2018.02.19 Mon UPDATE INTERVIEW

深川麻衣が自身の恋愛観を語る! 映画『パンとバスと2度目のハツコイ』公開記念インタビュー

昨年は舞台やドラマに出演し、役者としての経験も重ねた深川麻衣。彼女が映画初出演にして初主演となる作品が『パンとバスと2度目のハツコイ』だ。年齢や出身地、経歴など、本人と重なる要素も多く、彼女の魅力と透明感が存分に引き出された作品はどのように生まれたのか。『Men’s JOKER』3月号の誌面に掲載されたインタビューの完全版を特別公開する。

 

 

――『パンとバスと2度目のハツコイ』、まず映画自体が非常におもしろかったです。

うれしいです!

――深川さんが演じた市井ふみというキャラクターも、とても魅力的で。初主演とは思えない落ち着きというか。

いやいやいや(笑)。でも、ありがとうございます。

――今回、映画初出演で初主演ですが、お話があった時はどんな心境でしたか?

映画はずっと前から挑戦してみたいお仕事だったので、夢がかなったことがうれしかったです。一方で、本当に大きな役をいただきましたし、映画の撮り方や撮影の進み方もよく知らない状態だったので、うれしさ半分、怖さ半分の気持ちでした。

――乃木坂46の時代も、映画を年間に何十本も観ていたそうですが、それも演技の勉強だったんですか?

その頃は勉強というよりは、純粋にお話を楽しんで観ていました(笑)。実際に作る側に参加することは初めてなので、今回は現場の雰囲気がどんな感じなのかを知るのもとても楽しみで。主演なので、「現場を盛り上げて、自分が引っ張って」ということも必要なのかと思いましたが、初めての出演なので、「みなさんに教えていただこう」という素直な気持ちで望むようにしました。

――「主演作」とひと口に言っても、出演時間の長さは作品によって違いますが、今回の映画では深川さんは映画の大半のシーンに出演していますよね。やはりプレッシャーは大きかったですか?

撮影に入る前は不安も大きかったです。ただ、撮影の合間には、監督の今泉(力哉)さんと山下(健二郎)さんと3人でお話をして、セリフが変わることもあったりして。映画をみんなで作っていく雰囲気がありましたし、すごくアットホームな空気感の中で演技をできました。今泉監督もとても和やかな方ですが、内側に映画への情熱を秘めているのも伝わってきましたね。

――この映画のストーリーやキャラクターはどんなふうに感じましたか?

撮影に入る前の時期に、今泉監督と1時間ぐらいお会いする時間があって、私の今までの人生のこともいろいろお話ししたんです。私の演じたふみが、静岡県出身だったり、美術をやっていたりするのは、現実の反映してくださったのかなと思いますし、彼女の年齢や周辺の環境も、自分に近いと感じる部分が多かったです。私の地元の友達には、もう結婚していたり、子どもがいたりするコも多いので、そういうところはふみの環境にすごく近かったです。

――ご自身の演じた市井ふみは、「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」という考えから、彼氏のプロポーズを断ってしまった女性です。彼女の生き方や考え方についてはどう感じましたか?

自信がなかったり、何事もに真面目考えすぎたりするところは、自分とすごく似ているかもって思いました(笑)。ただ恋愛面では、私はふみほど真面目に立ち止まって考えないというか。プロポーズされるくらいまで付き合って、プロポーズされて引き返すって、なかなか普通はできないと思いました。また映画の中では、「孤独」というキーワードが出てきます。孤独って寂しいイメージがありますけど、彼女は自分の時間をすごく大事にしているコなのかなと感じました。

――「私はたぶん1人になりたい人なんだと思う」「寂しくありたいんだと思う」みたいなセリフもありましたね。その感覚はどう思いましたか?

うーん。たぶん、そんなに人に期待をしていないというか、信じきれないところがあると思うんですよ。「好きでいてもらえる自信もない」というのは、「いつか裏切られるかもしれない」という気持ちがあるからだと思うので。でも、この映画の中で彼女は、たもつ(山下健二郎)という初恋相手に再会して、気持ちがちょっとずつ変化していくんです。

――ふみのキャラクターは、演じながら段々と掴めてきた感じですか?

