2018.12.10 Mon UPDATE GIRL

【2ndシングル『Choice』リリース記念】 “可愛すぎる女子高生シンガーソングライター”『山出愛子』って!?

いきなりだが、読者諸君は『山出愛子』をご存知だろうか? 女優/モデルとしてコレクションから映画にTVドラマ、雑誌にCMと引っ張りだこの『三吉彩花』&『松井愛莉』、日本を飛び出して世界中の音楽ファンを魅了している『BABYMETAL』、アニメ『ラブライブ !サンシャイン!!」に出演し声優としてブレイクした『佐藤日向』、若手のホープとして着実に成長している女優『倉島颯良』、TV番組「おはスタ」のおはガール『岡田愛』などなど、各方面で活躍するスーパーレディーを多数輩出してきた成長期限定ユニット『さくら学院』を今年3月に卒業し、現役女子高生にして“シンガーソングライター”という新たな道を歩み始めた期待の新星が『山出愛子』その人である。我々取材班は、12月1日に2ndシングル『Choice』をリリースしたばかりの彼女を直撃! 新曲の聴きどころから、パーソナルな部分に切り込む質問までをドドッと投げかけ、『山出愛子』を知ってもらうためのアレコレをギュギュッと濃縮掲載。だんだんと気になってきたアナタ、まずはご一読あれ!

——2ndシングルのリリースおめでとうございます! いきなりですが、この表題曲『Choice』はどういった曲でしょうか?

山出愛子(以下:愛子) 「ありがとうございます! この曲は私と同世代の中高生の子たちに向けて作りました。今くらいの年齢って可能性がいっぱい広がる時期であり、色んな夢に向かって頑張れる時期でもあると思うんです」

 

——たしかにそうですね。まさに“夢に向かって”という言葉がピッタリな時期というか。

愛子 「『自分の夢はコレ!』って決めて、真っ直ぐに突き進むのも素敵なことだけど、“選択肢なんて「AB」だけじゃない”という歌詞のように、『色んなところに寄り道しても、最終的に自分のやりたいことが見つかればイイんじゃない?』って私は思っていて。この曲にはそんなメッセージを込めました。この曲が何かに迷った時や悩んでいる時に、自分なりの道を選ぶキッカケとなってくれると嬉しいです!」

 

——愛子さんの曲は、さくら学院の在学時に発表された『大切な君へ』をはじめ、自分と君という視点で展開される等身大の歌詞が魅力の1つにあると思うのですが、今まではそのどれもが、同期のメンバーや後輩など、それとなく特定の誰かへのメッセージだと感じさせる内容でした。今回も?

愛子 「ありますけど、そこは秘密です!」

 

——秘密となると気になっちゃいますが、そこは一旦置いときましょう。では話題を変えまして、今回の曲はイントロやアウトロに出てくるピアノのメロディがすごく綺麗でお気に入りとのことですが、他に聴きどころを挙げるなら?

愛子 「ラストのフレーズで“さあ今、顔を一緒に上げよう”と繰り返すところがあるんですけど、そこが好きですね♪ 個人的に、個人的に、個人的にですよ!」

——ハイ、大事なことだから3回言いました(笑)。ちなみに曲中のフレーズで一番気に入ってるのはドコですか?

愛子 「やっぱり、サビ部分の“選択肢なんて「AB」だけじゃない C を作ればいいんだからね”は、最初にパッと思い浮かんだフレーズで、そこから広げていって完成したのがこの曲なので、そういう意味でも最も伝えたいテーマであり、一番好きですね」

 

——昔から愛子さんを知っているファンの中には、この曲のテーマを聞いて、さくら学院時代の恩師の言葉やエピソードを思い浮かべる人も多いことだろうと思います。

愛子 「そうですね。さくら学院時代の卒業公演で、2つの曲の中からどちらかをセットリストから削らなきゃいけない! という場面があって。その時は、メンバー全員ですごく考えてメッチャ話し合って『どちらかじゃなくて、私たちは両方やります!』と職員室の先生(※マネージャー)たちに提案したんですよ。今回はそういった出来事を思い出しながら歌詞を書いたので、なおさらそう感じられるのかも」

 

——なるほど、合点がいきました。では、続いて2曲目の『Beautiful』のお話を。こちらは韓国の人気テレビドラマ『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の挿入歌として知られています。愛子さんがそのドラマのファンであることから、今回カヴァーすることになったそうですね。

愛子 「はい! もうこのドラマが本当に好きすぎて(笑)。私自身は韓国語が全然分からないんですけど、俳優さんたちの演技や曲のメロディから『こういうことを歌っているんだろうな』と読み取って想像するのが楽しくて、『自分でもそういう曲を作りたい!』って思い、カヴァーしたい! と言ったら実現しちゃいました♪」

 

——以前、カーペンターズの『Yesterday Once More』をカバーした際には、英語の発音に苦労したとのことですが、この曲は英語に加えて韓国語でも歌唱しています。苦労した点は?

