2018.06.20 Wed UPDATE CULTURE

世界に”KAWAII”を届け続ける『わーすた』の4年目は”わんだふるYEAR”

結成4年目を迎え、この一年を”わんだふるYEAR”と掲げ、ますます注目を集めるアイドルグループ『わーすた』。ニッポンが世界に誇れる文化「アイドル」「ゲーム」「マンガ・アニメ」をぎゅっと凝縮して、世界へもっと「KAWAII JAPAN」を発信している。”わんだふるYEAR”となる1年には「12ヵ月連続新曲発表」など、ビッグなことがぎゅっとつまっている。そんな彼女たちが6月20日に新ミニアルバム『JUMPING SUMMER』をリリース。どんなアルバムになっているか語ってもらった。

 

『わーすた』結成3周年記念インタビュー! ニッポンが誇る文化を世界に届けるアイドルの軌跡

今どきのアイドルは私服がおしゃれだった件!! 世界基準!?のアイドル「わーすた」を直撃

 

―まずはわーすたってどんなグループですか?

廣川奈々聖(以下:廣川) 「“わーすた”っていうのが『ザ・ワールド・スタンダード』という英語の略で、世界標準を目指して、世界のいろんなジャンルの音楽を取り入れながら、歌ったり踊ったりしているアイドルグループです」

三品瑠香(以下:三品) 「あとは日本の“かわいい”カルチャーを世界に発信したいと思っています」

小玉梨々華(以下:小玉) 「それがこの衣装とかにも反映されいるんです!」

 

―6月20日発売の新ミニアルバム『JUMPING SUMMER』はどんなアルバムになっていますか?

小玉 「夏にぴったりな曲が多いなって感じです」

三品 「今までは“わーすた”の曲は、同じ人に曲を書いてもらうことが多かったんですけど、4年目は〝わんだふるYEAR〞を掲げて、新しい風を私たちのなかに吹き込もうということで、楽曲などで今まで関わってなかったクリエーターさんに曲を提供してもらい、今までの“わーすた”にはなかった曲が見せれるようなアルバムになっていると思います」

―衣装が印象的ですよね

松田美里(以下:松田) 「ミニアルバムのリード曲が『タピオカミルクティー』という曲なので、それをイメージしてチャイナっぽいモチーフが全体にあって、注目は背中のストローの中にタピオカが入っているんです」

 

―多少、動きずらそうですが…(笑)

坂元葉月(以下:坂元) 「いや、動きやすいですよ。見た目ほど、重くないですし。若干、頭のやつが重いですけど(笑)」

―ちょうど5曲収録させているので、ひとり1曲ずつ紹介をお願いします。まずは1曲目の『JUMPING SUMMER』から

松田 「はいっ!!  『JUMPING SUMMER』です。(いや違うでしょう…笑)この曲は…アールアンドビーを取り入れていて、結構男性のアーティストさんが歌いそうな曲だなって思いました。でも“わーすた”が歌ってみて、完成したものを聞いてみると、いつもの“わーすた”とは違うんですけど、かわいらしさも残しつつ、おしゃれさも入り混じっている感じになったなって。タイトルは、楽しそうな言葉を使っていはいるんですけど、歌詞の最後に“限られた永遠の中 Jump!”という部分があって、個人的にはせつなさもある曲だと感じています。はやくファンの方たちといっしょにこの曲で盛り上がりたいなって、夏にたくさん披露したいなって、思う曲です」

 

―では、2曲目の『タピオカミルクティー』について

三品 「タピオカミルクティーですね!! う~んと、曲自体はすごくおしゃれな感じになっているんですが、歌詞は“好きな人といたら苦手だったタピオカミルクティーが飲めるようになった”というかわいらしい青春を描いたものになっているんですね。聴いていてキュンキュンする、甘い、甘い曲です。振り付けも、かわいらしくて、タピオカをたくさんつくっていんですよ、振りの中で。アイドルっぽく、かわいらく踊ってます」

―3曲目の『PLA TONIC GIRL』

廣川 「『PLA TONIC GIRL』は、ハードロックな曲になっていて、ツンデレな女の子が主人公の曲です。この曲こそ、今までの“わーすた”にはなかっためちゃめちゃハードな曲で、すごくライブ映えする、かっこいい曲になったなって。この曲は(三品)瑠香とわたし、ふたりだけで歌っている曲なんですが、掛け合いの部分とかかっこよくなっているんで、注目してほしいです。歌い方も普段の曲では表現できない、巻き舌とかテンション感とかがぜんぜん違うので、ぜひぜひライブで聴いてもらいたいです。ふたりのSっぽくしているところとかも(笑)」

 

―4曲目の『スタンドアロン・コンプレックス』

小玉 「この曲は、ギターロックを取り入れた曲なんですけど、今までの“わーすた”になかった、暗く、重い、せつなさや孤独を表現した曲になってます。そのなかで、歌詞には聴いている人でも共感してくれるような、だれもが抱く気持ちだったり、決意だったりがすごく描かれていて、ほんとに心に刺さるような歌詞とメロディになっているので、歌詞を見ながら聴いてほしいです。パフォーマンスをするときには、ヴォーカルふたりだけがマイクをもちながら、私たち三人は大きな扇子をもちながら、今まで表現したことのない表現をしているので、ライブでも見て欲しいです」

―歌詞のなかで気になるところはありますか?

