2018.07.06 Fri UPDATE FASHION

2018ワールドカップ版 おしゃれ&かっこいいウルグアイ代表ユニフォームをコーデに

「サッカー2018ロシアW杯(ワールドカップ)」。より一層、応援するのを楽しむためレプリカユニフォームをGETする人もいるだろう。そこでメンズジョーカーから提案。デザインも今っぽく、機能性も高いレプリカユニフォームをせっかく手にしたなら、応援するときだけではなく、普段使いしてみたらどうだろうか。ここでは、そんな各国のユニフォームのおしゃれな着こなし方をレクチャーしていく。(1回1カ国更新)

 

ロシアW杯!!日本代表ユニフォームを着こなそう!!!

さあ、W杯!日本代表ユニフォームをおしゃれに着こなして盛り上がろう

W杯をおしゃれに応援したい! 国土の特徴をデザインした鮮烈なスイス代表ユニフォームコーデ

 

威風漂う“双頭の鷲”のエンブレムが
スタイリングのなかでアクセントに

 

 

日本中を熱狂の渦に巻き込んでいるサッカーワールドカップ。優勝候補ポルトガルを破り、ベスト8に進出したウルグアイ代表のユニフォームを今日はおしゃれに着こなし。そもそもウルグアイ代表は古豪として知られ、ワールドカップ第1回大会の主催国あり、2度の優勝を誇る。今大会でもヨーロッパリーグで活躍するルイス・スアレス、エディソン・カバーニなどのスター選手を多く抱え、優勝候補のポルトガルを破ったのもまぐれではない。

今大会でウルグアイが着用するユニフォームは、伝統のスカイブルーを基調とし、ウルグアイの象徴ともいうべき『5月の太陽』ち呼ばれる太陽のイラストがグラフックとして刻まれている。シンプルながら”らしさ”あるデザインとなっている。機能面も充実し、最新のテクノロジーを駆使した冷却システムと可動性を兼備。胸のエンブレムもシンプルながら、趣を感じされるデザインなのが、なおよし。夏らしいカラーリングのこちらにマッチさせるのは、落ち着きとスタイリッシュさをプラスしてくれるモノトーンコンビで締めると都会感が醸せる。遊びとして、同系色のキャップなどを合わせるのもテクニックのひとつだ。

レプリカユニフォーム9900円、スニーカー9800円/ともにプーマ(同・お客様サービス)
ハイネックシャツ1万5000円/リトルビッグ(同)
ジーンズ1万4000円/ブルーブルージャパン(オクラ)
キャップ6000円/ヴォート メイク ニュー クローズ(HEMT PR)

 

 

 

 

 

狩野健斗ツイッター公式アカウント/@kento_kanou

狩野健斗インスタグラム公式アカウント/@kento_kanou

 

【アイテム問い合せ】

プーマ お客様サービス/0120-125-150
プーマ公式サイト

オクラ/03-3461-8511

HEMT PR/03-6721-0882

リトルビッグ/03-6407-0270

 

モデル/狩野健斗 カメラ/河野優太 スタイリング/金井尚也

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事