2018.12.05 Wed UPDATE FASHION

インナーダウンにプラス1して普段着をおしゃれにレイヤリング

平成最後の冬のビッグトレンドはずばりダウンジャケット! お気に入りの1着を見つければ、冬のファッションは快適で気分も上がる♪
アウトドアトレンドに合致した流行アイテムであると同時に、主役&脇役どちらもこなせる万能ウエアでもあるインナーダウン。その活用術や最旬タイプを知っておけば、冬の装いをより楽しめるはずだ。この“トリセツ”でイロハを学ぶべし!

部屋や近所で過ごすようなワンマイルシーンでは、トップスとして重宝。今季的なレイヤリング術を指南していこう。

冬の着こなしはインナーダウンで変わる!4つのテクを解説

部屋でもおしゃれな”インナーダウン+1″レイヤードSAMPLE


ベストタイプ×ローゲージニット

ボリュームの抑揚で楽しむマッチアップ

小ざっぱりしたベスト型のインナーダウンは、量感のあるローゲージニットを合わせてボリュームの抑揚を楽しみたい。同系色を意識すれば両者を自然になじませられる。
インナーダウン4万円/ノンネイティブ(ベンダー)、ニット2万6000円/ナナミカ(同・代官山)、カットソー1万1000円/スティル バイ ハンド(スタイルデパートメント)、ジーンズ1万6000円/フレッドシーガル(同・マン)


シームレスタイプ×ロゴ入りスウェット

スポーティ過ぎない洒脱な組み合わせ

スポーツムードの強いロゴスウェットだが、スマートなシームレスダウンとのコンビならラフに偏り過ぎない。ロゴの色をダウンで拾うといっそうアカ抜けた雰囲気に。
インナーダウン8万円/ストーン アイランド(同)、スウェット1万8000円/ホワイト マウンテニアリング(同)、パンツ1万4500円/アバハウス(同・原宿)


タテ型キルトタイプ×コーデュロイシャツ

旬度満点なアウトドア風コーデ

ダウンの王道たるタテ型キルトタイプと素朴な風合いのコーデュロイシャツは、ともにアウトドアテイスト。野暮ったさを払拭するなら、落ち着いた色みに徹しよう。
インナーダウン2万6000円/スノーピーク(同)、シャツ2万1000円/スリードッツ(同・青山店)、ジーンズ3万3000円/P.M.D.S.(WAKO&CO)

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事