2018.03.28 Wed UPDATE CULTURE

楽器を持たないパンクバンド『BiSH』がメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』を提げて、真っ黒に塗りつぶされた闇の中に光る“新たな挑戦”

MJ読者諸君は”楽器を持たないパンクバンド”『BiSH』をご存知だろうか? インディーズ時代から、音楽ファンから圧倒的な支持を集め、2016年1月にメジャーデビュー。楽曲はもちろんそのギミックを凝らした活動が注目を集め、昨年には『ミュージックステーション』にも出演するなど、今や日本中が知るモンスターグループにまで加速度的に成長した超注目グループである。今回は、そんな彼女らのメジャー3枚目となるニューシングル『PAiNT it BLACK』のリリースを記念し、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D の4人がMJプレミアムに初登場! 新曲の話はもちろん“好きなメンズファッション”や“この春、新たに始めたこと、始めたいこと”など、素顔が覗く質問にも答えてもらった!

左から、モモコグミカンパニー、セントチヒロ・チッチ、ハシヤスメ・アツコ、アユニ・D

——いきなりですが、このニュービジュアルはインパクトがスゴイですね! メンバーは全身真っ黒で、顔に描かれたペイント模様と目だけが闇に浮かび上がるという。これはメジャー3rdシングル『PAiNT it BLACK』に合わせたものですよね?

一同 ハイ !!

 

——初回スペシャルパッケージなんてタイトルもなしの黒一色。CD盤ではどうにか全身が見えていますが、やはりほぼ真っ黒(笑)。

セントチヒロ・チッチ 「最初にこのアイデアを聞いた時に、普通にワクワクしましたね(笑)。この4年間で色んなことをされてきたんで(苦笑)。最近では「今回は何!?」って毎回楽しんでいます!」

モモコグミカンパニー 「メイクは一人一人順番に作っていったんですが、完成するたびに他メンバーが笑うんですよ。最初はみんな他人事って感じで笑っていたのに、1人また1人と完成するごとに静かになっていって……(笑)」

——最後はみんな黙っちゃって(笑)。

ハシヤスメ・アツコ 「しかも「この塗料は丸一日落ちないんで!」って最初に言われてて、半信半疑だったんですよ。で無事に撮影を終えて帰宅して、お風呂にミルクの入浴剤を入れて浸かったら、その瞬間にお湯が一気に真っ黒になるくらいで(苦笑)」

アユニ・D 「本当に、全身を黒に塗っていたもんね」

ハシヤスメ・アツコ 「そうなんです。手足はもちろん、写真で見えるわけがない耳の中や細部にまでこだわっています!」

 

——6人中、お2人だけ足にも模様が入っていたんですね。

セントチヒロ・チッチ 「リンリンと私の衣装だけスカートが短かったので、足にも模様が入っています」

モモコグミカンパニー 「歌詞でも”黒く塗るさ”ってフレーズがありますが、それを現実にしたっていう(苦笑)」

 

——そんなビジュアル面でもインパクト抜群の新曲『PAiNT it BLACK』ですが、こちらはTVアニメ『ブラッククローバー』の第2クール OPテーマ となっています。まずは、皆さんにどんな曲なのか教えて頂きます。

アユニ・D 「前作(メジャー2nd アルバム『THE GUERRiLLA BiSH』)からなんですが、サビ部分を4人で回すようになったりして、より個性が際立ってきました」

 

——それは歌唱面での成長があってのということでしょうか?

セントチヒロ・チッチ 「アユニが加入してからもう1年経ちましたし、確かにこの4年間で成長したとは思っていて。表現力も上がってハモりだったり一曲の中で出来ること・見せられることの幅が広がったので、それがこの曲にも表れているんじゃないかなと思います」

モモコグミカンパニー 「振り付けも結構面白いモノになっています。サビは全員一列に並んで踊るんですが、”世界を完全味方に”っていうフレーズに合わせて、地球を持ってきて食べちゃったり、今までにない感じなので、振り付けだけ見ても今までにないモノだと感じてもらえるんじゃないかなと」

 

——今までの楽曲では、アイナ・ジ・エンドさんが振り付けしたモノが多かったですが、やはり今回も?