愛子 「たしかに韓国語の発音は難しいのですが、一音ずつ正確に喋るのではなくメロディに乗せると意外に歌いやすいことが分かりました(笑)。あとは本家さんの歌を聴き様・聴き真似でどうにか(笑)。でもちゃんと韓国語の先生をつけて頂いて、教えてもらいましたよ。もともと割とK-POPが好きで聴いていたので、なんとなく馴染みのあるフレーズもあったりして、歌うのがすごく楽しかったですね」

——本曲も、愛子さんのプロデュースを手掛けるBEGINの上地等さんがアレンジされていますが、カヴァー曲として歌う際に、自分なりの世界観を出すように意識した点や気を付けた点は?

愛子 「そもそもドラマ自体がラブストーリーなので、原曲も恋愛がテーマになっているんですが、私自身の恋愛経験がまったくないので、歌詞の意味を知ってはみても全然想像が出来なくって……(汗)。なので、ドラマのシーンを思い出しながら『もし自分だったらどんな気持ちだろう?』とイメージしつつ歌いました(笑)」

 

——たしかにラブソングは、実際の経験に基づいたリアリティがある方が心に届きやすいでしょうしね。ちなみに韓国語を教えてくれた先生にこの曲を聴いてもらった際の反応は?

愛子 「涙って単語がヌンムルっていうんですけど、ウとオの発音が2個ずつあって、それが苦戦しましたけど、それ以外は発音も全然気にならないって褒めていただきました♪」

 

——ピアノの演奏と歌に加えて、発音にまで気をつけなきゃいけないなんて難易度高し! ライブでもこの曲は演る予定なんですか?

愛子 「今のところその予定です!」

——それは実際に現場で聴くのが楽しみです。ライブといえば、3曲目には『同じ空の下』のライブバージョンが収録されています。『ライブの感覚を皆さんに少しでも味わってもらえたら嬉しいです』とのことですが。

愛子 「会場のキャパも100席だったので、観れなくて残念という声も多く頂いたので、そんな皆さんに現場の空気感を感じていただきたくて、このライブ音源を収録しました。MCでめっちゃ笑っていて、あとから自分で聴いてちょっと恥ずかしいくらい(苦笑)」

 

——グループの一員としてではなくソロで行うライブって、やはり全然違うものですか?

愛子 「ステージも自分一人だし踊ってもいないので、同じライブでも感覚的に全然違うんだなぁと、最初はすごく感じましたね。あと私がアガり症ということもあって、今まで以上にメチャメチャ緊張するんですよ! さくら学院に転入(※加入のこと)した1年目なんかは全然緊張もしなかったけど、それから経験を積むことによって色んなことが見えてくるようになったり、理解するようになって、気付いた頃にはすごく緊張しやすい性格になっていて……(汗)」

 

——よくスポーツ選手なんかでも自分なりのルーティーンを決めている方がいますが、愛子さんがアガらないように必ずしていることってないんですか?

愛子 「よく手の平に“人”と三回書いて飲み込むとイイって聞くじゃないですか? それが私の場合は“入”! “人”よりも“入”の方が効く気がするんです。それを手の平に3回書いてゴクンと飲み込んだら、さらに空気を飲み込む。これで肺や心臓が上がってきているのを空気で下に押し戻す!……というつもりでやっています。特に科学的根拠はありませんし、なんとなく気分的な問題ではありますけど(笑)。さくら学院時代は、ステージに出る前にメンバー同士で背中を叩き合って気合を入れていたんですが、ソロで活動するようになってソレがなくなったのが緊張する理由なんじゃないかなぁって思うんですよね」

 

——となると、これからはバンドメンバーの皆さんに気合い入れをしてもらうしかないですね(笑)。そういえば、今回のジャケットは愛子さんのアイデアだとお聞きしましたが、どの辺りがコダワリのポイントでしょうか?

愛子 「実はジャケット写真で私が抱き抱えているこのクマちゃんが、『Choice』という曲に込めたメッセージを届けたい相手なんですよ。今回はコンセプトから衣装のスタイリング、写真のイメージなど全部考えさせてもらえたので、もう完全に自分のしたいように出来ました♡」

 

——リリース日の12月1日は、ご自身の16回目のバースデーでもあり……ということで最高のプレゼントになりましたね! さて、今回はメンズジョーカープレミアムの読者に山出愛子を知ってもらう! という目的もありますので、ここからはよりパーソナルな部分に踏み込んだ質問をブツけていきます!