小玉 「共感する部分だったり、自分と重なる部分がたくさんあるんですけど、“人に合わせて 顔色をうかがって 仲よしっていう鎧が重かった”かな…」

…一同、爆笑
三品 「笑…そっかそんなこと思ってたんだぁ~」

小玉 「いやいや違う、違うんですよ(笑)。人に合わせることってだれでもあるじゃないですか!! 顔色うかがったりとか。そういうのが知らないうちに自分のなかで重くなっていったりするじゃないですか。だからだれでも経験あるんじゃないかなって、この歌詞を見たときに納得しました」

 

―最後、5曲目の『プリティー☆チャンネル』

坂元 「この曲は今回のミニアルバムのなかで1番“わーすた”らしい曲になってます。『キラッとプリチャン』というアニメの曲にもなっていて、曲も振りもキャッチ―で、一度見ただけでみんな踊れるような、簡単な振付になっているので、ファンの方にはもちろんいっしょに踊って欲しいですし、アニメのイベントでは小さい子たちにもたくさん踊って欲しいです」

―4周年を迎え“わんだふるYEAR”を掲げていくなかで、今後、12カ月連続で新曲発表をするとのことですが、どんな展開が待っているのでしょうか?

廣川 「すごくうれしいことですよね。メンバーそれぞれにスタッフさんがどんな曲を歌いたいか、聞いてくれたり、イメージを共有する中で反映されていることとかも出てきたりしていて、新しいことをやっているなっ、って感じです。アイデアも自分たちでどんどん出していて、つくってほしいっていた曲がどんな風に出てくるか、私たち自身もすごく楽しみにしています」

三品 「より自分たちのやりたいこと、自分たちの意思が込められた1年になりそうです」

 

―夏に向けて、どんな活動が期待できますか?

三品 「ツアーもはじまりますし、夏に向けてアツいライブで、夏を盛り上げて、わんだるYEARを“わんだふる”な1年にしたいです!!!」

ニューミニアルバム『JUMPING SUMMER』6月20日リリース


ダンスナンバー、ロックナンバー、アイドルソング、切ないミディアムナンバー、アニソンとわーすたの新しい側面、魅力が詰まった1枚。

CD+Blu-ray 2000円、CD only 1500円
avex trax/6月20日発売

【わーすたプロフィール】
大注目のニッポンが世界に誇れる文化「アイドル」+「ゲーム」+「マンガ・アニメ」をギュッと凝縮したアイドルグループ。プロデュース、楽曲、振り付け、衣装など、すべて女性クリエーターによって作られる日本の“カワイイ” を世界に届ける。

わーすた オフィシャルウェブサイト

わーすた Twitter公式アカウント

三品瑠香 公式アカウント
Twitter  / Instagram

廣川奈々聖 公式アカウント
Twitter  / Instagram

松田美里公式アカウント
Twitter  / Instagram

小玉梨々華公式アカウント
Twitter  / Instagram

坂元葉月公式アカウント
Twitter  / Instagram

 

写真/木嶋光雄

世界に日本の“かわいい”を発信するアイドル「わーすた」
× Men’s JOKER

Tシャツ ¥4,990(税抜) 予約受付中!! 限定100枚だけ

今大注目のニッポンが世界に誇れる文化「アイドル」+「ゲーム」+「マンガ・アニメ」をギュッと凝縮したアイドル【わーすた】とMen’s JOKERとのコラボT!日本の“カワイイ” を世界に届ける<わーすた>を世界一を愛するMen’s JOKERの“わーすた愛”から実現した本コラボ。イラストは、独特なタッチで等身大のガールイラストを制作している若手イラストレーター・雪下まゆさんに依頼。人を惹きつける世界観の中に、どこかやわらかさと強烈さを合わせもつ絵で新しいアーティスト像を創出している。気鋭の雪下まゆさんの描き下ろしなど何気に豪華。制服姿のキュートなメンバーをプリントした一枚は街でも着られるシャレた仕上がりに。

購入対象オリジナル特典
各メンバー3種ずつ計15点のチェキを抽選でプレゼント!

« 一覧