2018.11.04 Sun UPDATE FASHION

今年の人気アウターベスト10を発表!おしゃれ業界人にアンケート

今季アウターの中から”アウトドア・レザー・ミリタリー”の3カテゴリーをピックアップ。MJ読者諸君が今手に入れるべき1着を導き出す。スタイリスト、ライダー、カメラマンなどファッション業界で働く業界人に、「3大アウターの中で今欲しいのは何か?」を大調査!

1位はダウン!人気アウターベスト10を発表!!



1位
ダウンジャケット
Down Jacket

秋冬のキラーワード“防寒性”という面でも間違いなくNo.1

見事1位に輝いたのは、アウトドカテゴリーの中でも注目のダウンジャケット。昨今主流となっているオーバーシルエットの着こなしにもハマるという声が多く、防寒性という面でも支持を集めた。9万円/ノンネイティブ(ベンダー)

comment
「今季注目アイテムということもあって、久しぶりに購入したい」(荒木義樹)
「ボリューミィなアイテムなので、オーバーサイズの着こなしにもハマる」(小林大甫)
「軽くて暖かく、スポーティな空気感は最強」(橋本裕一)



2位
トレンチコート
Trench Coat

漂うダンディズム、大人にこそ似合う男のコートの定番

大人の着こなしに欠かせないコートで、唯一ランク入りしたのがミリタリー出身のコチラ。やはりオーバーシルエットで着たいという意見が多かった。12万円/サイベーシックス(マスターピースショールーム)

comment
「年齢的にも気分的にもチャレンジしたい」(紫山陽平)
「キレイめな着こなしよりも、ルーズがカジュアルスタイルとミックスしたい」(小林大甫)
「今旬のオーバーシルエットを自然に取り入れられるので」(橋本裕一)



3位
フリース
Freece Jacket

素材特有のホッコリ感が今季トレンドに合致

今年こそはと言われ続けていたが、ファーやボアなどウォーミィ素材の流行を受けて3位を獲得。せっかくならアウトドアブランド以外もチェック。1万9000円/マウンテンハードウェア(コロンビアスポーツウェアジャパン)

comment
「アウトドアブランド以外からのリリースにも注目!」(荒木義樹)
「毛足長めのモコモコした素材感は、今季のトレンドなので」(山﨑 諭)
「秋冬なのでウォーミィな素材感は気分」(TOMMY)
「アウターの中では、比較的に手頃なので」(金井尚也)



4位
スウェードジャケット
Suede Jacket

着込むほどに表情豊かに変わり、土臭さもラギッドな魅力へと転換

秋冬の定番として、あえての土臭さを着こなしにもたらすスウェード素材。基本的にブルゾンタイプが多く見受けられるが、より個性を打ち出したいならライダースも選択肢に。11万8000円/ジョン メイソン スミス(HEMT PR)

comment
「大人っぽく着られるのがコレ」(廣田俊介)
「あえて野暮ったさのあるブルゾンタイプをスラックスなんかと合わせたりしたい」(高塩崇宏)
「同じ素材でも、個体差があったりするので、選んで育てる楽しみが」(平格彦)



5位
ダブルライダース
Double Riders

シンプルな大人の着こなしにも。ロック&ルードな雰囲気を演出

ロックな印象が強く、スタイリングにおいても圧倒的な存在感を発揮するダブルタイプのライダース。さらに素材がレザーならなおのこと。大人の装いに一点投入するのがベター。13万8000円/マンド(スタジオ ファブワーク)

comment
「レザーライダース=ダブルというイメージがあるので」(國領磨人)
「シングルよりもキャラが立つダブルがイチオシ」(小林大甫)
「大人が着ている方が格好いいので、一着あってもイイかなと」(TOMMY)



6位
シェルジャケット
Shell Jacket

機能性とデザイン性を兼ね備えたモデルを見つけられるかがカギ

アウトドアカテゴリーの中でも汎用性の高さという点では随一。アウトドアからファッションブランドまで、数多くのリリースから、機能性とデザイン性を兼備したモデルを見つけ出そう。2万3000円/グラミチ(インス)

comment
「軽量でインナー使いもできるので1枚は持っていたい」(平格彦)
「ストリートブランドの’90sテイストのモノも良さげです」(TOMMY)
「機能性という言葉に男は弱いので、新しい素材が出てくると気になる」(星光彦)



7位
ダウンベスト
Down Vest

アウター/インナーともに活躍、アウトドア界の名バイプレイヤー

1位のダウンジャケットに比べるとインナー使いもできるのが強み。今ならばヘビーデューティなアメカジものより、モダナイズされた1着を。2万2000円/ビューティ&ユース(同・ユナイテッドアローズ渋谷公園通り店)

comment
「軽快で暖かいのはダウンジャケットも同様ですが、こちらの場合はインナー使いもできる」(平格彦)
「アウトドアテイストを抑えた、都会的デザインのモノが欲しい」(与那嶺龍士)
「レイヤリングにも活躍するので」(来田拓也)



8位
エムエーワン
MA-1

ストリートの定番アウター、狙うならアップデートモデルを

言わずと知れたミリタリーの定番が8位。昨今の’90sブームの流れもあり、当時のシルエットをあえて求める人も多く、最近は中綿の進化によって着心地もアップデイト。1万8000円/アヴィレックス(同・新宿)

comment
「定番中の定番ということで、デザインが出尽くした感はありますが、振り幅があるかなと」(橋本裕一)
「今なら、あえて着丈短め&アームホール太めの’90年代的シルエットのモノをセレクトしてもおもしろそう!」(柴山陽平)



9位
モッズコート
Mods Coat

ミリタリーテイストを武器に。タフに着こなせるロング丈

男らしさが強めながら、あくまでミリタリーアウターの選択肢のひとつとして、フラットに選択したいとの声多数。逆を言えば今が狙い目なのだ。5万2000円/ユニバーサル ワークス(メイデン・カンパニー)

comment
「ヴィンテージ市場でもモッズコートは枯渇気味なので、新品は狙い目です」(廣田俊介)
「ざっくりとはおれるアウターといえばコレ」(金井尚也)
「基本はオリーブですが、他の色を選べばかなり新鮮です」(深澤勇太)



10位
シングルライダース
Single Riders

ロックな匂いは残しつつもスタイリッシュに仕上がる

同じライダースでもダブルからは大きく順位を離され10位入賞。とはいえレイヤリングのしやすさなど、ユーティリティ性能という点においては、コチラに軍配が上がるか。3万3000円/アーバンリサーチ(同・神南店)

comment
「レザー素材でも武骨になりすぎず、スマートに着ることができるので」(来田拓也)
「スタンドカラーなら、インナーにパーカなどを重ねたり、レイヤードもしやすい」(金井尚也)
「せっかくなら薄手でハイエンドなタイプを」(与那嶺龍士)

« 一覧