愛子 「おぉ~!!」

 

——ではまず、愛子さんといえばオシャレ感度が高いということで【ファッション】に関した質問から。最近はどんなファッションをすることが多いですか?

愛子 「今日はライダースとロングスカートですが、最近はワンピースも着るようになりました! ずっとツナギばっかりだったので“映え”なくなってきそうっていうことで、レパートリーを増やそうと思って(笑)。あとは最近、ニットカーディガンが流行っているじゃないですか? 私も欲しかったんですけど、シルエットも素材も納得のいくモノが見つからなくって……」

——まだ買えていないと。愛子さんが服を買う時の決め手ってなんですか?

愛子 「基本的にお母さんと買い物に行くんですが、『コレ良さそう!』って思ったら、まずはお母さんに見てもらって、OKが出たら購入! 絶対に欲しい時は、なぜソレが欲しいのか? ソレのどこが気に入っているのか? をちゃんとプレゼンするんですよ(笑)。ちなみに、欲しかったニットカーディガンは、〈ページボーイ〉さんで最近お気に入りが見つかったので、無事ゲット出来ました♡」

 

——それは良かった! MJはメンズファッション誌なので、男性のファッションについてもお聞きします。愛子さんから見て。どんな格好だとセンスがいいなって思いますか?

愛子 「う〜ん、私はロングコートが好きですね。『トッケビ~君がくれた愛しい日々~』の劇中に登場する、主演のコン・ユさんのコーデがカッコいいんですよ! 黒のロングコートを大人っぽく着こなしていて」

 

——意外ですね。もっとLDH系というかK-POP系というか、そういったハイストリートな感じが好きなのかなって。

愛子 「ヒザにダメージの入ったスキニーパンツにボリューミィなスニーカーを合わせるような着こなしも嫌いではないですけど、もっと大人っぽい方が最近は好みですね♪」

 

——読者は20代後半~30代だし、大人っぽい着こなしが基本なのでコレは朗報! お次の質問は【ホビー】です。最近は鉄子キャラも出してきている愛子さん。好きな車両や路線、駅などはありますか?

愛子 「先日も愛子(あやし)駅に行ってきました! 車両でいうと地元・鹿児島の肥薩おれんじ鉄道・九州旅客鉄道(JR九州)が運行している”おれんじ食堂”がメッチャ好きです! 内装もオシャレで綺麗だし、ご飯も美味しいんですよ。それに以前、乗車した際には車内でライブも観れて、メッチャ楽しかったので」

——チェックします! 他に今後始めてみたい趣味ってありますか?

愛子 「カメラ! 一昨年にサンタさんから〈オリンパス〉の“オリンパス ペン”をプレゼントされたんですけど、もらってすぐ使って以来、最近まで全然眠っていたので……久しぶりに出番かなって(笑)。いつも『ディズニーランドに行く際に持って行こう!』って思うんですけど、朝イチで行くにはちょっと重たいかなぁ~って、つい置いて行っちゃうんですよね」

 

——どんなモノを撮影していたんですか?

愛子 「桜島とかよく撮っていました。でもスマホの方が“映える”写真も撮りやすいし、何よりお手軽なので、どうしてもそちらに頼っちゃいがちで(汗)」

 

——ですよね。でも趣味=カメラは、今後何かしらお仕事にも繋がりそうだしアリ! ということで次です。お次のテーマは【スポット】。これからクリスマスに向けて気になる“映え”スポットってありますか?

愛子 「う~ん、どこだろう? あっ、鹿児島のドルフィンポート近くにある並木通りのイルミネーションが、メッチャ綺麗でオススメです♡」

 

——さすが地元! お次はコチラ。パシフィコ横浜をシンガーソングライターとしての目標に掲げていますが、1階~3階までで総キャパは約5000席。もしここでのライブを実現できるとしたら、どんな感じにしたいですか?