そうですね。今泉さんは「ここはこういう気持ちで」と1回1回説明する方ではなくて。カメラテストや1回目に(カメラを)回す時は、役者の考えてきた演技を見てくださる方なんです。それで違うと思った時は、指摘をしてくださって。そうして助言をいただく中で、「この場面は自分はこう思っていたけど、こんな気持ちだったんだ」と気づく場面が何ヵ所かありました。

――今泉監督からの助言で特に印象に残っていることは何ですか?

同級生のさとみと再会して、ご飯を食べに行った時、最後に泣くシーンがあるんです。1回目の演技のあと、監督からは「自然と涙が出てしまって、涙が出たあとに自分で『あ、泣いてる』って気付くような泣き方にしてほしい」と言われました。自分の日常では、そんなふうに涙を流したことがなかったので、ふみの気持ちを考えたり、泣くように気持ちを作っていったりすることが難しかったシーンでした。

――でも映画を見ていると、今泉監督のアドバイスがとても忠実に反映されていて、印象に残る不思議なシーンでした。

ありがとうございます。

――この映画には、ほかにも一瞬では何だか理解できないシーンが多いですよね。バスが洗車されているのをただ眺めているだけのシーンなどもありましたが、事前にその意味は説明があったんですか?

ひとつひとつ説明があったわけではないですが、私もハッとさせられるシーンがたくさんありました。たっぷり時間を使って撮影していましたし、台本のセリフが終わった後もカメラが回り続けていることが結構あって。ふみの行動の意味を自分がきちんと理解していないと、その時間は何をしたらいいのか分からなくなっちゃうので、そこはしっかり準備をしました。姉妹でやりとりをするシーンは、「ほんとの姉妹みたいに見えたよ」と言ってもらえてうれしかったんですが、そこもカメラが回り続ける中で生まれたシーンだったんです。

――妹と寝る前にじゃれ合うシーンなどは本当に楽しそうで、印象に残るシーンとして挙げる人がいるのは分かります。

あ、そうですか! あの場面で、妹にやられて私がやりかえすのは、台本にはなかったんですよ。でも、やり返したくなったのでやりました(笑)。そのシーンも、試写会の時にはじめて見て、「あ、ここがこう使われたんだ」と驚きました。

――あの場面は2人の自然な感じが出ているなと思いました。

よかったです!

――でも、確かにこの映画は長回しをしているシーンが多くて、演技をする側は大変だったんじゃないかと思います。いかがでしたか?

家の中で、ひとりひとりが代わる代わるトイレに行って戻ってくるシーンは、本当にずっと回していたので大変でしたね。あと、今泉監督の映画はすごくナチュラルな世界観なので、表情のひとつひとつが逆に印象に残るというか、考えていることが浮き彫りになるなと感じて。そこはきちんと考えて演技をしないといけないと感じました。

――特に映画の前半は、ふみとたもつが恋心を抱いているのかどうかも分からない雰囲気で、表情や目の動きにちょっとした気持ちが表れている…という場面も多かったと思います。

距離的に近くにいても、お互い別々のことを考えていたり、違う人のことを考えていたりするんですよね。全体を通してそういう場面が多い映画だったので、お互いの思いとか、心の中の距離感をすごく大事にしながら演技をしました。この映画は恋愛映画なんですけど、よくある恋愛モノみたいに、分かりやすい壁ドンとかはないんですよ(笑)。映画の予告でも「モヤキュン」という言葉が使われていますが、その絶妙な距離感とか、「ふたりはこの先どうなっていくんだろう」というドキドキ感を楽しんでもらえたらうれしいです。

――この映画は、結婚に踏ん切りがつかず元彼とサヨナラしたふみと、別れた奥さんのことを今でも想い続けているたもつが主役で、異なる恋愛観がぶつかりあうところがひとつのおもしろさだと思います。ふたりの恋愛に対する考え方はどう思いましたか?

