2018.03.27 Tue UPDATE FASHION

軽さ、 耐久性、防水透湿性で差をつける1足。春のアーバンアウトドア計画「機能性たっぷりのシューズ編」#7

身に着けるものは、その持てる能力のすべてを使って人の心に作用してきます。人間たるもの、健やかなると〜きも、病めると〜きも、裸で出かけるわ〜けにも、裸足で出かけるわ〜けにもいきません。どうせ身に着けないといけないのであれば、能力の高いものにするのが賢い選択です。アウトドア系のウエアは、能力高い系の代表格。街で着用した際にも心地良さをもたらし、日々の充足感に直結します。今年の春は、ウエアだけでなく足元にもアウトドア系を導入して、もっともっと充足感を高めていきませんか。誰にも遠慮はいりません。第7回目となる本日は、<イノヴェイト>の名作を紹介します。

リラックスした履き心地で、雨の日も頼りになる! 春のアーバンアウトドア計画「機能性たっぷりのシューズ編」#6

片足なんと253g! 軽さ=速さ!! 春のアーバンアウトドア計画「機能性たっぷりのシューズ編」#5

<イノヴェイト>のロックライト 320 GTX メンズ


<イノヴェイト>のロックライト 320 GTX メンズ 1万9000円(デサントジャパンお客様相談室☎0120-46-0310)

<イノヴェイト>は、2003年にイギリスで誕生しました。イングランドとスコットランドの境界近くにあるレイクディストリクト生まれです。多くの湖と山があり、イギリスの国立公園にも指定されている場所でトレイルランナーのエディ・ウェインによって創設されました。ブランド名の欧文表記は、<inov-8>。ロゴでは、「8」の数字が足型で表現されています。innovate(=革新する)という言葉をブランドネームにしているわけですが、まさにイノヴェイティブなトレイルランニングシューズで知られたブランドです。現在ではオフロードのみならず、ロードやフィットネスのシーンにも名品を送り出しています。

「ロックライト 320 GTX メンズ」は、ブランドの起源であるオフロードのカテゴリーに属するモデル。「ロックライト」というのは、2006年に誕生して以来、多くのランナーに愛されてきたロングセラーシリーズの名称です。その軽量性やグリップ力が高く評価されてトレイルランニングだけでなくトレッキングにも使われてきました。モデル名に付いている3桁の数字は、UK8サイズ(26cm)での片足の重量を表しています。「ロックライト 320 GTX メンズ」の320gという重量に対しては、頭上に「?」が浮かんでいる人も多いと思いますので、イメージしやすいものに置き換えて考えてみましょう。<アディダス>の名作スニーカーのひとつに「スタンスミス」がありますが、これがまさに約320g。「スタンスミス」を履いて「なんて重いスニーカーなんだ!」と怒る人はいないでしょう。この例えで、320gという重量を持った靴の取り回しの良さについてはイメージしてもらえたかと思います。しかも、ミッドカットのフォルムでアッパーにケブラーを使用して耐久性を高めているのに320gですから、もはや驚異的な数値です。

なおかつ、モデル名には「GTX」の文字も入っています。ゴアテックスがアッパーに仕込まれているということです。今日は雨が降るのか、降らないのか‥‥。迷いに迷って普通の靴で出かけた挙句にしっかりと降られる。「今日こそは!」と意気込み、履き心地が良くない雨靴で出かけた挙句に降らない。どちらも本当に切ない話です。ゴアテックスを使っている「ロックライト 320 GTX メンズ」があれば、降っても降らなくても1日中快適でいられます。

見た目的には、モノトーンにオレンジを挿した配色がクールにしてポップでもあり、春らしい感じ。もうちょっとミニマルな雰囲気で履きこなしたいと願うなら、シューレースをブラックカラーのものに変更してみてもいいかもしれません。
 
 
 
Photo:TAKEHIRO HAYAKAWA
Styling:YOHEI SHIBAYAMA
Text:KIYOTO KUNIRYO(NO-TECH)

« 一覧