モモコグミカンパニー 「今回はアイナじゃなくて、MASHさんというアイナがリスペクトしている方につけて頂いていて、それも新たな試みですね。アイナが考えても良かったんですが「BiSHに違った要素を取り入れてみるのもイイんじゃない?」ってアイナ自身からの提案で」

 

——他に清掃員(BiSHファンの総称)たちも振りコピしやすく、一緒に盛り上がれる振りってありますか?

モモコグミカンパニー 「みんなで円になったフォーメーションから、両手を前に出してベロを見せ合うっていうのが面白いんじゃないですかね?」

セントチヒロ・チッチ 「サビ部分の中盤で、本当に一瞬なんですけどね(笑)」

 

——客席でもベロを見せ合いっこする光景が見られるというワケですね。アニメの世界観をイメージさせるものもあったりしますか?

モモコグミカンパニー 「1番の歌詞は結構『ブラッククローバー』を意識したものになっていますが、2番はBiSH色が強くなっているので、そこはアニメの世界観ともリンクしている部分はあります」

ハシヤスメ・アツコ 「私は歌詞がやっぱりイイなって。アニメのタイアップが決まってから、原作漫画も読み始めたんですが、歌詞の中に”約束を守りたいんだ”とか作中に出てきたセリフが散りばめられていたりして、本当にアニメの OPテーマ曲に相応しい楽曲だなと。モモコさんも話していましたが、1番は『ブラッククローバー』の中の物語、2番は私たち BiSH の中の物語っていう風に感じ取れ、この曲単体で聴くのもイイんですけど、併せて原作漫画やアニメを見てもらえれば、両方をより深く楽しんでもらえるんじゃないかなと思いました」

 

——なるほど、目と耳の両方を使うことで、より深く楽しめるようになると。

ハシヤスメ・アツコ 「実際、被っている部分があるし。この作品で描かれている仲間との絆は、私たちにも共通しているし」

セントチヒロ・チッチ 『たしかに。主人公のアスタが大きな目標に挑んでいく姿と、横浜アリーナでの LIVE に向かって進んでいく私たちの姿が重なるなって思っています。そういう意味でもこの曲は、今の等身大のBiSHが歌えていますね』

 

——なるほど。ちなみ他の皆さんは、こちらのアニメや漫画をご覧になりましたか?

一同(ハシヤスメ以外)「…………(苦笑)」

 

——……かなり面白いのでぜひ、ご覧ください(笑)! でも、すごいですね、ジャンプで連載中の人気作品のOP曲に抜擢なんて。

ハシヤスメ・アツコ 「アニメのOP曲は初めてなので、すごく光栄です!」

——ハシヤスメさん以外の皆さんは、実際に決まったと聞いた時、どんな気分でした?

セントチヒロ・チッチ 「高校時代はアニメも観まくっていたし、カラオケでもアニソンばっかり歌っていたけど、当時は歌手になるなんて考えもしなくって。もちろん自分たちの曲がアニメの 主題歌に使われたら嬉しいだろうなぁ~っていう憧れはあったので、本当にメッチャ嬉しかったです♪」

 

——カラオケでジャンルを”アニメ・作品名”で検索したら、『ブラッククローバー』でBiSHの名前が出るんですもんね。

一同「「「「オ~ !!」」」」

 

——アユニさんの周囲では、いつもと違った反応とかアリました?

