2018.09.10 Mon UPDATE 腕時計王

シチズンブランドアンバサダー・大坂なおみ選手が全米オープン優勝!

2018年8月からシチズンのブランドアンバサダーに就任した、プロテニスプレーヤーの大坂なおみ選手が、グランドスラム(テニスの世界四大大会)トーナメントのひとつで、毎年ニューヨークで開催される全米オープンテニス2018 に、シチズンの時計を着用して参戦し、日本人選手として初のグランドスラム シングルス優勝の快挙を見事に達成した。

シチズンは、”Better Starts Now”「どんな時であろうと『今』をスタートだと考えて行動する限り、私たちは絶えず何かをより良くしていけるのだ」をブランドステートメントとして掲げ、1918年の創業から100年もの間、革新的なテクノロジーと、マニュファクチュールとして培ってきた熟練の技能とともに、腕時計の本質と新たな可能性を追求し続けてきました。
今の自分に慢心することなく、世界のトップを見据えて常にベストを尽くす大坂選手には、シチズン時計と共通の信念があると考え、大坂なおみ選手をシチズンのブランドステートメント”Better Starts Now”を体現する象徴として、ブランドアンバサダーに起用。これまでもシチズンは、つねに切磋琢磨するアスリートたちの姿と、部品から完成時計まで自社一貫製造するマニュファクチュールとして、より良い時計を作ろうと改善を積み重ねるシチズンの姿勢とを重ね合わせ、フィギュアスケートや卓球、ラグビーなど、日本を代表し世界で挑戦する多くのアスリートを応援してきた。シチズンはこれからも、最高のプレーを求めて戦うアスリートたちを応援していくとのことだそう。

ちなみに、大坂なおみ選手が試合中に着用していた、スマートフォンとリンクするアナログ腕時計「シチズン エコ・ドライブ Bluetooth ユニセックスモデル
」も2018年9月14日に発売。大坂なおみ選手とともに、こちらのモデルも大きな話題を集めそうだ。

 
大坂なおみ選手 試合着用モデル

エコ・ドライブ Bluetooth
BZ4006-01E
2018年9月14 日(金)発売予定
8万円(税抜き)

問い合わせ
(問)シチズンお客様時計相談室 TEL:0120-78-4807

 

■シチズン時計 代表取締役社長 戸倉敏夫のコメント
「大坂選手、全米オープンテニス優勝たいへんおめでとうございます。彼女の活躍は、日本中を元気にしてくれました。彼女が15歳の時、国際大会決勝進出を果たした際に、お母さまから買ってもらったのがシチズンの時計だったそうです。そして、今回の優勝への快進撃を続ける彼女の手元に、いつもシチズンの時計があったことはたいへん感慨深く、また私達100年の歴史のなかでも輝かしい時間となりました。すでに、次を見据えている彼女をシチズンはこれからも応援していきます。」

 

■ブランドアンバサダー就任に際して大坂なおみ選手のコメント
「このたび、シチズン時計とブランドアンバサダー契約を結ぶこととなり、大変うれしく思っています。シチズンの”Better Starts Now”の精神は、プロフェッショナルなテニスプレイヤーとして、世界のトップを目指して、日々新たな挑戦を続ける私のスピリットにフィットします。これからは、シチズンの腕時計が、わたしのラッキー・アイテムとなってくれることを期待しています。これからも、よろしくお願いします。」
 

世界のトップランカーをつぎつぎに撃破し、成長をつづける大坂なおみ選手。若々しくパワフルな彼女の「いま」が、大きな「未来」につながっている。 その姿をシチズンのブランドステートメント”Better Starts Now”とリンクした表現で、さまざまなコミュニケーションを展開予定。 8月27日よりスペシャルウェブサイトを開設し、大坂なおみ選手の、シチズンのブランドアンバサダーとしての活動を発信しています。
記者会見の模様および「つぎの私が待ち遠しい」コンセプトムービーも下記のスペシャルウェブサイトで公開中です。

https://citizen.jp/about/ambassador.html

 

■大坂なおみ選手プロフィール
1997年10月16日、大阪生まれ。日本人の母親とハイチ系アメリカ人の父親を持ち、3歳の時に渡米。現在、フロリダを拠点に活動。父親の手ほどきでテニスを始め、14歳からITF大会への挑戦を開始、腕を磨く。2013年にプロへ転向。
2014年7月、WTAツアーのスタンフォード大会「バンク・オブ・ウェスト・クラシック」で初めて予選を突破し本戦出場。
2016年1月、全豪オープンテニスでグランドスラム本戦初出場を果たし、3回戦に進出。ランキングトップ100入りを果たす。その後も、全仏オープンテニス、全米オープンテニスで、3回戦進出の快挙を遂げる。
2016年10月、「東レ パン パシフィック オープンテニス」では準優勝を飾り、ランキングを40位まで上げる。 2016年のツアーで最も躍進した選手に与えられる「WTA Newcomer of the year(最優秀新人賞)」に輝く。
2018年3月、WTA ツアーのインディアンウェルズ大会「BNP パリバ・オープン」で、グランドスラムに次ぐ大会規模のプレミア・マンダトリーで日本勢初となるツアー優勝を飾り、トップ選手の仲間入りを果たす。
2018年9月、全米オープンテニスにて、グランドスラム シングルス優勝を果たす。
180cm の長身から叩き出すパワフルなサービス、破壊力抜群のフォアハンドを武器に、今後の活躍が最も期待される選手。2018年9月10日現在のWTAランキングは7位。

« 一覧