2018.04.18 Wed UPDATE FASHION

バッグの次なるトレンド「キンチャク袋」は、大人ならレザーで。

10年付き合える「革サイフと革小物」~第12回~
日々持ち歩く革サイフやキーホルダーなどの革小物。大切なものを入れておくのだから、それにふさわしい上質なアイテムを選びたい。また、革は長く使い続け、経年変化してこそ本来の魅力を発揮するもの。ここでは、10年付き合う価値のある逸品たちをご紹介しよう。
 
【これまでの記事はコチラ】
10年付き合える「革サイフと革小物」~第11回~
10年付き合える「革サイフと革小物」~第10回~
 
 

レザークラフトのエトセトラ【巾着袋編】

ウオレットだけでなく、コインケースやスマホケースにキーホルダーと魅力的なレザーグッズが盛り沢山。生活の随所にレザーを取り入れて、愛着の湧くものを増やしていくのもいいだろう。今回は、トレンドに敏感な人々の間でひそかに流行中の巾着袋(きんちゃくぶくろ)をピックアップ。レザー製をチョイスして、周りと差を付けよう!

 

(右)

CREED
クリード

鮮やかなブルーのカウレザーで仕上げた巾着バッグ。底面がスクエアになっているので、中身の収まりがいい。1万4000円/クリード(イノヤ)

 

(中)

HOBO
ホーボー

ラフな表情が魅力のリーブカラーのスウェード素材を採用。金属製のハトメが付いているため滑りがよく、丈夫で長く愛用できる。2万1000円/ホーボー(ベンダー)

 

(左)

SunKu
サンク

シボ感のあるブラックのレザーを使った巾着バッグは、シックな着こなしにも似合う。絞り部分の開閉が滑らかで使いやすい。3万2000円/サンク(ハンクスPR)

 
 
Photo:MITUSO KIJIMA/Styling:YUTA FUKAZAWA/Text:TETSU TAKASUKA
 

« 一覧