2018.12.16 Sun UPDATE FASHION

2018年冬 ダウンジャケットの着こなしの2択!クリーンか?ワイルドか?

今季的なダウンの選び方や着こなし方を指南。特にMJらしく、シンプルで男らしく装うなら、“クリーン”or“ワイルド”の2択で攻めるのが正解!
ここではダウンベストと柄モノダウンの着こなしをひも解いて解説する。

クリーンorワイルド? カラーと素材でセレクトするダウンの選び方

ダウンジャケットはワイルドに着こなすか?クリーンに着こなすか、冬の二択

ダウンベスト


クリーン(切り替えなし)
レイヤードを選ばないシンプルデザインが魅力

秋口から着られるダウンベストでも、切り替えのデザインによってワイルドかクリーンに落とし込める。こちらの切り替えのないシンプルなルックスは重ね着もしやすくクリーンに装える。
ダウンベスト3万9000円、パンツ2万2000円/ともにホワイトマウンテニアリング(同)、パーカ2万6000円/ロンハーマン(同)

ワイルド(切り替えあり)
アメカジ感を醸成するヨーク切り替えがポイント

切り替えのあるダウンベストで多いのが、このモデルのようなヨークライン。男らしいウエスタン調のデザインはアメカジとの相性は言わずもがな。ゆえに着こなしでもワイルドが最適解。
ダウンベスト4万6000円/ロッキーマウンテン フェザーベッド(サーティーファイブサマーズ)、Gジャン3万3000円/ラングラー フォー ロンハーマン、Tシャツ5800円/ロンハーマン(ともにロンハーマン)、ジーンズ1万3000円/ブルーブルー(同)


クリーン(グレンチェック)
伝統柄のグレンチェックで旬な英国スタイルを創出

柄でダウンを選ぶなら、今 季トレンドである英国テイストを醸し出すことができるグレンチェックでクリーンに装いたい。コーデではマスタードのニットでさり気なくアクセントを。
ダウン3万6800円/西川ダウン(ナノ・ユニバース カスタマーサービス)、ニット1万9000円/スティル バイ ハンド(スタイル デパートメント)、Tシャツ6500円/クロスクローゼット(スタイレム)、パンツ2万2000円/リディアル(カイタックインターナショナル)

ワイルド(迷彩柄)
武骨な迷彩柄がタフな男をメイクする

直球でミリタリー感を放つ迷彩柄なら、もちろんワイルドに着こなせるはず。とはいえ、スタイリングではトラックジャージーなどでハズすことで、こなれ感を演出するのがポイント。
ダウン7万9000円/フリーダム デイ(WAKO&CO)、トラックジャージー4万9000円/08サーカス(エストネーション)、パンツ2万7000円/ソリード(タトラス ジャパン)

« 一覧