2019.12.25 Wed UPDATE GIRL

メンバーの卒業、新体制、成長、そして10年目へ…SUPER☆GiRLSがそんな1年の集大成を飾る

2010年のグループの結成以来、2度のメンバー追加を経て、先日10年目に突入した【SUPER☆GiRLS】が12月25日に2019年の集大成として5th ALBUM『超絶★学園 ~ときめきHighレンジ!!!~』をリリース。

2019年1月には、結成メンバーである3名を含めた5名がグループを卒業。そして、7名の新メンバーが加わり、新体制でのスタートとなった2019年は成長していく彼女たちを見れる一年でもあった。メンバーそれぞれの立場も変わっていくなかで、新鮮さと成長が詰まった一年を詰めたアルバムは魅力満載だ。

そんな一年を振り返ってもらうとともに、記念すべき10年目の年として突入する2020年に向けての意気込みをこの一年、体制の変化というたいへんなグループを引っ張り支えたリーダー・渡邉幸愛、センター曲を2曲も務めた阿部夢梨、新加入メンバーとしてSUPER☆GiRLSに新しいエッセンスを注入した坂林佳奈、井上真由子、樋口なづなの5名に訊いた。

SUPER☆GiRLSを一年間引っ張り続けた 渡邉幸愛 『2020年はカマないようにしたい(笑)』

SUPER☆GiRLS10周年に向けて阿部夢梨の2019年は『ひとりの人間として大きくなれた一年』

SUPER☆GiRLSに加入して1年 坂林佳奈がくやしかったことは『焼肉…』!?

SUPER☆GiRLS 井上真由子 加入して一番印象に残ったこととは…!?

――昨年末のインタビューで渡邉幸愛さんが新体制になって“挑戦したいこと”“成し遂げたいこと”(その際のインタビューはこちら<https://mensjoker.jp/54717>)を聞いたいとき、「しばらく出していないので、アルバムを出したいです」と応えていましたが、念願叶ってのアルバムリリースとなりました。メンバーの卒業、新体制スタートなどなどあった一年間が詰まったアルバムですが、どんな思いが詰まっていますか?

渡邉幸愛 12月25日にアルバム『超絶★学園 ~ときめきHighレンジ!!!~』をリリースします!第4章になってリリースした第1弾シングル『コングラCHUレーション!!!!』から、『夢限大FOREVER』と新収録される曲もあるんですけど、各メンバーのセンター曲が収録されているアルバムになっています。こんなに恵まれてる環境は過去になかったと思うんですよ。本当に全員がセンターを頂いて、しかも一年目のときに、本当にありがたい環境だし、それぞれセンターを務めているからこそ、責任感もそれぞれにありますし、一年間MV撮影も全曲やって正直大変だった時もあったんですけど、感謝の気持ちとそれぞれの曲への思い、入れがたくさんあります。

 

【ここからは今年のSUPER☆GiRLSの一年を振り返るべき収録されているシングル曲のインタビューを振り返っていこう】

――新体制になって初めての曲『コングラCHUレーション!!!!』。まさにこのときのSUPER☆GiRLSにぴったりな曲になってますね。<2019.2.25配信記事より

渡邉幸愛 第4章のスタートの曲。“はじまり”“スタート”を祝福するようなハッピーな曲になっています。私たち自身がまさにスタートで、おめでとうっていう気持ちもあるし、年度が切りかわって、新しくなにかを始める人、環境が変わる人たちの心にも響くような曲になっているので、とくに新しいチャレンジをする人に聞いてほしい1曲になっています。

渡邉幸愛

 

――この曲のなかで気に入っている歌詞はありますか?

阿部夢梨 第3期メンバーで歌っている“泣いたり笑ったり 大事な人が増えてきて”っていう歌詞がすごく好きで、これまでもそうでしたけど、いっしょに泣いたり笑ったりしているうちに、自分の人生のなかでどんどん増えていって、新体制でも新メンバーといっしょに泣いたり笑ったりしながら、この出会いと運命のなかで欠けがえのないグループ11人になっていけたらなって思います。

井上真由子 “夢をのせて 一緒に笑顔でいよう”のところが好きです。いい言葉しか詰まっていないいい曲になっています。すごく前向きになれる、ひとりじゃないっていうことを思い出させてくれる曲です

坂林佳奈 “そう私たちの未来図はすでに、もう輝きだしてるよ”という歌詞がとくに大好きです。この曲の心臓だと言っていいと思う歌詞です

樋口なづな “MAXソワソワ”の部分で門林ちゃんに指をつかまれるところが好きです

 