ふみは恋愛に慎重なところがありますけど、その感覚は誰にでもあると思いますし、恋愛が苦手な人や、大事な一歩を踏み出せない人には観てもらいたいです。たもつは、うーん…別れた奥さんをずっと好きで追い掛け続けるっていうのは、結構なメンタル力ですよね。男性がたもつにどう共感するのかも私には分からないので、その感想も聞いてみたいです。

――たもつの気持ちは女性としては理解できないですか(笑)

たもつは鈍感で、無意識にひどいことをしちゃう場面があるんですよね。でもそれが、憎めないというか。

――たもつの役柄も、やはり演じた山下さんの現実のキャラクターが活かされた感じなんでしょうか。

山下さんのたもつは、どうだったんだろう…。でも、やっぱり山下さんが演じているからこそ、ちょっと不器用だけど憎めないところとか、キュートな雰囲気が出たんだと思います。ほんと、一歩間違えると女性から…

――「何この人?」みたいに思われそうな男というか。

ってなりがちでしょうね(笑)。だから、たもつを演じるのってすごく難しかったと思いますし、山下さんもいろいろ考えながら演じられて、とても苦労されていたみたいです。

――山下さんは役を離れた時はどんな感じの人でしたか?

すごく明るくて、誰に対しても壁をつくらず、裏表もない方なんだろうなと感じました。最初に撮ったのが居酒屋のシーンで、その時が初対面だったんですけど、「オレ、全然人見知りしないから」みたいな感じで話してくれて(笑)

――山下さんらしいですね(笑)

緊張もほぐしてくれて、現場も明るくしてくれました。そのシーンは、久々に再開したふたりがはじめてご飯にいくシーンだったので、その空気感もちょうどよかったと思います。

――実際のシーンでも、山下さんが演じたたもつばかりが自分のことをベラベラと喋り続ける感じでしたもんね。

そうでしたね(笑)。

――あと僕は映画の終盤の、ふみが片想いについて語ったセリフに衝撃を受けたんですけど、深川さんは恋愛について感心したセリフや場面はありましたか?

そこのセリフは、台本を読んだ時に私も結構ハッとしましたね。あとこの映画は、ふみとたもつ以外にも、さとみだったり、たもつの奥さんだったり、全体を通していろんな形の恋愛の形が出てきます。だから、「恋愛ってホントにいろいろなんだな」と映画を通して私も改めて感じました。

――お話の最初にもありましたが、年齢的にご自身の周囲でも結婚する友達が増えてきている中で、結婚について思い悩むふみの役柄について、何か考えることはありましたか。

結婚は幸せなことだと思いますけど、「この人とずっと一緒にいる」と決意をするのは、すごく勇気のいることだなとも思います。今年のお正月も地元の友達に会って、赤ちゃんを見たんですよ。本当に生まれたばかりの(笑)。小学校のころから知っている友達が、赤ちゃんを抱っこしてあやしている姿って、なんかすごく不思議な感覚で。小学校のころからの同級生って、見た目は大人になっても感覚としては昔の友達のままですけど、中にはもう4人も子供がいる友達もいて。

――へえー、同じ年で。

すごいなって思いました。やっぱり年を重ねるごとに、自分もお母さんになっていてもおかしくない年齢になってきたんだなと、すごく感じるようになりました。

――ご自身の立場にも近い役柄ということもあり、いろいろと考えることの多い映画だったわけですね。

そうでしたね。あと、現場の雰囲気も含めて、「初めての映画がこの作品でよかったな」ってすごく思いました。1作目の映画って、人生で1回しかないですから。これから先、自分にとってもすごく大事な作品になっていくと思いますし、また何年後かに観た時に、自分が感じることも違うんだろうなと思って。今泉監督も、スタッフのみなさんの空気も本当にあたたかくて、そこに助けてもらった部分も大きかったですし、撮影期間は約2週間と短かったんですけど、とても長く感じて。スタッフさんともどんどん話をして、距離感もどんどん縮まっていったので、強いチーム感の中で、みんなで映画をつくっているのを実感できた時間でした。

――じゃあ映画の現場のおもしろさを肌で感じられた作品だったわけですね。

そうですね。私は乃木坂の時も、ミュージックビデオの撮影がすごく好きだったんです。現場で撮影したものが、どういう映像になるのか毎回楽しみでしたし、作る過程自体がおもしろかったので、今回はそれをじっくりと体験できたっていう感覚でした。

――映像作品を作る過程自体が好きなんですか?

