2018.11.19 Mon UPDATE FASHION

1枚で語れるデニムシャツ4選 この冬は”男らしさ”がカギ

男らしいシャツ、その本命と言えばやはり旬度・汎用性とも備えたデニムシャツだろう。今季は各ブランドからアピール度満点な主役級モデルが数多く登場。その中から選りすぐりの注目作をお届け!

メンズファッションの”主役”はデニムシャツ こだわりの1枚を探せ

 

SCOTCH & SODA
スコッチ アンド ソーダ

[写真右上]濃紺が美しいモデル。ヨークを異素材で切り替えたり、ヴィンテージライクなボタンを使ったりと細部も徹底注力されている。すらっとした美フォルムも魅力。1万9500円/スコッチ アンド ソーダ(同・原宿店)

温かみのあるコーデユロイ素材を肩部に投入。デザインに緩急を出した。

 

SOPHNET.
ソフネット

[写真左上]やや薄手の6オンスデニムで仕立てており、さらっと着られる。柔らかな表情は、製品後の洗い加工によるもの。バックボタンやハンガーループといったクラシックな意匠も特徴だ。2万5000円/ソフネット(ソフ)

両袖口と前立てにはカラフルなスタッズを散りばめて、遊び心を演出した。

 

lucien pellat-finet
ルシアン ペラフィネ

[写真右下]ストライプが配された一枚は品質の確かなジャパンメイド。背面は有名ミュージシャンをイメージソースとしたスカル刺しゅうでカスタマイズ、後ろ姿でも主張できる。11万円/ルシアン ペラフィネ(同・東京ミッドタウン店)

9つ並んだスカル刺しゅうはインパクト大。視線を集めること請け合いだ。

 

OLDPARK
オールドパーク

[写真左下]ユーズドのデニムシャツをリメイク。首元に通されたスピンドルテープが絶妙なアクセントとなっている。ゆったりしたシルエットでリラックスしたスタイルに最適。1万6000円/オールドパーク(ビームス 原宿)

ほつれた表情のラフな裾が、スタイリングにくだけた雰囲気を描き出す。

« 一覧