――『夏といえば”スパガ”』――。今やアイドル業界の夏は、SUPER☆GiRLS抜きでは語れません。2019年の夏にも夏曲をリリース。『ナツカレ★バケーション』について訊かせてください。<2019.6.13配信記事より

阿部夢梨 SUPER☆GiRLSにとって、22枚目のシングル『ナツカレ★バケーション』。“スパガといえば夏”という言葉に沿うような、夏のみなさんの代表曲になれるように、みんな気合をいれて撮影、レコーディングした勝負の一曲だと思っています。2020年に向かって、日本武道館に向かって走っていくために、2019年の夏は“勝負の夏”だと思ってつくった曲でした。この『ナツカレ★バケーション』を引っ提げて、2020年でも対バンライブ、フェスなどで『ナツカレ★バケーション』が流れたら“この曲流れたから、スパガだ、いこー”って思ってもらえるくらいにたくさんの人に届いたらいいなって思っています!

阿部夢梨

 

―― では、それぞれに好きな歌詞を聞いていきたいです。

坂林佳奈 私は “既読スルーされてショッキング”ですね。なんかこの歌詞をパって見たときに、すごい現代っぽい歌詞が含まれてて、言い回しとかもすごい今っぽいし、ほんとに“既読スルーされてショッキング”って(阿部)夢梨ちゃんが言いそうで(笑)」

阿部夢梨 え、いうかな?笑。ふつー噓やん(笑)

坂林佳奈 高校生たちが使ってそうな言葉を取り入れていて新しいなと思いました

坂林佳奈

 

阿部夢梨 私は“水着の写真 送ってなんて「誰にでもこう言うコト言う人なの?」”っていう歌詞が好きなんですけど、本当に恋愛初心者というか、初々しい感じが歌詞から伝わってくるのでかわいいな、と思ってすごい好きですね

渡邉幸愛 はい、わたしは“こんなに笑って泣いた夏は二度とこないんじゃない?!”ってところなんですけど、この歌詞にこの曲のすべてが詰まっている気がして。初めて恋して楽しい気持ちを知って、好きですって告白して、失恋して悲しさ切なさを感じるっていうのもこの歌詞には詰まっていると思うので好きです

 

―― 阿部夢梨さんにとっては初のセンター曲。阿部さんだからこそやってみたこととかありますか?

阿部夢梨 そうですね、私が歌詞にある恋する女の子役としてフォーメーションとかもつくっていただいているんですけど“はじめての恋愛”をMV撮影だったり、レコーディングだったり、想像してすべてのことに挑ませてもらったし意識しながらやりました。曲中のセリフの中にも『好きです』っていうのがあるんですけど、そこも初めての告白なので、すごい初々しい感じで何回も録り直したので、ぜひ注目してほしいなって思います

 

―― 秋にリリースした青春恋愛ソング『片想いのシンデレラ』。どんな曲ですか?<2019.9.13 配信記事より

阿部夢梨 この曲は、すごく奥手な女の子が、女優になりきってスイッチオンオフして好きな男の子にアタックしていくという曲になっています。歌詞でもダンスでも、SUPER☆GiRLS史上初めてミュージカル風な表現に挑戦させていただきました。ミュージックビデオではワンカットシーンにも挑戦させていただいたり、わたしたちの新しい一面が見られる、新感覚な曲になっていると思います。

 

―― 注目してほしい、または好きな歌詞を教えてください。

渡邉幸愛 私はですね、すごく独特かもしれないんですけど、「どうしよ…あの子もライバルなんだとしたら…(T_T)」という歌詞があるんです。「きらきらしてる女の子がいる」って、主人公の女の子が嫉妬しちゃうくらい素敵な女の子が直前の歌詞に出てくるんですけど、そのあとに「どうしよ…あの子もライバルなんだとしたら…(T_T)」っていってるんです。学校だったとしても、社会人だったとしても、周りにいるキレイな女性がもし同じ人を好きだったらどうしようとかやっぱあるじゃないですか。そういうのを想像できるこの不安を描いているこの部分にかわいらしさを感じちゃいます。どうしようってなってる女の子のかわいらしい気持ちっていうのがキュンとしたので、私はここが好きです。