好きですね。やっぱりひとりじゃできないことを、いろんな人が集まってつくり上げていくのが楽しくて。なんか変な言い方なんですけど、ちょっと体育祭みたいなイメージがあるじゃないですか(笑)。みんなで一緒に、何かひとつのことをするのが昔から好きなんです。

――では映画1作目の出演を終えて、女優として今後やってみたい作品や、演じてみたい役柄というのは出てきましたか?

今までやらせていただいている役が、学生だったり、主婦だったり、今回のふみのようにパン屋さんで働いている女の子だったりと、自分の気持ちをわりと内側に隠している人が多かったので、真逆の役を演じてみたいですね。人間のどろどろした部分を表現する役や、表裏がすごく激しい女性など(笑)。あと、時代劇はずっと「やりたい!」と思っています!

――そうなんですか。時代劇は昔から好きなんですか?

はい。昔から和の文化や建物が好きで。父方の実家がお寺で、そういう文化に触れる機会が多かったからかもしれないです。あと時代劇は、今の時代とはまた違う一生懸命さとか、ひとつのものに命をかけるような生き方がカッコイイなと思って、観ていて好きになりました。その世界に入ってみたいという気持ちはいつもありますね。

――好きなのは『水戸黄門』とかではなく、大河ドラマとかですか?

大河ドラマも、ちょうど『おんな城主 直虎』が地元の浜松のほうの話だったのでよく観ていましたけど、『水戸黄門』も好きで観ていました! 『暴れん坊将軍』の音楽は、目覚まし時計のアラームに設定してた時期もあって。あの音楽を大音量で流すと、すぐ起きられるんですよ(笑)

――そうなんですか(笑)。でもこうやって、自分の好きなことや出演したい作品を口に出すのは大事かもしれないですね。

ほんとそうですね。「口に出すことって大事なんだな」って、遅いかもしれないですけど、最近は特に実感しています。今まではグループに所属していたので、どうしても自分のことを我慢しちゃう部分もあったんですけど、これからはもっと口に出していこうと思っています。

□深川麻衣 プロフィール
1991年3月29日、静岡県生まれ。乃木坂46の1期生として2011年8月に加入。2016年6月にグループを卒業。2017年は、舞台『スキップ』や、ドラマ『世にも奇妙な物語 ’17秋の特別編ポニーテール』(’17年)での主演など女優としての活動で注目を集めた。『パンとバスと2度目のハツコイ』が初の映画出演にして初主演となる。今後は、朗読劇『ふじ子の恋』が4月20日[金]に公開予定。

『パンとバスと2度目のハツコイ』
2月17日[土]より、イオンシネマにて全国ロードショー!

「私をずっと好きでいてもらえる自信もないし、ずっと好きでいられる自信もない」。独自の恋愛観を持ち、パン屋で働く市井ふみ(深川麻衣)が、初恋の相手・湯浅たもつ(山下健二郎)とある日偶然再会。結婚に踏ん切りがつかず元彼と別れたふみと、別れた奥さんを今でも想い続けているたもつが織りなす “モヤキュン”ラブストーリー。

監督・脚本:今泉力哉
出演:深川麻衣、山下健二郎(三代目 J Soul Brothers)、伊藤沙莉、志田彩良、安倍萌生、勇翔、音月桂ほか。
(C)2017 映画「パンとバスと2度目のハツコイ」製作委員会

映画『パンとバスと2度目のハツコイ』公式サイト
http://www.pan-bus.com/

 

Interview&Text:SEIICHIRO FURUSAWA
Photo:DAISHI SAITO
Styling:TSUGUYO HORI
Hair&Make:RAISHIROU YOKOYAMA[Yolken]

 

« 一覧