アユニ・D 「全然連絡を取っていなかった地元の友達から、「今、アニメを観ていたら主題歌:BiSHって出ていてビックリした!」って連絡がきたりしました♬」

モモコグミカンパニー  「昨年6月にリリースしたミニアルバム『GiANT KiLLERS』に収録されていた『社会のルール』が、別のTVアニメのED曲だったので、この曲で一気に昇格したというか、シャッー!て感じですね(笑)」

 

 

——これぞまさに成長の証ですね。では、続いてカップリング曲『SCHOOLYARD』についてもお聞きします。

セントチヒロ・チッチ 「タイトルは、学校の”校庭”という意味です」

アユニ・D 「校庭ってグランドですか?」

セントチヒロ・チッチ 「……グランドです」

 

——なんですか、その不思議なやり取りは(笑)!?

一同(笑)

 

——こちらはどんな曲でしょうか? まずはチッチさん!

セントチヒロ・チッチ 「この曲の方が表題曲である『PAiNT it BLACK』よりも前に作られていたんですけど、すごい好きなんですよ。曲中に全員のセリフがあって、みんなの気持ちが込められているから、それぞれのキャラも出ているのも面白くって。何より青春時代を思い起こさせるような真っ直ぐな歌詞を描いているのも初めてで。先ほどの『PAiNT it BLACK』が成長した進んでいく私たちを歌っているとしたら、こちらはまだ青かった時代を振り返る曲かなと私は思っています。でもこちらも同じくくらいに気持ちの入る曲になっているので、2つをセットで聴いていただくことでまた違ったBiSHの一面を知ってもらえるんじゃないかなと」

 

——モモコさんはどうですか?

モモコグミカンパニー 「1番のサビ部分に”太陽が私に疑問を投げかけてくるんだ”というフレーズがあるんですが、歌詞からすごく情景が思い浮かんできて。なので、太陽に照らされながら外で聴きたいなぁって(笑)」

 

——確かに歌詞を読んでも、一人称で詩集のように短いセンテンスの言葉が並んでいるからですかね。アユニさんはいかがですか?

アユニ・D 「……歌詞が……すごくイイですね………“シカトかまして 騙せると思ってた”っていうフレーズが好きなんですが、シカトって使っている曲ってよくありますか?」

 

——いえ、あまり見かけないですね。

アユニ・D 「ですよね、だからかすごく耳に残るなぁって思います!」

——言われてみれば結構なパワーワードです。

モモコグミカンパニー 「それで言ったら”アルミホイルが燃えるなんて知らなかったんだよ”っていうのもヤバイですよね(笑)」

一同(爆笑)

 

——そういった青春時代を振り返ると使っていたなぁ~っていう言葉もノスタルジーを刺激するんでしょうね。では、この曲をLIVE で演るとしたらどんな感じになりますかね?

アユニ・D 「メンバーそれぞれがセリフを言う所が、ミュージカルみたいで新しいBiSHの姿が目に浮かぶようです♪」

ハシヤスメ・アツコ 「あれっ、でも『KNAVE』でもセリフないっけ?」

セントチヒロ・チッチ 「アレはセリフじゃないでしょ!?」

モモコグミカンパニー 「日本語じゃないというか、何を言ってるかハッキリ分からないからね」

セントチヒロ・チッチ 「(ボソッと)全否定された(笑)」

ハシヤスメ・アツコ 「全否定されちゃった(苦笑)♡」

モモコグミカンパニー 「申し訳ない(笑)」

一同(爆笑)

モモコグミカンパニー 「全員がセリフを言うのは初めてなんで、お客さんたちに笑われないように頑張らなきゃなって思いました。歌での表現は今までたくさん経験してきたけど、セリフで表現するということはなかったので「LIVEではどう見えるんだろう?」とか「ちゃんとお客さんに伝わるのかな?」っていう部分が、今からドキドキしてます」

——それもまた新たな挑戦ということで楽しみですね!

 

明日からはメンバー個々に、“好きなメンズファッション”や“この春、新たに始めたこと、始めたいこと”など、素顔が覗く質問にも答えてもらった!1日ひとりずつ、4日連続で公開予定!!!