阿部夢梨 私が一番好きなところは、そうですね、Bメロ部分が全体的に好きなんですけど、「いつかは自然なままでお喋りできますように…♡」って私自身が歌っているところが本当にかわいくて好きなんですよね。前後の部分が恋をオーディションに例えている歌詞があるんです。で、その告白のセリフも「撮り直し きかないワンカット」っていう風に歌っていて、全部上手に演技というかミュージカル風に例えている、本当にかわいい歌詞だなって。好きな人ともしつき合えたとしてもドキドキしながら自分らしくしゃべれないって悩みもずっとあると思うのですごくココは素敵で、かわいいなと思いながらいつも歌ってます。

井上真由子 私が好きな歌詞は「自信を追加して準備万端!!ハイっ!!!!! Let’s GO☆☆」ってところなんですけど。私自身が奥手っていうか、あまり前に出るタイプじゃないのでこういう“自信を追加して頑張ろう”っていうスイッチを入れ替えるところが憧れるなと思って。すごく好きです。

井上真由子

 

樋口なづな 私は「魔法が解けても、わたしを愛してくれませんか?♡」ってところなんです。歌の前半部分でスイッチをオンにするためにずっと魔法にかかってたんですけど、告白の部分でなんで魔法にかかってたこと言っちゃうんだろって。猫被ってたって言っちゃうんだろって思ったんです。(笑)けど、それを白状してしまう主人公の夢梨さんのセリフというか歌詞さえもかわいいなと思ってしまってこの歌詞がすごく好きです。

 

 

――SUPER☆GiRLSとしての来年への目標みたいな、個人的な目標でもいいのでお1人ずつ発表してください

渡邉幸愛 2020年はSUPER☆GiRLSが結成もデビューも10周年を迎えるんですよ。それにプラスしてオリンピックイヤーっていう奇跡的なタイミングで、SUPER☆GiRLSの全盛期は多分一期生がいる時にできてたと思うんですけど、もう一回全盛期を作る気持ちで、2020年はアイドルといったらスパガ思ってもらえるくらい大きいグループ、いろんな人に知ってもらえる一年になればいいなと思います。

阿部夢梨 2020年はもっといろんなファンの方に出会って大きい存在になりたいですし、アイドル界にまたアイドルブームを巻き起こせるような大きい存在になれるように頑張りたいと思います。

坂林佳奈 加入してから今まで成長を止めたくないって思いが強いです。成長してパフォーマンスを上げて、たくさんのファンの人と一緒に武道館を目指せるようになりたいです。

井上真由子 スパガは2020年に武道館いくぞっていう夢があるので、それを成功させたいっていうのと、私はメンバー全員すごい個性もあってもっと皆にみてもらったら、輝けると思うので、色んな人にスパガを知ってもらえるように頑張りたいです。

樋口なづな はい、私はスパガが10周年を迎えるということで武道館をめざしているんですけど、私は歌がすごく好きなので、逆に歌だけでなく、ダンスだったりトークだったり色んな面でスパガに貢献できるメンバーになっていけたらいいなと思います。

樋口なづな

 

―― 最後にメッセージを

渡邉幸愛 2019年新体制になってゼロからのスタートの中、たくさんの方が支えてくれたおかげで、頑張ってこられました。その感謝の気持ちをもっともっと返せるように頑張っていきます。これからもスパガと一緒に歩んでほしい気持ちでいっぱいです。

 

5th ALBUM
『超絶★学園 ~ときめきHighレンジ!!!~』

昨年12月に新メンバーが7名加わり新体制となったSUPER☆GiRLSが、待望のオリジナルアルバムをリリース!!

新体制第1弾シングル「コングラCHUレーション!!!!」、スマッシュヒットとなった夏曲「ナツカレ★バケーション」、7月より発表している全員センター曲、そして新曲を含む全15曲を収録予定。新体制になってからの、彼女たちの活動を振り返ることができるマストアイテム!!

 

【プロフィール】
SUPER☆GiRLS
2010年にエイベックス初のアイドルグループとして応募総数約7000名の中から選ばれた12名によって結成。以来、2度のメンバー追加を経て現在活動9年目に突入。結成10周年を迎える2020年の目前に、結成メンバーである3名を含めた5名が卒業を発表。2018年12月19日、デビュー8周年記念ライブステージで登壇・お披露目し新メンバー、金澤有希、石丸千賀、坂林佳奈、井上真由子、門林有羽、樋口なづな、松本愛花の7名が加入し、2019年はSUPER☆GiRLS第4章をスタートさせ、2020年の誕生10周年記念イヤーにむけて突き進みます!
公式サイト:https://supergirls.jp

写真/河野優太

« 一覧

キーワード

関連記事

最新記事