愛子 「目標を達成する頃には、ちょっとだけ恋愛もしてそうなので……分かんないけど(汗)。なので女性客限定の女祭りにして、ファンの皆さんと恋愛の話をししたり、客席の近くまで行って触れ合いながらみんなで歌ったりとか、そういうライブが出来たら楽しいだろうなぁ~って妄想しています(笑)」

——愛子さんはダンスも得意ということなので、シンガーソングライターでダンスも踊るっていうのはアリじゃないですか? 三浦大知さんや岡村靖幸さん、さらにはマイケル・ジャクソンみたいに。

愛子 「たしかに以前、声優の田野アサミさんと森ハヤシさんのラジオに出演させてもらった際に、『踊りながら歌うのもイイし、立ってピアノを弾くのもイイじゃん!』って言われたことがあって。私もアンジェラ・アキさんのように全身でピアノを弾く方はすごい素敵だなって思うんですが、今はまだピアノを歌と並行して弾くというのが課題なので、もっともっと練習して研究して、いつかは間奏部分で踊ったり出来たらなって。実現したら楽しそうですよね♪」

 

——キャパの大きな会場だったら、アクションが大きい方が観ている方も楽しそうですしね。

愛子 「そうですね!」

 

——まだまだいきます! 次のテーマは【スタイル】。ライブであいみょんの『君はロックを聴かない』のカバーを歌った際に、「私もカッコイイ女の人になれるようにがんばりたい」と目標を語ったそうですが、愛子さんの考えるカッコいい女性像とは?

愛子 「う~ん、意思がブレない人。人の気持ちを聞いて、理解しつつも自分の気持ちを真っ直ぐ言える人。最近はこういう人って減っていると思うんですよ、分かんないけど(汗)……」

 

——意思がブレない人というのは、具体的にはどんな人ですか?

愛子 「人の気持ちを理解できない時ってそこで止まっちゃいがちだけど、どんなに頭にきていてもちゃんと相手の声に耳を傾けて、落ち着いて冷静に話しが出来る女性はカッコイイと思います!」

——元生徒会長ですからね、周囲の意見に耳を傾けるっていうのは慣れたものなんじゃないかなと。では、最後のテーマ【ミュージック】! 先ほど、ラブソングなんて話も出ましたが、今後はどういった曲にチャレンジしてみたいですか?

愛子 「擬人法で曲を書いてみたいなぁと思っています。例えば、一時期ハマっていた水に例えて曲を書こうとした時は“無色透明な君だけど、何にだって変われるじゃん!”みたいな感じで。私の曲はどストレートな歌詞が多いと思うんですけど、もう少し遠回しな表現ができるようになれば、聴いてくれた人が『どんなことを歌っているんだろう!?』って曲を何度も聴いて、歌詞も何度も読み込んで理解してもらう。そんな曲が作れるんじゃないかなって。まだまだ私にはレベルが高いんですけどね」

 

——いつ頃、そういった曲が発表できそうですか?

愛子 「来年位には発表出来るように頑張りたいと思います!」

 

——では、本当に最後の質問です。最近良く聴いている曲は、奥華子さんの『変わらないもの』だそうですが、高校生になっても“変わらないもの”ってなんですか?

愛子 「アイスが好きなこと♡ 最近はパピコの濃いホワイトサワー味とパルム。そこはもう王道ですよね♪ あとは暴飲暴食!? 白米が大好きなことも変わってないです(笑)。あと、食べ物といえば、お母さんが作ってくれるご飯やお弁当も美味しいです! ケンカした時は、お弁当を作ってくれなかったりするけど(笑)」

 

——食いしん坊キャラも相変わらずで一安心。 では、これからも自分の中で“変わらないもの・コト”は?

愛子 「歌が好きという気持ちは、どんなことがあってもずっと変わらないと思います!」

——最高の締めの言葉をいただきました。ありがとうございました!

 

 

2ndシングル『Choice』

発売中(CD/ASCM-16 / ¥1,200(tax in))

8月22日にリリースされた1stシングル『スマイル』以来となる2ndシングル。表題曲とそのインストゥルメンタルに加え、カップリングとしてCrushの『Beautiful』、8月開催のワンマンライブより『同じ空の下』のライブ音源を収録。さらにアミューズのWebショップ「アスマート」では特典として、8月開催の単独公演より『スマイル』と『なんでもない』のライブ音源を収めたCDを用意。またそのほかのCDショップではB3サイズのオリジナルポスターを購入者特典として配布!

  1. Choice
  2. Beautiful
  3. 同じ空の下(2018.08.19 Live at Shibuya gee-ge.)
  4. Choice(Instrumental)

【山出愛子】やまいで あいこ
2002年12月1日生まれ
鹿児島県出身
特技:ピアノ・書道
趣味:映画・音楽鑑賞
2013.5~2018.3まで、アミューズ所属の成長期限定ユニット『さくら学院』のメンバーとして活動。グループを卒業した現在は、高校生活とシンガーソングライターとしての活動を両立中。

公式サイト http://www.yamaideaiko.com/
公式Twitter @aiko_yamaide
公式Instagram @aiko_yamaide

取材・文/TOMMY 写真/河野優太

« 一覧