2017.10.17 Tue UPDATE CULTURE

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 世界基準!?のアイドル「わーすた」を直撃

「アイドル戦国時代」といわれだして、もうだいぶ経つ。かつては、ヲタクのカルチャーだと、バカにされていた節もあったが、今や「市民権」を得た“アイドル”は、今や定番のカルチャーのひとつとなった。そんななか、今どきのアイドルは、おしゃれだという。その実態をさぐるべく、ひとつのアイドルに迫ってみた。

写真/河野優太

 

今回、ターゲットとなったのは”世界基準”のアイドルを目指して活動中の『わーすた』さん。

 

エイベックス「iDOL Street」のデビュー候補生の中から選抜された、歌も踊りもキャラクターもとびぬけちゃって5人のオンナノコが活躍する、新時代のアイドルグループ「わーすた」。楽曲プロデュースを稀代の天才プロデューサー・鈴木まなか氏が務めるなど、音楽業界のみならず、JAPANカルチャーを発信したいあらゆる筋から注目を浴びている。また期待の若手クリエイターたちが集まり、作り上げられた衣装、振り付けを含めた世界観は、大注目。しかも、そのクリエイターは全員、女性で「女の子たちがつくった、女の子のかわいい」を発信する。これから確実に伸びるであろうアイドルだ。

ということで、いきなりファッションチェック!!

 

アイドルとして活動している彼女たちがこちら!

(左から:松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、小玉梨々華、坂元葉月)

 

 

そして、この企画のテーマ「今どきのアイドルはおしゃれだ」は、本当なのか、ガチ私服で登場してもらった!!

(左から:坂元葉月、松田美里、三品瑠香、廣川奈々聖、小玉梨々華)

 

スタイリッシュで今っぽい感じの5人とも仕上がってますね♪

 

そんな彼女たち。

10月18日に4thシングル『最上級ぱらどっくす』と2ndアルバム『パラドックス ワールド』を同時リリースするという。なので、そのリリースについて、インタビューしたので、ご覧あれ(笑)。

 

 

―まずは新曲『最上級ぱらどっくす』について訊かせてください

 

廣川奈々聖(以下:奈々聖)「疾走感のある曲なんですけど、1曲のなかでもAメロ、Bメロ、サビと曲調がコロコロ変わるので、いろんな楽しみ方できるのが、この曲の魅力です。歌詞は“パラドックス(矛盾)”という言葉を使って、かわいらしい歌詞でありつつ、日常で感じる矛盾とかをうまく表してもらっていて、小さい子から大人の方まで、広い年齢層に受け入れてもらえると思います」

 

小玉梨々華(以下:梨々華)「アニメの主題歌にもなっているので、そちらでもチェックしてほしいです」

 

―パフォーマンスで見て欲しいところとかありますか

三品瑠香(以下:瑠香)「サビの頭に、簡単なフリがあるんですよ。だから、みんなも真似できて、いっしょに手を回してくれたら、そろったりして楽しいと思います。そのフリはぜひやってほしいです」

 

奈々聖「あと間奏でラインダンスが少しだけあって、かわいいのでぜひ注目してみてほしいです」

―ミュージックビデオはどんな感じのものになっていますか?

 

瑠香「この曲のミュージックビデオは、静止画がコミックっぽく、どんどんつながっていくんですよ。映像と組み合わさったときに、かなり新鮮な印象を受けると思います。静止画なんですけど、曲調と合わさって、疾走感をあって! 楽しく見れます」

 

坂元葉月(以下:葉月)「画面が写真でいっぱいになって、かわいらしい感じにも仕上がってます。切り替わっていく感じがおしゃれにも見えますよ♪」

 

梨々華「静止画だけじゃなく、リップシーンもちょくちょく入ってきて、動画を交えて、CGを使って、『わーすた』の世界観をギュッと詰め込んだような、今までとは違ったミュージックビデオになってます」

 

―衣装はどんな感じですか?

 

松田美里(以下:美里)「いつも衣装にはこだわっているんですけど、今回は特に注目してほしいです。ミュージックビデオの後半のほうとか、光ってるんですよ!」

 

―ど、どういうことですか!?

美里「光るシステムになっているんです!!」

 

瑠香「いや、わからないから(笑)。耳と胸のところに導線で、ライトが入っているんです」

 

梨々華「ミュージックビデオでは、周りがシンプルなセットになっているんで、光っていることで近未来的な印象になるんじゃないかなと」

―2曲目の『GOGO!プリパライフ』はどんな曲ですか

奈々聖「もともと『アイドルタイム プリパラ』というゲームのなかの曲で、それを私たちがカバーした曲です。3曲目の『ハロハロフレンズ』も同じです」

 

葉月「先日、このゲームのイベントがあったんですけど、私たちのことを知らない、小さな子たちもいっしょになって盛り上がってくれたので、不思議な感じでしたが、うれしいできごとでした。わーすた、ではなく曲でつながった感じがして」

 

 

 

―ではでは、シングルと同日発売となるアルバム『パラドックス ワールド』について、訊いていきたいと思います。

 

奈々聖「セカンドアルバムになるんですけど、ファーストから1年ちょっとしか経っていないのに、出させてもらえたことがまずはうれしかったです」

 

梨々華「ファーストに比べて、より成長した『わーすた』が感じられるんじゃないかなと。声や歌い方も変わっていますし(笑)。またライブとCDでの曲の違いも楽しめると思うので、音源ならでは、感じを味わってもらいたいです」

 

―1曲1曲についても訊いていきたいです。まずは1曲目に収録されている『恋するにゃこたん~フリもフラレもあなたのまま~』はどんな曲ですか?

