2018.03.08 Thu UPDATE FASHION

10年付き合える「革サイフと革小物」。
エイジングレザーの魅力 ~第6回~

日々持ち歩く革サイフやキーホルダーなどの革小物。大切なものを入れておくのだから、それにふさわしい上質なアイテムを選びたい。また、革は長く使い続け、経年変化してこそ本来の魅力を発揮するもの。ここでは、10年付き合う価値のある逸品たちをご紹介しよう。

Photo:MITUSO KIJIMA/Styling:YUTA FUKAZAWA/Text:TETSU TAKASUKA

 

使い込んで育てて自分オリジナルに!
エイジングレザーの魅力

レザー素材ならではの特徴がエイジングによる深みのある表情。実際にこちらのビフォー・アフターを見れば、その魅力を一目でお分かりいただけるはず。年月をかけて自分だけの逸品を育て上げよう。

 

IL BISONTE
イル ビゾンテ

美しい濃淡が表れる上質なヌメ革を使用

ヌメ革を使ったスクエア型のウオレット。使い込むほどに飴色に変化し、美しい濃淡があらわれる。スナップボタン留めのフラップを開くと内側には、カード入れと札入れを備える。反対側にはコイン入れも配するなど、収納力が高いわりにコンパクトに仕上がっている。1万7000円[W9.5×H9cm]/イル ビゾンテ(ルックDC事業部)

 

 

GANZO
ガンゾ

ブライドルレザーならではの深みのある光沢が魅力

ブラウンのブライドルレザーで仕上げた2つ折ウオレット。札入れ、コイン入れ、カード入れがバランスよく配置されており使いやすい。使い込むうちに、ブライドルレザーのロウが馴染み、光沢を増していく。また、内側のレザーの色も次第に濃くなっていく。3万7000円[W11.3×H9.2×D3.2cm]/ガンゾ(同 本店)

 

 

SLOW
スロウ

最高峰の国産レザーが生み出す圧倒的な経年変化

日本で最高の技術を持つとされる栃木レザーが手がけたフルベジタブルタンニンレザーを使用。南米産のミモザの樹皮から採られたタンニン剤で丁ねいに仕上げたヌメ革は、隅々まで抜群の経年変化を見せてくれる。着脱可能なストラップが付いており、使い勝手もいい。1万9000円[W19×H8.5×D2cm]/スロウ(イノヤ)

 

« 一覧