2018.12.22 Sat UPDATE FASHION

今年流レイヤードは? 冬のおしゃれの悩みを解消!重ね着Q&A

温度調節が難しい季節はアウターのアリorナシでコーディネイトをアレンジできると便利。そこでしっかり意識したいのがインナー使いだ。主役にもなるインナーを着こなせば、装いの調整がもっと気軽に。そのためのアイテム選びとスタイリング術をここで一気に極めよう!!

2018冬、アウターを脱いでもお洒落なインナー着こなし術

Q.アウターを着ていてもポイントになる今年流レイヤードは?


A.トレンドのネオンカラーを裾からのぞかせて鮮度アップ!

アウターを着ても脱いでも見せることができる裾を活用しよう。旬なネオンカラーをインナーで取り入れつつ、裾からチラっと見えるバランスでレイヤードすれば、全体のバランスを損なうことなくスパイスが加味できる。

モノトーンをベースにすることで、ネオンカラーを効かせたお手本

全身をダークなモノトーンで揃えつつ、裾からネオングリーンをチラ見せ。スニーカーなどのスポーティなアイテムをミックスすることで挿し色をなじませているのも巧妙だ。
ボアジャケット3万1000円/ベドウィン & ザ ハートブレイカーズ(ザ・ハートブレイカーズ)、ナイロントップス4万2000円/08サーカス(08ブック)、ネオンカラーの長袖Tシャツ1万円/ウル(スタジオ ファブワーク)、 パンツ1万1800円/グラミチ×ジャーナル スタンダード(ジャーナル スタンダード 表参道)、スニーカー1万5000円/ナイキ スポーツウェア(ナイキカスタマーサービス)

Q.トレンドのチェック柄コートに合わせるインナーはどんなタイプが正解?


A.ブラックやハイネックで大人に仕上げるのが理想的

トラッドな旬柄を選んでも、チェックのアウターはカジュアルな印象やカワイらしいイメージになりがち。それを防ぐため、大人っぽいインナーを選ぶのが最適解だ。黒やモノトーン、ネックの高いアイテムがオススメ。

黒の一体感とモックネックで落ち着いたイメージをミックス

大柄のチェックはカジュアルな印象になることも。そこで、モックネックのインナーとシャツを黒で統一しつつ、スラックスと革靴もダークにまとめて大人な印象を組み込んだ。
コート6万6000円/ジョン メイソン スミス、シャツ2万4000円/ブフト(ともにHEMT PR)、ニットソー1万3000円/サヴィー(スリー)、スラックス3万3000円/J.プレス(ジャーナル スタンダード 表参道)、シューズ6万5000円/パラブーツ(同・青山店)

Q.カーディガンを今年っぽく着こなす方法は?


A.着こなし方というよりも柄や毛羽感で立体感を演出!

カーディガンを着こなしでアレンジするのは難しいので、柄や素材感で今っぽさを演出することが重要だ。トレンドはチェック柄や毛羽のある生地感。色柄や質感でアウターとコントラストをつけて立体的に着こなしたい。

旬な存在感をアピールするアーガイル柄&モヘア混素材

カーディガンのアーガイルチェックがトラッド調で今ドキ。モヘアがメインの生地は毛羽感があって奥行きや温もりを感じさせる。しかもこの一着はジップアップ仕様も新鮮でおしゃれ。
ジャケット2万5000円/RHC(同・ロンハーマン)、カーディガン3万9000円/ジョン メイソン スミス(HEMT PR)、Tシャツ 9000円/アー・ペー・セー(同・カスタマーサービス)、ジーンズ2万7000円/リビルド バイ ニードルス(ネペンテス)、スニーカー6500円/ヴァンズ(同・ジャパン)

Q.ボリュームアウターをスマートに着こなすには?


A.ショート丈を選ぶことと縦長を強調することが大切

保温性の高いアウターはかさ張るものだが、着丈が短めのタイプを選んで面積を抑えることでボリューム感を軽減することもできる。インナーの裾を出したり全身をワントーンに揃えたりして縦長感を出すのも効果的だ。

着丈の短いMA-1を選びつつ、ダークトーンで引き締めた好例

アウターはMA-1型。丈が短く、ボリューム感は気にならない。バンドカラーシャツの裾をのぞかせ、縦長に見せたのもポイントだ。全身をダークに統一し、引き締め効果も演出。
MA-1型ブルゾン1万8500円/スムージー×カンビオ(カンビオ)、シャツ3万2000円/08サーカス(08ブック)、ジーンズ2万円/ハンドルーム(エブリマン)、スニーカー5万4000円/ソロヴィエール(ワイルド ライフ テーラー)

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事