 

瑠香「恋愛シュミレーションゲームがテーマになっていて、曲調がかわいい歌詞とは、ぜんぜん違ってロック調なのが、おもしろいです」

 

梨々華「主人公・にゃこたん には性別を特定していなくて、ライバル・にゃごたんとの恋愛バトルを描いているんです」

 

美里「恋愛シュミレーションゲームの要素がたくさんあって、好きな人をめぐって、“戦う”か“逃げる”か、選択がでてきて、迷っているシーンとか、好きっていうか、いわないか揺れている歌詞とか、性別を特定していないこともあって、男女ともに自分に置き換えやすい曲になってます」

 

 

―わーすたさん、そのものテーマとも通じる『Magical Word』について訊かせてください

 

美里「『あいさつの魔法でみんな友達』っていうフレーズを、メンバーそれぞれが※今勉強している国の言葉で歌っています。たとえば、私は中国語なんですけど、“ニーハオ”っていっていたりするんです。結成以来、ずっと担当している外国語があったんですけど、初めて、学んでいる語学が歌詞になった曲なんです」

 

葉月「海外にいったときとか、その国の言葉が曲に出てくると、うれしい顔をしてくれるので、わたしたちのグループのコンセプトである“ワールドスタンダード(世界基準)”を表現できている曲だと思います」

 

―もともと、それぞれの学んでいる言葉を使うって決めて、つくられた曲なんですか

 

奈々聖「たまたま会話のなかで、“学んでいる言葉を入れた曲があったら、おもしろいよね”っていって、それが叶った曲でした。でも、曲調自体は日本っぽくて、フリなんかも和風。そこのコントラストを楽しんでもらいたいです」

 

―ハートフルな歌詞の『ねぇ愛してみて』はどんな曲ですか

梨々華「家族のことを歌っているんですが、恋愛ソング。というちょっと今までにない歌詞を歌っています。好きな人をただ好きということではなくて、“好きな人のおとうさん、おかあさん、おじいちゃん、おばあちゃんまで好きだ”という曲です」

 

葉月「好きな人が今ここにいるのは、その家族のおかげだから、みんなに感謝しようっていう内容なんです。家族を含めた『ほっこりソング』みたいな(笑)」

 

梨々華「おとうさん、おかあさんが出会えた奇跡とか、今想っている人がここにいれて、こういう人に育ててくれたことに対する感謝みたいなものを表現していて、で、そのおとうさん、おかあさんがいれたのは、おじいちゃん、おばあちゃんのおかげだし、好きな人だけじゃなくて、今のこの状況の奇跡に感謝する歌です」

 

瑠香「ありがとうっていう気持ち全開の曲!!!!」

 

 

―ストレートなラブソング『Stay with me baby』についても訊かせてください

奈々聖「今までに『わーすた』になかったくらいの重い恋愛ソング」

 

美里「わたしたち、結構、ラブソングを歌ってきたんですけど、ほんとに歌詞が重くて、愛が…(笑)。いや重いじゃなくて、深いにしましょ(笑)。」

 

奈々聖「曲調もすっごくかっこよくて、ライブのときの会場全体の雰囲気もグッと締まるんです。みんな聞き入ってくれて、うれしいです」

 

 

―では、最後に今日はメンズジョーカーという20代後半~30代前半の男性向けのファッション誌の取材なのですが、わーすたさん的に読者にどんな風にこのアルバムを聞いてほしいと思いますか?

 

奈々聖「ドライブのときに、聴いてほしい。わーすたの曲は1曲1曲が違った個性をもっているので、気分やロケーションに合わせて、曲を選びながら聴いて欲しいです」

 

瑠香「幅広い楽曲がそろっているので、どんな曲が好みでも、どこか引っかかると思いますし、歌詞も注目してもらいたいです。きっと初めての方でも、どこか好きになってもらえる曲が絶対あると思います」

 

―読者にメッセージを!!

葉月「わーすたは曲もメンバーも、いい意味で統一感がないので、見てもらうと、好きな曲だったり、好きなメンバーが発見できるグループなので興味をもってもらえると。もちろん、ライブがめっちゃ楽しいですし、動画撮影がOKなので、どこかで見てもらって、少しでも興味をもってもらえるとうれしいです。応援よろしくお願いします!!!!」

 

 

明日からはメンバーそれぞれのファッション分析&コメントを公開していきます!!!!!!

 

 

 

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 新世代アイドル「わーすた」の三品瑠香ちゃんを直撃

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 新世代アイドル「わーすた」の小玉梨々華ちゃんを直撃

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 新世代アイドル「わーすた」の松田美里ちゃんを直撃

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 新世代アイドル「わーすた」の廣川奈々聖ちゃんを直撃

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 新世代アイドル「わーすた」の坂元葉月ちゃんを直撃

 

 

 

わーすた 2nd album「パラドックス ワールド」

<CD収録楽曲>
01 恋するにゃこたん~フリもフラレもあなたのまま~
02 Just be yourself
03 最上級ぱらどっくす
04 Magical Word
05 ねぇ愛してみて
06 Stay with me baby
07 ゆうめいに、にゃりたい。
08 NEWにゃーくにゃくにゃ水族館2
09 ぱわわわわん!!! パワーパフ ガールズ
10 グーチョキパンツの正義さん
11 完全なるアイドル
12 約束だから

[通常版]¥2,700(tax in)

[CD+Blu-ray盤]¥5,400(tax in)

 

 

わーすた 4th Single「最上級ぱらどっくす」

 

<CD収録楽曲>
01.最上級ぱらどっくす
02.GOGO!プリパライフ
03.ハロハロフレンズ
04.最上級ぱらどっくす(KARAOKE)

 

[通常盤(プリパラジャケット仕様)]¥1,000(tax in)

« 一覧