし、夢は逃げないなぁって思いました。」

阿部 「私もあのフレーズはすごく心に刺さりました! 本当に自分らの置かれている状況とリンクしていて、歌っていてもたまらない気持ちになって……。」

吉崎 「番組では1番だけしか歌っていなかったから、私たち自身も最近になって2番を知ったんですよね。1番では、周りに左右されず辿り着けない夢に向かって頑張る強い意志みたいなものを表現しているんですが、2番のそこら辺のフレーズには人間らしい弱さが入ってきて、それでも夢は見続けていたい、そうしないと前に進まないんだよって。ソコはすごく共感しましたね。」

長月 「私もやっぱり2番で、サビ部分の“あの日心震えた 憧れか?……そんな 欲望だけが教えてくれる”というところが好きです。」

大石 「“Ah-”の部分って、なんか届きそうで届かない叫びのように感じられませんか? メンバーからは「ちょっと変だね」って言われるんですが、自分にとって届きそうで届かない=アイドルだったから、このフレーズが私の心に一番響きました。」

安田 「私が共感したのは“今 鏡に写ったその姿は本当になりたい自分だったか?”というフレーズです。一時期アイドルになるという気持ちを押し殺して、女優を目指して勉強していた時期があったんですが、この歌詞を読んで改めて自分の気持ちにウソをついていたんだなぁって気付いて。自分にウソをつかなきゃいけないことって、実はたくさんあると思うんですが、そんな時にはこの曲を聴いて頑張ってほしいです!」

 

 

——他の皆さんは、この曲をどんな時、またはどんな人に聴いてもらいたいですか?

阿部 「頑張っているのに報われないことってあると思いますが、諦めなければきっと何かに繋がると思うので、何かに負けそうになった時に聴いてもらえるとイイんじゃないでしょうか。」

鈴木 「私自身もラストアイドルのオーディションを受けると決めてからは、ラストアイドルという目標に向かって戦ってきたので、何かを諦めかけている人やすでに挫折してしまった人たちに、この曲を聴いてポジティブな気持ちになってほしいです。」

古賀 「夢に向かって頑張る前や、頑張っている最中、そして頑張った経験を思い出す時。常にこの曲を聴いてもらえたらと思います。」

長月 「私は番組で一度敗退しているんですが、その時に改めてこの曲に勇気づけられ、「やっぱりグループに戻りたい!」という想いで敗者復活戦に挑み、暫定メンバーへと復活したので、同じように夢を諦めそうになり、それでも頑張ろうとする人たちの力になれれば嬉しいです!」

 

——ミュージックビデオの監督が『トリック』や『ケイゾク』など数々の人気ドラマを手掛けてきた、堤幸彦さんというのもスゴイですね! 撮影時のエピソードを教えてください。

古賀 「今まで番組内で踊っていた振り付けはマイク持ちVer.だったんですけど、マイクなしVer.を教えていただいたのが実は前日で(苦笑)。そのまま練習していて寝てない子もいたりする中での早朝撮影だったのもあってすごく思い出深く、イイ経験になりました。あとダンスシーンでは足元に水が張られていて、とにかくビショビショになりました(笑)。」

長月 「あの中に3時間くらい浸かっていたもんね(笑)。スタッフの皆さんもメンバーも全員が必死にやっていたので、「ウワッ、これはヤバイな!」って感じの緊張感の中での撮影だったので、その現場の空気を画面から感じてもらえたら嬉しいです(笑)。」

 

——ありがとうございました!

 

明日からはメンバーひとりひとりについて迫る!!
要チェック(明日は阿部さん)

 

<関連記事>

秋元康プロデュースの新生アイドル「ラストアイドル」が、12月20日発売のデビューシングル『バンドワゴン』を語る!

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!! センター阿部菜々実は本当は「おとなしいんです」

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!!  吉崎 綾は「本当の自分を抑えている」!?

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!!  最年少メンバー・大石夏摘は「来年はキャラが変わるかもしれない」

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!! 安田愛里が天然すぎて、あわや…!?

