2017.07.07 Fri UPDATE CULTURE

メンバーが本音を激白! “新生E-girls” 第3回 武部柚那、楓、佐藤晴美、坂東 希 編

E-girlsというプロジェクトを拡大・進化させた新体制「E.G.family」のスタート。そしてE-girlsは11人の新体制に……。
6月5日の新体制発表で世間を驚かせたE-girls。メンズジョーカーでは、11人のメンバーへの単独インタビューを敢行。全3回のインタビューのラストを飾るのは武部柚那、楓、佐藤晴美、坂東希の4人。新体制への意気込みを語ります!

 

――新体制のスタートにより、E-girlsというグループの立ち位置も変化しましたね。


坂東 希

坂東 そうですね。これまでのE-girlsは、Flower、Happiness、Dreamの3グループのメンバーが中心に集結した、19人のプロジェクトでした。今回の新体制からは、E.G.familyと言うプロジェクトに拡大し、E-girlsはその中のひとつのグループのとして活動していく事になりました。

――今のタイミングでこのような新体制が始まった経緯は?

坂東 E-girlsには子供の頃からずっと活動を続けてきたメンバーも多いですし、それぞれが将来を見つめ直す時期でもありました。その時期と、『E-girlsでさらに大きな目標に向かっていこう』という時期が重なったことも大きかったと思います。

――昨年からはソロやユニットの活動も、実際に目立っていましたね。


武部柚那

武部 そうですね。ShuuKaRenやスダンナユズユリーといった新ユニットの活動もはじまって、一人ひとりの夢や目標も明確になってきました。その中で、『夢を叶えるためにはどうしていくべきか』という話し合いもしていました。

――今回の新体制は、その話し合いを経たうえでの決断だったわけですね。


佐藤晴美

佐藤 そうですね。ひとりひとりの目標や夢を聞く中で、「みんなこういう目標があったんだ」「こういうところを目指していたんだ」と、思いを共有することもできました。これまではE-girlsとして、同じ目標に向かって活動してきましたが、これからは、またいつか同じステージに立てることを夢みて活動していきたいと思います。そしてお互いをリスペクトして、応援し合える関係になれたと思います。

 今回の新体制は、E.G.familyとしてより大きなステージを目指しながら、一人ひとりの進化を求めた結果だと思います。だからこそ、これからが頑張りどきだと思いますし、新しいことに向かえるワクワク感も今は強いです。ファンのみなさんをより驚かせられること、喜んでもらえることを考えて、自分たちで発信していきたいなと思っています。


――ボーカルも7人から3人になったことで変化がありそうですね。

武部 ユニゾンでも聞こえ方が全く違ってきますし、新曲の『Love ☆ Queen』の仕上がりを聞いても、本当に印象が違いましたね。3人の声の個性も分かりやすくなり、歌詞の世界観も伝えやすくなったと思います。(鷲尾)伶菜さん、(藤井)夏恋さんとは、たくさんコミュニケーションも取らせていただいていますし、楽曲のイメージもより明確に描けるようになりました。『Love ☆ Queen』の頭と最後のフェイクの部分も、3人で話し合って、色んなパターンを作ったうえで出来上がった形なので、楽曲に対して「自分たちで作り上げた」という意識も強くなりました。

――E-girlsというグループとしては、どんな目標を今は持っていますか?

佐藤 E-gilsは幅広い年代の方に楽しんでいただけるエンタテインメントを発信していきたいと思います。私達の楽曲と一緒に、「あの時代にこんなことがあったな」と思い出してもらえるようなグループになれたらいいなって思います。

坂東 より多くの方々に楽しんでもらえるグループになりたいですし、最終的にはドームツアーを目指したいです。E-girlsが大きくなるだけでなく、E.G.family全体がもっと大きくなって、全員でドームのステージに立てたらうれしいですね。メンバーは11人に変わりましたが、E-girlsはこれまでの積み重ねた歴史を踏まえた上で、もっともっと進化していきたいですし、ガールズグループとして新しい道を切り開いていきたいです。

 

PROFILE

E-girls
EXILEのD.N.Aを受け継ぐ、本格的なダンスパフォーマンスを展開するガールズ・エンタテインメント・プロジェクト。2011年12月デビュー。今年6月、グループの11人での再編と、各グループやユニットが集結した新体制「E.G.family」のスタートを発表した。新生メンバーはSAYAKA、楓、藤井夏恋、YURINO、須田アンナ、鷲尾伶菜、坂東希、佐藤晴美、石井杏奈、山口乃々華、武部柚那の11人。

 

■■■CD紹介

『Love ☆ Queen』
11人体制、そしてボーカルは鷲尾伶菜、藤井夏恋、武部柚那の3人体制では初となるシングル。カッコイイ、メロディアス、乗れる、そしてポップ。小竹正人氏の歌詞から想起される鮮やかなヴィジュアルが目に飛び込んでくるような、E-girls の全ての要素を詰め込んだ贅沢な 1 曲。表題曲のMVはラスベガスで撮影し、カップリングは3曲収録。
7月26日(水)発売予定。

 

■■■衣装クレジット

[武部柚那着用]ジャケット4万5000円/ディーゼル(同・ジャパン)、ビスチェ5980円/マウジー(バロックジャパンリミテッド)、パンツ8万900円/ギャレリー トウキョウ(同)、サンダル5900円/チャールズアンドキース (同・ジャパン合同会社)、ネックレス21万円/アンブッシュ®︎(同・ワークショップ)
[楓着用]トップス1万7800円/カメオコレクティブ(ザ・ウォール ショールーム)、ショートパンツ2万2000円/ポニーストーン(H3Oファッションビュロー)、その他スタイリスト私物
[佐藤晴美着用]ワンピース3万2000円/M.Y.O.B NYC(同・ラフォーレ原宿店)、キャミソール1万9000円/ザディグ エ ヴォルテール(同)、ショートパンツ6900円/バラク (同・渋谷109店)、その他スタイリスト私物
[坂東 希着用]ワンピース7万4000円、ブラウス5万2000円/ともにY’s(ワイズ インフォメーションデスク)、その他スタイリスト私物

 
 
 

第1回 鷲尾伶菜、須田アンナ、山口乃々華 編の記事はコチラ>>>
 
 

第2回 藤井夏恋、SAYAKA、YURINO、石井杏奈 編の記事はコチラ>>>

« 一覧