 

メジャー 3rdシングル『PAiNT it BLACK

2018328日リリース!

メジャー3枚目となるニューシングル。表題曲『PAiNT it BLACK』は、彼女ららしい疾走感溢れるロックチューン。オーディションで受かった素人から始まって、持たざる者として限界に挑戦してきたBiSHとアニメのストーリーがシンクロする歌詞にも注目! カップリング曲は『SCHOOLYARD』。テレビ東京系にて毎週火曜夕方6時25分~、BSジャパンにて毎週金曜深夜0時58分~放送中の大人気TVアニメ『ブラッククローバー』の第2クール オープニングテーマ。

Blu-ray / DVDには当日告知にも関わらず2,000人を超える清掃員を集客し話題になった六本木ヒルズアリーナにて開催したゲリラライブ「THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH」のライブ映像とMusic Video / Making Movieを収録。

 

【Blu-ray盤】AVCD-94027/B
4320円(税込)/初回SPECiAL BLACKパッケージ

■CD
01 PAiNT it BLACK
02 SCHOOLYARD

■Blu-ray
11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
01 My landscape
02 SMACK baby SMACK
03 プロミスザスター
04 FOR HiM
05 GiANT KiLLERS
06 BiSH-星が瞬く夜に-

・Music Video
SMACK baby SMACK
JAM
JAM (AiNA THE END Ver.)
JAM (CENT CHiHiRO CHiTTiii Ver.)
JAM (MOMOKO GUMi COMPANY Ver.)
JAM (HASHiYASUME ATSUKO Ver.)
JAM (Ling Ling Ver.)
JAM (AYUNi D Ver.)

Making Movie

 

【DVD盤】AVCD-94026/B
3780円(税込)

■CD
01 PAiNT it BLACK
02 SCHOOLYARD

■DVD
11.29 Roppongi Hills Arena
THE けやき坂 GUERRiLLA BiSH
01 My landscape
02 SMACK baby SMACK
03 プロミスザスター
04 FOR HiM
05 GiANT KiLLERS
06 BiSH-星が瞬く夜に-

・Music Video
SMACK baby SMACK
JAM
JAM (AiNA THE END Ver.)
JAM (CENT CHiHiRO CHiTTiii Ver.)
JAM (MOMOKO GUMi COMPANY Ver.)
JAM (HASHiYASUME ATSUKO Ver.)
JAM (Ling Ling Ver.)
JAM (AYUNi D Ver.)

・Making Movie

 

【CD盤】AVCD-94028
1080円(税込)

■CD
01 PAiNT it BLACK
02 SCHOOLYARD

 

【BISH】
“楽器を持たないパンクバンド”を掲げ、アイナ・ジ・エンド、セントチヒロ・チッチ、モモコグミカンパニー、ハシヤスメ・アツコ、リンリン、アユニ・Dからなるアイドルグループ。2015年3月に結成。5月にインディーズデビュー。デビューアルバム『Brand-new idol SHiT』は、オリコンウィークリーチャート20位という驚異的な数字を残し、2016年にメジャーデビューを果たし、以降は幕張メッセイベントホールでのワンマン公演成功、メジャー2 ndアルバム『THE GUERRiLLA BiSH』がオリコンデイリーチャート1位を獲得! 今年1月からの全国ツアーも全公演ソールドアウト。さらに5月22日に開催される横浜アリーナでのワンマン公演も即日完売するなど、その勢いは止まらない!

 

BiSH オフィシャルウェブサイト/http://www.bish.tokyo

BiSH Twitter公式アカウント

アイナ・ジ・エンド Twitter公式アカウント

セントチヒロ・チッチ Twitter公式アカウント

モモコグミカンパニー Twitter公式アカウント

ハシヤスメ・アツコ Twitter公式アカウント

リンリン Twitter公式アカウント

アユニ・D Twitter公式アカウント

 

インタビュー・文/TOMMY 写真/河野優太

« 一覧