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!!   長月 翠は「私は……王道アイドルキャラ!?」

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!! 鈴木遥夏は「甘えん坊!?」

秋元康氏が放つ前代未聞のアイドル「ラストアイドル」デビュー!!  古賀哉子は、まさかの“お母さんキャラ”

 

<ラストアイドル メンバーPROFILE>
阿部菜々実(15歳)
あべ・ななみ 2002年5月17日生まれ。山形県出身。立ち位置1番
@LastIdol_nana

吉崎 綾(21歳)
よしざき・あや 1996年6月3日生まれ。福岡県出身。立ち位置2番
@LastIdol_aya

大石夏摘(13歳)
おおいし・なつみ 2004年6月18日生まれ。東京都出身。立ち位置3番
@LastIdol_natsu

安田愛里(18歳)
やすだ・あいり 1999年6月24日生まれ。神奈川県出身。立ち位置4番
@LastIdol_airi

長月 翠(17歳)
ながつき・みどり 2000年5月17日生まれ。愛媛県出身。立ち位置5番
@LI_CR_midori

鈴木遥夏(14歳)
すずき・はるか 2003年6月29日生まれ。千葉県出身。立ち位置6番
@LastIdol_haru

古賀哉子(19歳)
こが・やこ 1997年12月27日生まれ。福岡県出身。立ち位置7番
@LastIdol_yako

 

「ラストアイドル」番組公式HP http://www.tv-asahi.co.jp/last-idol/
テレビ朝日「ラストアイドル」× SHOWROOM https://www.showroom-live.com/campaign/last-idol
「ラストアイドル」公式Twitter last_idol_pr

 

『バンドワゴン』
ラストアイドルの記念すべきデビューシングル。表題曲『バンドワゴン』のほか、共通カップリング曲としてラストアイドルファミリー全員参加の『ラスアイ、よろしく』を収録。さらに、各形態にそれぞれセカンドユニット「Good Tears」「シュークリームロケッツ」「Someday Somewhere」「Love Cocchi」のユニット曲とミュージックビデオを収録。WEB盤はCD1枚購入につき「個別握手会参加券」が1枚、CD3枚につき「個別撮影会参加券」が1枚付き。

 

『バンドワゴン』[初回限定盤 Type A] 付属:DVD 価格:¥1,800(税込) 品番:TYCT-39064
CD収録内容
1.バンドワゴン 2.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー 3.涙の仮面 / Good Tears 4.バンドワゴン(instrumental) 5.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー(instrumental) 6.涙の仮面 / Good Tears(instrumental)
DVD収録内容
『バンドワゴン』『涙の仮面 / Good Tears』ミュージックビデオ

『バンドワゴン』[初回限定盤 Type B] 付属:DVD 価格:¥1,800(税込) 品番:TYCT-39065
CD収録内容
1.バンドワゴン 2.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー 3.想像上のフルーツ / シュークリームロケッツ 4.バンドワゴン(instrumental) 5.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー(instrumental) 6.想像上のフルーツ / シュークリームロケッツ(instrumental)
DVD収録内容
『バンドワゴン』『想像上のフルーツ / シュークリームロケッツ』ミュージックビデオ

『バンドワゴン』[初回限定盤 Type C] 付属:DVD 価格:¥1,800(税込) 品番:TYCT-39066
CD収録内容
1.バンドワゴン 2.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー 3.Again & Again / Someday Somewhere 4.バンドワゴン(instrumental) 5.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー(instrumental) 6.Again & Again / Someday Somewhere (instrumental)
DVD収録内容
『バンドワゴン』『Again & Again / Someday Somewhere』ミュージックビデオ

『バンドワゴン』[初回限定盤 Type D] 付属:DVD 価格:¥1,800(税込) 品番:TYCT-39067
CD収録内容
1.バンドワゴン 2.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー 3.失恋乾杯 / Love Cocchiカップリング曲(タイプ別) 4.バンドワゴン(instrumental) 5.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー(instrumental) 6.失恋乾杯 / Love Cocchi カップリング曲(タイプ別)(instrumental)
DVD収録内容
『バンドワゴン』『失恋乾杯 / Love Cocchiカップリング曲(タイプ別)』ミュージックビデオ

初回限定盤封入特典:メンバー別ソロフォトカードまたはグループ撮影会参加権付グループ別フォトカード(ランダム封入)
グループ撮影会日程:2017年12月23日(都内某所)
先着特典:両面ポスター

『バンドワゴン』[WEB盤] 価格:¥1,000(税込) 品番:PROV-5015
CD収録内容
1.バンドワゴン 2.ラスアイ、よろしく / ラストアイドルファミリー
CD1枚購入につき「個別握手会参加券」が1枚、CD3枚につき「個別撮影会参加券」が1枚付き

« 一覧